AirPods を接続して使う

音楽を聴く、電話をかける、Siri を使う。AirPods はどんなことにも使えます。


始める前に

以下のいずれかのデバイスを 1 台はご用意ください。

Mac や、Android 電話端末などの他社製デバイスに AirPods を設定する方法については、こちらの記事を参照してください。

iPhone を使って AirPods を設定する

AirPods をはじめて設定する場合は、以下の手順を実行してください。

  1. ホーム画面を表示します。
  2. AirPods を入れたままケースの蓋を開けて、iPhone の横で支えます。
  3. 設定アニメーションが iPhone に表示されます。
  4. 「接続」をタップして、「完了」をタップします。

iCloud にサインインしている場合は、同じ Apple ID で iCloud にサインインしている対応デバイスに AirPods が自動的に設定されます。

AirPods を設定できない場合は、こちらの記事を参照してください。

AirPods で聴く

AirPods は専用ケースから取り出せば、電源が入り、すぐに使える状態になります。耳につければ、デバイスからの音声が自動的に AirPods から流れてきます。AirPod を片方外すと音声が一時停止し、両方とも耳から外すと音声は停止します。

AirPods は iPhone と Apple Watch に同時に接続されます。その 2 つの間で自動的に音声が切り替わります。 

AirPods で別のデバイスからの音声を再生する場合や、別のヘッドフォンやスピーカーに音声出力を切り替える場合は、以下の手順を実行してください。

      

iOS デバイスの場合

  1. コントロールセンターを開きます
  2. コントロールセンターの右上隅にあるオーディオのカードを強めに押すか長押しして、オーディオ関連の操作ができます。
  3. をタップして、リストから目的のデバイスを選択します。1

Mac の場合

メニューバーの をクリックして、「出力装置」の下で AirPods* またはほかのスピーカーを選択します。

ダブルタップでデバイスをコントロールする

AirPod をどちらか片方耳につけて、その外側をすばやく 2 回タップすれば、電話に出たり切ったりできます。片方の AirPod で、以下の操作も行えます。

  • Siri2 を呼び出す
  • オーディオコンテンツを再生/一時停止する
  • 次のトラックにスキップする 
  • 前のトラックに戻る
  • オーディオコンテンツを無効にする

左右どちらかの AirPod をダブルタップしたときに、それぞれどのような操作を行うか選択しておく方法については、こちらの記事を参照してください。

AirPods で Siri を使う方法や電話に出る方法について、以下に詳しく紹介します。

 

Siri を使う

AirPods で Siri を使い、電話をかけてもらうなど、何でも頼めます。Siri で音楽をコントロールし、AirPods の状況を調べることもできます。たとえば、Siri に次のように話しかけてお願いできます。

  • 「お気に入りのプレイリストを再生して」
  • 「音量を上げて」
  • 「自宅への道順は?」
  • 「次の曲にスキップして」
  • 「音楽を一時停止して」
  • 「AirPods の充電残量は?」

Siri にはほかにもいろいろ頼めます。詳しくは、こちらを参照してください。

電話を使う

電話がかかってくると、Siri が教えてくれます。ダブルタップして電話に出てください。その後、ダブルタップして電話を切るか、別の通話に切り替えます。

AirPods と専用ケースを充電する

AirPods を充電するには、専用ケースに入れて蓋を閉じます。AirPods がシステム終了し、ケースに入っていればいつでも充電されます。

ケースを Apple Lightning - USB ケーブルにつなげば、AirPods とケースの両方を充電できます。充電について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  1. AirPods は、近くにあり、使える状態のときにだけ表示されます。
  2. ダブルタップして Siri を使うことができない場合は、「設定」>「Siri」の順に選択し、「ロック中にアクセス」がオンになっているか確認してください。
公開日:Fri Jun 08 08:15:16 GMT 2018