Logic Pro X で Drum Machine Designer に独自のサウンドを追加する

Logic Pro X 10.2 では、Drum Machine Designer のセルに独自のオーディオサンプルを追加できます。

Logic Pro X 10.2 以降では、カスタムのオーディオサンプルを Drum Machine Designer にドラッグできます。EXS サンプラーまたは Ultrabeat でサポートされているオーディオフォーマットならどれでも使えます。Drum Machine Designer のセルにオーディオファイルを 1 つ追加できます。オーディオファイルの最長再生可能時間は約 10 秒です。

Drum Machine Designer セルにサウンドを追加するには、以下の手順を実行してください。

  1. Logic Pro X で、Drum Machine Designer を開きます。
  2. 以下のいずれかを使って、サンプルとして使いたいオーディオファイルを探します。
    • Finder
    • プロジェクトブラウザ
    • メディアブラウザ
    • 「すべてのファイル」ブラウザ
    • ループブラウザ
  3. オーディオファイルを、Drum Machine Designer の使用済みセルまたは未使用セルにドラッグします。

使用済みセルにオーディオファイルをドラッグすると、既存のキットピースパッチが、その Aux チャンネルストリップおよびプラグインの設定も含めて置き換えられます。デフォルトのパッチは、ワンショットサンプルの再生用に最適化されています。キットピースの Smart Control もアップデートされ、新しい設定が表示されます。

公開日: