Mac ストレージの空き領域を増やす方法

macOS Sierra 以降には、コンテンツをクラウドに保存することで Mac のストレージ容量を節約する機能が搭載されています。また、新しいツールの登場で、サイズの大きなファイルや不要なファイルを簡単に探して削除できるようになりました。

macOS Sierra 以降の「ストレージを最適化」機能を使えば、コンテンツをクラウドに保存することで Mac のストレージ容量を節約でき、コンテンツが必要になった時にはいつでも使えます。ストレージ容量が必要になると、あまり使わないファイル、写真、映画、メールの添付ファイルなどが自動的にクラウドに保存されます。各ファイルは最後に保存した場所に残っていて、開いたときにダウンロードされるようになります。最近使ったファイルは、最適化したバージョンの写真と併せて Mac に残ります。

Sierra にまだアップグレードしていない場合は、空き容量を増やすほかの方法について、こちらを参照してください。

まず、Apple () メニューから「この Mac について」を選択し、「ストレージ」をクリックします。空き容量と、各種カテゴリのファイル (App、書類、写真など) で使われている容量の概要を把握できます。

「管理」ボタンをクリックすると、ストレージを最適に使うためのおすすめの方法が表示されます。実際に表示されるオプションの数は、すでにいずれかを有効にしていれば、少なくなります。

iCloud に保存

「iCloud に保存」ボタンをクリックして、以下のオプションの中から選択してください。

  • デスクトップと書類:この 2 か所にあるファイルがすべて iCloud Drive に保存されます。ストレージの容量が必要になると、最近開いたファイルだけが、オフラインで作業しやすいように Mac に残ります。クラウドにだけ保存されているファイルにはダウンロードアイコン  が表示されます。このアイコンをダブルクリックして、オリジナルのファイルをダウンロードできます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 写真:オリジナルのフル解像度の写真とビデオがすべて iCloud フォトライブラリに保存されます。ストレージの容量が必要になると、省スペースの (最適化された) バージョンの写真だけが Mac に残されます。オリジナルの写真またはビデオをダウンロードするには、単にそのファイルを開いてください。

iCloud にファイルを保存すると、iCloud ストレージプランのストレージ容量が消費されます。iCloud ストレージが足りなくなったら、Apple デバイスから直接有料のプランにアップグレードできます。月々 130 円で 50 GB からプランをご用意しています。ご利用の地域の料金については、こちらの記事を参照してください。

ストレージを最適化

「最適化」ボタンをクリックして、以下のオプションの中から選択してください。 

  • 視聴済みの iTunes ムービーとテレビ番組を自動的に削除:ストレージ容量が必要になると、すでに観終わった iTunes のムービーとテレビ番組が Mac から削除されます。ムービーまたはテレビ番組の横にあるダウンロードアイコン  をクリックすれば、もう一度ダウンロードできます。
  • 最新の添付ファイルのみをダウンロード:メール App が自動的にダウンロードする添付ファイルが、最近受信したものだけになります。どの添付ファイルでも、いつでも手動でダウンロードできます。該当するメールや添付ファイルを開くか、添付ファイルを Mac に保存してください。
  • 添付ファイルを自動的にダウンロードしない:メール App は、メールや添付ファイルが開かれたとき、または添付ファイルが Mac に保存されたときにしか、添付ファイルをダウンロードしなくなります。

ムービー、テレビ番組、メールの添付ファイルについてストレージを最適化する場合は、iCloud のストレージ容量は使いません。

ゴミ箱を自動的に空にする

「ゴミ箱を自動的に空にする」を入にすると、ゴミ箱に 30 日以上入っているファイルが完全に削除されます。

不要なファイルを削除

「不要なファイルを削除」は、サイズの大きなファイルや、不要だと思われるファイルを見つけやすく整理してくれます。「ファイルを確認」ボタンをクリックして、サイドバーでファイルのカテゴリ (「アプリケーション」「書類」「GarageBand」「iOS ファイル」「iTunes」「ゴミ箱」など) を選択します。

  • カテゴリによっては、ファイルを直接削除できる場合もあります。ポインタをファイル名の上に置いて x ボタン をクリックすると、そのファイルがその場で完全に削除されます。Mac App Store、iBooks Store、iTunes Store から購入したファイルなら、再びダウンロードできる場合があります。
  • ほかのカテゴリでは、各 App のファイルで消費されているストレージの総量が表示されます。該当する App を開いて、その中のファイルを削除するかどうかを判断できます。

各機能に該当する設定項目の場所

iCloud に保存

  • Apple  () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックして、「iCloud Drive」の横にある「オプション」ボタンをクリックします。「iCloud に保存」では、「"デスクトップ" フォルダと "書類" フォルダ」と「Mac ストレージを最適化」の設定が有効になります。iCloud Drive 全体を無効にする場合は、「iCloud Drive」の選択を解除してください。
  • 写真 App で、「写真」>「環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。「iCloud に保存」を有効にすると、「iCloud フォトライブラリ」と「Mac ストレージを最適化」が選択されます。

ストレージを最適化

  • iTunes で、「iTunes」>「環境設定」の順に選択し、「詳細」をクリックします。「ストレージを最適化」を有効にすると、「視聴済みのムービーとテレビ番組を自動的に削除」が選択されます。
  • メール App で、「メール」>「環境設定」の順に選択し、「アカウント」をクリックします。「ストレージを最適化」を有効にすると、メールアカウントの「アカウント情報」セクションで、「添付ファイルをダウンロード」ポップアップメニューが「最近使った項目」または「なし」に設定されます。

ゴミ箱を自動的に空にする:Finder で、「Finder」>「環境設定」の順に選択し、「詳細」をクリックします。「ゴミ箱を自動的に空にする」を有効にすると、「30 日後にゴミ箱から項目を削除」が選択されます。

省スペースを自動で助ける macOS のその他の機能

macOS Sierra 以降では、ストレージ容量を節約するため、以下の処理が自動で行われます。

  • Safari で重複ダウンロードを検知し、最新バージョンのダウンロードファイルだけを維持する
  • 使用済みの App インストーラを削除するように知らせる
  • 使われていない古いフォント、言語、辞書を削除する
  • ストレージ容量が足りなくなってきたら、キャッシュ、ログ、その他の不要なデータを消去する

ストレージの空き領域を手動で増やす方法

Sierra 以降の「ストレージを最適化」機能を使わなくても、ストレージの空き領域を増やす方法はほかにもあります。

  • 不要になったファイルを削除する。ファイルをゴミ箱に移動し、ゴミ箱を空にしてください。「ダウンロード」フォルダは、要らなくなったファイルが見つかる確率が高めです。
  • ファイルを外付けのドライブに移動する。
  • ファイルを圧縮する。
  • 不要なメールを削除する。メール App で、「メールボックス」>「迷惑メールを消去」の順に選択してください。「ゴミ箱」メールボックスの中のメールが必要なければ、「メールボックス」>「削除済み項目を消去」の順に選択します。

関連情報

  • APFS フォーマットのボリュームでファイルを複製した場合、そのファイルがボリューム上の容量を追加で消費することはありません。複製したファイルを削除した場合、その複製ファイルに追加したデータが占めている分の容量だけが解放されます。ファイルを取っておく必要がなくなったら、複製ファイルとオリジナルのファイルを両方とも削除して、そのファイルが消費していた容量をすべて解放できます。
  • プロ向けの App を使っていて、「Mac ストレージを最適化」をオンにしている場合は、プロジェクトのファイルが常に Mac 上にあり、アクセスできる状態になるようにしてください。
公開日: