別の Mac でカスタムの Drum Machine Designer キットを使う

Logic Pro で独自のサンプルを使って Drum Machine Designer キットを作成した場合、そのキットを保存しておいて、別の Mac で使えます。

Drum Machine Designer キットは、その中に複数のサンプルが入って構成されていて、キットのパッド割り当てとその他の設定を記録した PATCH ファイルも付いています。これらのコンポーネントを保存し、別の Mac にコピーして、Logic Pro 10.5 以降で使うことができます。外付けのドライブ、iCloud Drive、AirDrop、メール、他社のクラウドサービスを使って、これらのコンポーネントをほかの Mac に転送できます。

キットの設定を PATCH ファイルとして保存する

  1. 保存したいカスタムキットが入っている Logic Pro プロジェクトを開きます。
  2. 「Drum Machine Designer」ウインドウを開くには、チャンネルストリップの音源スロットの「DMD」をクリックします。
  3. 「Drum Machine Designer」ウインドウの上部でキット名のパッドを選択します。トラックの名前が表示されているパッドです。これで確実に、キットが丸ごとパッチとして保存されます。
    キットパッドだけを選択した場合は、対応するキットピースだけがパッチとして保存されます。
  4. 必要に応じて、「ライブラリ」ボタンをクリックします。
  5. ライブラリの下部にある「保存」をクリックし、カスタムキットの名前を入力します。カスタムキットがライブラリの「ユーザパッチ」フォルダに表示されるように、ホームフォルダ内の「~/ミュージック/Audio Music Apps/Patches/Instrument」に保存してください。
  6. 保存ダイアログの「保存」をクリックします。
  7. 「~/ミュージック/Audio Music Apps/Patches/Instrument/」に移動し、PATCH ファイルを別の Mac にコピーします。

キットのサンプルを保存する

  1. 新しいソフトウェア音源トラックを使って空のプロジェクトを新規作成します。
  2. そのトラックを選択し、ライブラリの「ユーザパッチ」フォルダからカスタムキットを選択します。
  3. 「ファイル」>「保存」の順に選択します。
  4. 「保存」ダイアログで、プロジェクトの保存形式として「フォルダ」を選択し、「サンプラーオーディオデータ」を選択します。名前を入力し、プロジェクトの保存先を選択してから「保存」をクリックします。
  5. Finder で、プロジェクト用に今しがた作成したフォルダを開きます。「Quick Sampler」というサブフォルダを探します。その中に、キットで使われているサンプルが入っています。 
  6. 「Quick Sampler」フォルダを別の Mac にコピーします。 

別の Mac でフォルダの名前を変えて移動する

  1. 転送先の Mac で、「Quick Sampler」フォルダと PATCH ファイルを探します。
  2. 「Quick Sampler」フォルダの名前を、カスタムキットの PATCH ファイルに付けたのと同じ名前に変更します。たとえば、PATCH ファイルの名前が「MyDrumKit.patch」の場合は、「Quick Sampler」フォルダの名前を「MyDrumKit」に変更します。
  3. Finder で、PATCH ファイルと名称変更したフォルダを、ホームフォルダ内の「~/ミュージック/Audio Music Apps/Patches/Instrument/」に移動します。

これで、どの Logic Pro プロジェクトでも、カスタムの DMD キットをライブラリから読み込めるようになります。

公開日: