パスワードをリセットできない場合に Apple ID のアカウントを復旧する

2 ファクタ認証をお使いの場合は、サインインできなくなったり、パスワードをリセットできなくなったりしても、アカウントの復旧を待てば、アカウントに再びアクセスできるようになります。

仕組み

アカウントの復旧は、提示できる情報が不足していてパスワードをリセットできない場合に、Apple ID アカウントにご本人が再びアクセスできるようにすることを狙いとしたプロセスです。セキュリティ対策のため、アカウントを再び使えるようになるまで、数日 (あるいはそれ以上) かかることがあります。 

パスワードをリセットする場合、Apple 製のデバイスで行うのが簡単で、しかも最短です。アカウントの復旧には時間がかかるため、復旧手続きを始める前に、信頼済みのデバイスで忘れてしまったパスワードをリセットできないか試してみてください。または、お友達やご家族の iPhone、iPad、iPod touch を借りて、「iPhone を探す」App を使ってパスワードをリセットしてみましょう。Apple Store にご来店くだされば、店舗のデバイスをお貸しすることもできます。

これらの方法でリセットできなければ、appleid.apple.com にアクセスし、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」を選択してください。できるだけ多くの情報を提示して、アカウントの復旧手続きを始め、復旧までしばらくお待ちください。ご不便をおかけいたしますが、アカウントと情報を安全に守る上で必要な時間となっておりますので、ご了承ください。

その後の流れ

アカウントの復旧を申請したら、アカウントに再びアクセスできるようになる見込みの日時が記された申請確認のメールが届きます。

復旧期間が終わったら、Apple からテキストメッセージまたは自動電話音声で、アカウントへのアクセス復旧の手順をお知らせします。手順に従って、Apple ID へのアクセスをただちに復旧してください。

状況を確認する/申請を取り消す

  • アカウントの復旧準備が整うまでの所要時間や、詳しい情報が判明するタイミングは、いつでも確認できます。iforgot.apple.com にアクセスして、Apple ID を入力してください。
  • 場合によっては、クレジットカードの詳細情報を提示して、復旧にかかる時間を短縮できることがあります。クレジットカードの詳細情報を確認する選択肢が提示される場合は、カードの発行会社に認証が申請されます。
    正しい情報を入力したのに、セキュリティ情報の際入力を求められる場合は、カードの発行会社にお問い合わせください。発行会社で認証申請が却下されている可能性があります。
  • 情報を思い出して、安全にサインインできた場合は、復旧手続きは自動的にキャンセルされ、Apple ID をすぐに使えるようになります。

問題がある場合

  • さらにサポートが必要な場合は、Apple サポートにお問い合わせください。Apple サポートでは、アカウントの復旧プロセスについての疑問にお答えしますが、お客様のご本人確認をしたり、手続きを早めたりすることはできません。
  • Apple ID のパスワードを忘れてしまい、2 ファクタ認証を使っていない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: