Apple Watch でコントロールセンターを使う

上に 1 回スワイプすれば、バッテリー残量や設定内容を確認できます。そこから、スピーカーに接続したり、消音にしたり、さまざまな操作をこなせます。 

     

コントロールセンターを開く

文字盤の下部から上にスワイプします。

コントロールセンターを閉じる

文字盤の上部から下にスワイプします。 

接続状況を確認する

コントロールセンターの上部を見れば、Apple Watch と iPhone が接続されているかどうかがわかります。接続されているときは 緑の iPhone のアイコン が表示されます。接続されていないときは、赤い iPhone のアイコン または 赤い X のアイコン が表示されます。Apple Watch が Wi-Fi に接続されているときは、Wi-Fi のアイコン が表示されます。Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) がモバイルデータ通信に接続されているときは、緑色の丸印 が表示されます。1

Apple Watch と iPhone を接続できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

設定内容とバッテリー残量を確認する

どの設定がオンかオフかを一目で確認し、タップして設定内容を変更できます。 
 

バッテリー残量が 100% であることを示すボタン

バッテリー残量を確認したり、省電力モードをオンにします。
 

モバイルデータ通信のアイコン

モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えます。1

オレンジの機内モードボタン

機内モードのオン/オフを切り替えます。 
 

消音モードボタン

消音モードのオン/オフを切り替えます。 
 

月 (おやすみモード) のボタン

おやすみモードのオン/オフを切り替えます。 
 

鍵のボタン

Apple Watch をロックします。4

防水ロックボタン

防水ロックを使って、タップが誤認されないようにします。2

iPhone ボタン

iPhone が見つからないときに iPhone で音を鳴らせます。または、長押しすると、iPhone のフラッシュライトが光ります。 
 

フラッシュライトのアイコン

フラッシュライトを点灯します。フラッシュライトを消灯するには、下にスワイプします。

シアターモードのマスクのアイコン

シアターモードのオン/オフを切り替えます。シアターモードでは消音モードがオンになり、ボタンをタップするか押すまでは画面が暗いままになります。3

  1. Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) でのみ利用できます。
  2. Apple Watch Series 2 以降でのみ利用できます。Apple Watch Series 1 および Apple Watch (第 1 世代) はスイミングには適していません。Apple Watch の耐水性能については、こちらの記事を参照してください。
  3. Apple Watch Series 2 以降では、Digital Crown を回して Apple Watch のスリープを解除することもできます。
  4. パスコードを設定していて、「手首検出」をオフにしている場合、コントロールセンターでこの設定を使って Apple Watch のロックを解除できます。パスコードを設定していない場合 (またはパスコードを設定していて「手首検出」をオンにしている場合) は、この設定は表示されません。
公開日: