Mac ストレージの空き領域を増やす

Mac の起動ディスクがほぼ満杯になってしまった場合や、容量不足でダウンロード、インストール、コピーできなくなってしまった場合の対処法をご案内します。

ストレージの空き容量を調べる

Mac では、各種ファイルによるストレージの消費量をカテゴリ別に確認できます。新しいファイルで使える空き容量も表示されます。この記事の手順にそってストレージ容量を解放すると、ストレージ情報も自動的に更新されます。 

Mac の使用済み/利用可能ストレージ領域を表示する

ストレージ容量を最大限に活用する

Mac のストレージは、iCloud を使って必要に応じてストレージ容量を自動的に増やし、最大限に活用できます*。この方法だと、Mac のストレージが自動的に解放されます。

Mac のストレージ領域を最適化する

ファイルを移動または削除する

Mac に外付けドライブを接続するなど、ストレージデバイスを別途用意できる場合は、ファイルをそのドライブに移動できます。写真やビデオなどのメディアファイルはストレージ容量を大量に消費する場合がありますが、以下の手順で移動できます。

不要になったファイルを削除するという手もあります。たとえば、次の点を検討してみましょう。

  • 音楽映画Podcast、その他のメディアは、必要に応じてストリーミングや再ダウンロードが可能なものは特に、削除しておきましょう。
  • 「ダウンロード」フォルダのファイルを削除してください。このフォルダは Dock から開くか、Finder のメニューバーから「移動」>「ダウンロード」の順に選択して開けます。
  • メール管理にメール App をご利用の場合は、メール App のメニューバーから「メールボックス」>「迷惑メールを消去」を選択してください。また、「メールボックス」>「削除済み項目を消去」も選択しておきましょう。
  • Mac を使って iPhone や iPad をバックアップしている場合は、古いバックアップを削除できます。
  • 使わなくなった App はアンインストールしてください。
  • Mac に複数のユーザを設定している場合は、Mac を使わなくなったユーザを削除します。または、該当ユーザに各自のユーザアカウントにログインした上で、この記事の手順を実行してもらうように頼みます。Macintosh HD の「ユーザ」フォルダに、削除したユーザのデータが削除されないまま残っていないかも確認しておきましょう。
  • Macintosh HD の「ユーザ」フォルダの中に、共有する必要がなくなった共有ファイルが残っていないか確認してください。

削除したくないファイルは、圧縮しておくと容量の節約になります。使う必要ができた場合にあらためて圧縮解除してください。

ファイルをゴミ箱に移動しても、ゴミ箱を空にするまでは、そのファイルが使っているストレージ容量は解放されません。

* iCloud にファイルを保存すると、iCloud ストレージプランの容量が消費されます。iCloud ストレージの上限に達してしまった場合は、iCloud ストレージのプランをアップグレード (有料) するか、iCloud ストレージの空き容量を増やしてください。iCloud ストレージは、月々 130 円で 50 GB からプランをご用意しています。Apple デバイスから直接有料のプランにアップグレードできます。各地域の料金体系については、こちらの記事を参照してください。

公開日: