Mac 用 Pages の新機能

Mac 用 Pages 11.0 の新機能をご紹介します。

Mac 用 Pages 11.0 の新機能

  • メディアブラウザが刷新され、検索オプションがさらに充実し、「履歴」「ポートレート」「Live Photos」などの新しいコンテンツカテゴリが追加されました。
  • 表のセル、テキストオブジェクト、図形に電話番号のリンクを追加できます。
  • AppleScript を使って、書類のパスワードを変更したり、パスワードで保護された書類を開いたりできます。

Mac 用 Pages のすべての機能の詳しい解説や操作方法については、こちらを参照してください。

Mac 用 Pages 10.3.5 の新機能

  • macOS Big Sur では洗練された新しいデザインに変わります。
  • 安定性とパフォーマンスが向上しました。

 

Mac 用 Pages 10.2 の新機能

  • 新しいレポートテンプレートの中から選んで、簡単にレポートを書き始められます。
  • 編集できる新しいさまざまな図形で、書類が充実します。


Mac 用 Pages 10.1 の新機能

  • YouTube や Vimeo のビデオを書類内で直接再生できます*。詳しくはこちら
  • イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションやタイトルを簡単に追加できます。詳しくはこちら
  • 新しい関数を使って、さらに柔軟性の高い数式を作成できます。 
  • iBooks Author のブックを読み込んで Pages で作業できます。詳しくはこちら

* この機能は、国や地域によっては利用できない場合があります。

Mac 用 Pages 10.0 の新機能

  • バラエティに富んだ新しい魅力的なテンプレートの中から選んで、簡単に書類の作成を始められます。
  • Pages の書類を iCloud Drive の共有フォルダに追加すると、共同制作が自動的に始まります。macOS 10.15.4 が必要です。詳しくはこちら
  • ドロップキャップを追加して、段落の最初の文字を大きく装飾的にして目立たせることができます。詳しくはこちら
  • すべての書類の背景に色、グラデーション、画像を適用できます。詳しくはこちら
  • デザインが刷新されたテンプレートセレクタで、最近使ったテンプレートを簡単に再利用できます。
  • 書類の PDF を、コメントも含めてプリントしたり書き出したりできます。詳しくはこちら
  • オフライン中でも、共有している書類を編集できます。変更内容はオンラインに戻った時点でアップロードされます。詳しくはこちら
  • 編集できる新しいさまざまな図形で、書類が充実します。

Mac 用 Pages 8.2 の新機能

  • 基本のテンプレートから新規作成したすべての書類で使う、デフォルトのフォントとフォントサイズを設定できます。詳しくはこちら
  • 新しいメニューコマンドを使って、書類内の特定のページにジャンプできます。
  • HEVC 形式のムービーを書類に簡単に追加できます。画質を維持したまま、ファイルサイズを縮小できます。詳しくはこちら
  • オーディオ、ビデオ、描画に、アクセシビリティに配慮した説明を添えることができます。詳しくはこちら
  • 書き出した PDF のアクセシビリティが改善されました。

Mac 用 Pages 8.1 の新機能

  • テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶしたり、新しいアウトラインスタイルを適用したりして、テキストのスタイルを設定できます。詳しくはこちら
  • ページやセクションを書類間でコピー&ペーストできます。詳しくはこちら
  • ページレイアウト書類で、テキストからほかのページへのリンクを作成できます。詳しくはこちら
  • イメージ、図形、方程式をテキストボックス内に配置し、テキストと一緒に移動させることができます。詳しくはこちら
  • 顔の検出機能を使って、写真の被写体がプレースホルダやオブジェクト内にインテリジェントに配置されます。
  • マスターページを再適用して、テキストプレースホルダやメディアプレースホルダをデフォルトのスタイルと配置に戻すことができます。詳しくはこちら
  • 小説用の新しいテンプレート (英語のみ) を使ってブックを作成できます。


Mac 用 Pages 8.0 の新機能

  • 新しい目次ビューを使って、書類やブックの中を簡単に移動できます。詳しくはこちら
  • カスタマイズした図形が iCloud 経由でほかのデバイスに自動的に同期されます。詳しくはこちら
  • カスタマイズしたテンプレートが iCloud 経由でほかのデバイスに自動的に同期されます。詳しくはこちら
  • レイアウトをしやすくするために、マスターページに配置ガイドを追加できます。
  • 書類を共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
  • 共同制作中に、目次を挿入したり、グループ化されたオブジェクトを編集したりできます。
  • 中国語、日本語、韓国語では、書類全体や個々のテキストボックスに縦書きテキストを入力できるようになりました。詳しくはこちら


Mac 用 Pages 7.3 の新機能

ブックをダウンロード用または販売用に Apple Books で公開できます。詳しくはこちら


Mac 用 Pages 7.2 の新機能

  • ダークモードを使えば、Pages をドラマチックな暗めの表示にできます。macOS Mojave が必要です。詳しくはこちら
  • オーディオをページ上で直接、簡単に録音、編集、再生できます。詳しくはこちら
  • 連係カメラに対応しました。iPhone や iPad で撮影した写真やスキャンした書類が、Mac 上の書類に自動的に表示されます。macOS Mojave および iOS 12 が必要です。詳しくはこちら
  • 編集可能なさまざまな新しい図形を使って書類を充実させることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上しました。


Mac 用 Pages 7.1 の新機能

  • 図形およびテキストボックスでのテキストの変更をトラッキングできます。
  • ページレイアウト書類の背景に色と画像を追加できます。
  • 縦棒グラフと横棒グラフの棒の角に丸みを持たせて、グラフの見た目を変えることができます。
  • LaTeX 表記または MathML 表記の方程式をページレイアウト書類に追加できます。詳しくはこちら
  • 編集可能なさまざまな新しい図形を使って書類を充実させることができます。
  • ヘブライ語とアラビア語のサポートが強化されました。詳しくはこちら


Mac 用 Pages 7.0 の新機能

  • 新しいブックテンプレートを使って、インタラクティブな EPUB ブックを作成できます。詳しくはこちら
  • 2 ページを左右に表示し、見開きページとしてフォーマットできます。詳しくはこちら
  • Box に保存されている書類をリアルタイムで共同制作できます。macOS High Sierra が必要です。詳しくはこちら
  • イメージギャラリーを追加して、同じページに写真のコレクションを表示できます。
  • マスターページを作成することで、ページレイアウト書類全体のデザインを統一できます。 
  • ドーナツ型のグラフで、データを新しい魅力的な形で視覚化できます。
  • 編集可能なさまざまな新しい図形を使って書類を充実させることができます。
  • 書類のファイルサイズを縮小するオプションが追加されました。
  • 入力時に分数を自動的にフォーマットする新しいオプションが追加されました。


Mac 用 Pages 6.3 の新機能

  • PDF の書き出し機能の改善。プレビュー App やその他の PDF ビューア App のサイドバーに、書類の目次を表示できるようになりました。
  • 複数のページにまたがる表でも、行をドラッグ&ドロップで移動できます。詳しくはこちら
  • パフォーマンスと安定性が向上しました。


Mac 用 Pages 6.2 の新機能

  • プロが描画した図形が 500 以上入ったライブラリを活用して、書類を美しく仕上げられます。詳しくはこちら
  • コメントに返信し、スレッド形式の会話に参加できます。詳しくはこちら
  • リンクしたテキストボックスを追加すれば、テキストボックスからテキストボックスへとテキストを簡単に流し込めます。詳しくはこちら
  • 自動修正とテキスト置換の新しいオプションを使って、入力にかかる時間を短縮できます。詳しくはこちら
  • 書類を固定レイアウトの ePub ブックとして書き出せます。詳しくはこちら
  • 共同制作中でも余白、ヘッダ、フッタ、用紙サイズを変更できます。詳しくはこちら
  • ヘブライ語とアラビア語のサポートが強化されました。
  • Stock 関数と Currency 関数で、前日市場の取引終了時のデータを取得できます。詳しくはこちら


Mac 用 Pages 6.1 の新機能

  • ブックマークを追加して、書類の一部から別の部分に簡単にリンクできます。詳しくはこちら
  • LaTeX 表記または MathML 表記の洗練された方程式を追加できます。詳しくはこちら
  • Touch Bar を搭載した新しい MacBook Pro で、パスワードで保護された書類を Touch ID を使ってすばやく開くことができます。詳しくはこちら
  • 書類全体のフォントを簡単に置き換えられます。
  • リッチテキストフォーマット (RTF) の書類を読み込み/書き出しできます。詳しくはこちら
  • 新しい引き出し線を使って円グラフをわかりやすくできます。
  • 株価や通貨に関する新しい関数を使って、表内の株式データを最新の状態に維持できます。
  • 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズできます。


Mac 用 Pages 6.0.5 の新機能

  • 新しい MacBook Pro の Touch Bar に対応し、テキスト、図形、表、グラフの編集が簡単になりました。
  • 安定性とパフォーマンスが向上しました。


Mac 用 Pages 6.0 の新機能

  • リアルタイムの共同制作 (ベータ版の機能)。
    • Mac、iPad、iPhone、iCloud.com の Pages でほかの人と同時に同じ書類を編集できます。
    • 書類を公開したり、特定の人と共有したりできます。
    • 書類を共同制作している相手を確認できます。
    • 共同制作者が編集中にそのカーソルを見ることができます。
    • 詳しくはこちら
  • Pages '05 の書類を開いたり編集したりできます。詳しくはこちら
  • タブを使って複数の書類を 1 つのウインドウで操作できます。
  • 広色域の画像に対応しました。

     
公開日: