2 ファクタ認証のアカウントの復旧機能で Apple ID へのアクセスを回復する

2 ファクタ認証をお使いの場合は、サインインできなくなったり、パスワードをリセットできなくなったりしても、アカウントの復旧機能を使って、アカウントに再びアクセスできるようにすることができます。

アカウントの復旧機能とは?

アカウントの復旧機能は、不正アクセスを防止しつつ、できるだけ早くご本人が Apple ID アカウント*に再びアクセスできるようにすることを狙いとした自動プロセスです。セキュリティ確保のため、どのような本人確認情報をご提供いただけるかにもよりますが、復旧には数日 (あるいはそれ以上) かかることがあります。

* Apple ID へのサインイン方法についてはこちらの記事、Apple ID のパスワードのリセット方法についてはこちらの記事を参照してください。

アカウント復旧の必要があるかどうかを判断する

アカウントの復旧機能は、サインインできなくなった場合や Apple ID パスワードをリセットできなくなった場合の最終手段としてご利用ください。アカウントの復旧を始める前に、本当に必要かどうかをお確かめください。

  • パスワードを忘れてしまった場合は、信頼済みのデバイスからパスワードのリセットを試してください。この方法だと、最短でパスワードをリセットできます。パスワードを忘れた場合、パスコードを有効にしてある信頼済みのデバイスにアクセスできない場合を除いては、アカウントの復旧機能は使わないでください。
  • しばらくすれば、信頼済みのデバイス (サインインに必要な確認コードが表示されるデバイス) にアクセスできる場合は、アカウントの復旧機能は使わないでください。信頼済みのデバイスにアクセスできるようになるまで待った方が、通常は時間がかかりません。
  • どのデバイスにもアクセスできない場合は、お友達やご家族の iPhone、iPad、iPod touch から Apple ID やパスワードのリセットを試すこともできます。「iPhone を探す」App を開いてください。「サインイン」画面が表示されたら、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をタップし、画面の案内に従ってください。「サインイン」画面が表示されない場合は、「サインアウト」をタップして、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」を選択します。

上記を確認した上でも必要だと思われる場合は、アカウントの復旧を申請してください。iOS デバイスの「設定」画面または Mac のシステム環境設定で、以下の手順でお手続きください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[デバイス] にサインイン」の順に選択します。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「Apple ID をお持ちでないか忘れた場合」をタップし、「Apple ID を忘れた場合」をタップします。
  3. Apple ID を入力して、「次へ」をタップします。
  4. 信頼済みの電話番号を入力して、「次へ」をタップします。
  5. 画面の案内にそって最後まで進めます。信頼済みの電話番号や別のデバイスにアクセスできるかどうかによって、具体的な手順は違ってきます。
     

Mac の場合

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に移動し、「iCloud」をクリックします。
  2. 「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。
  3. Apple ID を入力して「続ける」をクリックします。
  4. 信頼済みの電話番号を入力して、「続ける」をクリックします。
  5. 画面の案内にそって最後まで進めます。信頼済みの電話番号や別のデバイスにアクセスできるかどうかによって、具体的な手順は違ってきます。
     

上記の方法でアカウントの復旧プロセスを始められない場合は、信頼済みのデバイスや別の iPhone、iPad、iPod、Mac にアクセスできない状況に限り、iforgot.apple.com をご利用ください。Apple ID を入力し、表示されるコードを入力してから、「続ける」をクリックします。信頼済みの電話番号を入力して、「続ける」をクリックします。「信頼できるデバイスまたは電話番号にアクセスできませんか?」を選択します。「アカウントの復旧を開始」を選択してください。

その後の流れ

アカウントの復旧を申請したら、アカウントに再びアクセスできるようになる見込みの日時、アカウントの復旧をキャンセルするためのリンクが記された申請確認のメールが届きます。その後、復旧プロセスが終わるまでしばらくお待ちください。復旧には、数日からそれ以上かかる場合があります。

プロセスが終わったら、Apple からテキストメッセージまたは自動電話音声で、アカウントへのアクセス復旧の手順をお知らせします。手順に従って、Apple ID のご利用をただちに再開してください。

状況を確認する/あらためて申請する/時間を短縮する

プロセスを取り消す方法やあらためて申請する方法、復旧が保留中になっていないか確認する方法、復旧にかかる時間の短縮方法を以下にご案内します。

  • Apple ID を思い出し、サインインできた場合 (またはサインイン済みの信頼できるデバイスへのアクセスが復旧した場合)、アクセスの復旧は自動的にキャンセルされます。Apple ID を通常通りに使い続けていただけます。
  • iforgot.apple.com からアカウントの復旧を申請した後で、信頼済みのデバイスにアクセスできるようになった場合は、iforgot.apple.com からではなく、そのデバイスの「設定」画面からアカウントの復旧をあらためて申請してください。
  • 復旧申請の進捗を調べるには、iforgot.apple.com にアクセスしてください。アカウントが復旧できるようになるまでの所要時間や、いつになれば詳しい情報がわかるかなどを確認できます。
  • iforgot.apple.com から、クレジットカードの詳細情報をご提示いただけると、復旧にかかる時間を短縮できる場合があります。クレジットカードの詳細情報を確認する場合、カードの発行会社に認証が申請されます。クレジットカードの詳細情報を入力し、正しいセキュリティ情報の再入力を求められた場合は、カードの発行会社にお問い合わせください。発行会社で認証申請が却下される場合があります。

問題がある場合

  • さらにサポートが必要な場合は、Apple サポートにお問い合わせください。Apple サポートでは、アカウントの復旧プロセスについての疑問にお答えしますが、お客様のご本人確認をしたり、手続きを早めたりすることはできません。
  • Apple ID のパスワードを忘れてしまい、2 ファクタ認証を使っていない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: