OS X El Capitan にアップグレードする方法

macOS Mojave、High Sierra、または Sierra にアップグレードできない Mac をお使いの方や、いったん El Capitan にアップグレードする必要がある方のために、OS X El Capitan は今まで通りご利用いただけます。


互換性を確認する

OS X Snow Leopard 以降を搭載した以下のいずれかのモデルの Mac から、macOS Sierra にアップグレードできます。また、最低 2 GB のメモリと、ストレージに 8.8 GB の空き容量が必要です。

MacBook (2008 年後期以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2008 年後期以降に発売されたモデル)
MacBook Pro (2007 年中期以降に発売されたモデル)
Mac mini (2009 年前期以降に発売されたモデル)
iMac (2007 年中期以降に発売されたモデル)
Mac Pro (2008 年前期以降に発売されたモデル)
Xserve (2009 年前期以降に発売されたモデル)

お使いの Mac のモデル、メモリ、ストレージ容量、macOS のバージョンを調べるには、Apple () メニューから「この Mac について」を選択してください。Mac が OS X El Capitan に対応していない場合は、インストーラが教えてくれます。

  

バックアップを作成する

アップグレードをインストールする前に、Mac のバックアップを作成しておきましょう。Time Machine なら簡単にできますが、ほかにもバックアップ方法はあります。Mac のバックアップ方法については、こちらの記事を参照してください。

  

接続する

OS X のダウンロードとインストールには時間がかかるため、インターネットに安定接続できる環境で行ってください。Mac ノートブックコンピュータをお使いの場合は、AC 電源につないでおきましょう。 

  

OS X El Capitan をダウンロードする

macOS の最新バージョンである macOS Mojave なら、セキュリティの面でも一番安心で、最新の機能も使えます。macOS Mojave にアップグレードできないかご確認ください。

その点を踏まえた上でも OS X El Capitan が必要な場合は、こちらのリンクを使って、App Store から El Capitan を入手してください。ダウンロードするには、Mac で macOS High Sierra 以前が使われていることが前提となります。

  

インストールを始める

ダウンロードが終わると、インストーラが自動的に開きます。

「続ける」をクリックして、画面上の案内に従って進めます。必要なら、夜にインストールを始めておいて、夜中のうちに最後まで終わるようにしておけば、気が楽です。

インストーラ画面

  

  

インストールが終わるまで待つ

Mac をスリープ状態にしたり、蓋を閉じたりせずに、そのままインストールが終わるまで待ってください。Mac が再起動したり、進行状況バーが表示されたり、画面にたびたび何も表示されなくなったりする場合がありますが、これは、OS X と、関連する Mac ファームウェアのアップデートをインストールしているためです。

  

関連情報

  • Leopard をお使いの場合は、App Store を入手するため、Snow Leopard にアップグレードしてください。その後、Apple メニューから「ソフトウェア・アップデート」を選択し、ソフトウェアアップデートがないか確認してください。Snow Leopard のアップデートをすべてインストールしたら、App Store App を使って OS X El Capitan をダウンロードできるようになるはずです。その後、El Capitan を使って、もっと新しい macOS にアップグレードできます。
  • OS X El Capitan は、それより新しいバージョンの macOS に上書きインストールすることはできませんが、先にディスクを消去してからインストールしたり、別のディスクにインストールしたりすることはできます。
  • macOS 復元を使えば、macOS を再インストールできます。
公開日: