Alchemy サウンドライブラリを作成する

サウンドライブラリは、Alchemy のサウンドを自分仕様にまとめて整理しておく格好の手段です。サウンドライブラリを作成したり、既存のサウンドライブラリを別の Mac にコピーしたりできます。

サウンドライブラリを作成する

以下の手順で、独自のサウンドライブラリを作成し、Alchemy で使うことができます。

  1. 以下のフォルダの中に新しいフォルダを作成し、サウンドライブラリにちなんだ名前を付けます。
     ~/ミュージック/Audio Music Apps/Plug-In Settings/Alchemy/ 
    (~ は、ホームフォルダを表します)
  2. サブフォルダを作成し、作成したいプリセットのカテゴリにちなんだ名前をそれぞれに付けます。Alchemy では、カテゴリとして、Arpeggiated、Bass、Brass、Drums、Guitars、Keys、Leads、Mallets、Organs、Pads、Rhythmic、Sound Effects、Soundscapes、Strings、Synths、Vocals、および Woodwinds を使用できます。
  3. 独自のサンプルを使う場合は、以下の場所にフォルダを作成します。
    ~/ミュージック/Audio Music Apps/Alchemy Samples/
    新しいフォルダにサウンドライブラリにちなんだ名前を付けて、その中にサンプルを保存します。
  4. プリセットは、各サブフォルダに保存します。たとえば、以下の場所に保存してください。
    ~ミュージック/Audio Music Apps/Plug-In Settings/Alchemy/My Sound Library/Bass/Super Bass.acp

サウンドライブラリを作成したら、ブラウザのサウンドライブラリの欄にそのライブラリが表示されるようになります。サウンドライブラリを別のコンピュータにコピーしたり、友人や共同開発者と共有したりすることも可能です。

ヒント:プリセットを保存する前に、Logic の環境設定にアーティストの名前を入力すると、その名前のサウンドデザイナによるライブラリを検索できます。 

サウンドライブラリを別の Mac に移動する

以下の手順で、サウンドライブラリを別の Mac に移動してください。

移動元の Mac での手順

  1. 作成したサウンドライブラリのプリセットフォルダを探します。
  2. プリセットフォルダを右クリックまたは「control」キーを押しながらクリックします。表示されるショートカットメニューから「圧縮」を選択して、このフォルダを zip 形式で圧縮します。 
  3. サウンドライブラリの中に作成した、サンプルが入ったサブフォルダを右クリックまたは「control」キーを押しながらクリックします。表示されるショートカットメニューから「圧縮」を選択して、このフォルダを zip 形式で圧縮します。 
  4. zip ファイルを外付けのドライブにコピーするか、AirDrop またはファイル共有を使ってそれらのファイルを別の Mac に移動します。

移動先の Mac での手順

  1. もう片方の Mac で、フォルダを解凍します。
  2. 解凍されたプリセットファイルを以下のフォルダにコピーします。
    ~/ミュージック/Audio Music Apps/Plug-In Settings/Alchemy/
  3. サウンドライブラリのサンプルのサブフォルダを以下のフォルダにコピーします。
    ~/ミュージック/Audio Music Apps/Alchemy Samples/
  4. Logic を開いてから Alchemy を開きます。
  5. 「File」>「Refresh Library」の順に選択して、この Mac に移動したサウンドライブラリを表示します。
公開日: