連係機能を使って Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch をつなぐ

Handoff、ユニバーサルクリップボード、iPhone セルラー通話、SMS/MMS メッセージ、Instant Hotspot、自動ロック解除を使い、デバイス間をシームレスに行き来できます。

 

 

これらの各機能を合わせて、連係機能と呼んでいます。複数のデバイスが一体となって働いてくれるので、できることが広がります。iPhone を手に取らなくても、電話をかけられるし、電話に出ることもできる。手元のデバイスでメールや書類を書き始め、ネットサーフィンを始めても、途中から別のデバイスで引き継げる。パスワードの入力を省いて、Mac のロックを解除できる。iPhone をポケットやバッグに入れたまま、iPhone のインターネット共有を有効にすることだって可能です。


Handoff を使えば、作業に着手したデバイスから、近くにある別のデバイスに切り替えても、中断したところからスムーズに作業を続けられます。

Handoff を設定する

Handoff は、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で使えます。Handoff が機能するのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
    Apple Watch で使われている Apple ID を調べるには、iPhone で Apple Watch App を開いて、「一般」>「Apple ID」の順に選択してください。
  • 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  • Mac、iPhone、iPad、iPod touch でそれぞれ Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスで Handoff がオンになっている。
    • Mac では、Apple メニュー () >「システム環境設定」を選択し、「一般」をクリックします。「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択します。
    • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「一般」>「Handoff」の順に選択し、「Handoff」をオンにします。
    • Apple Watch では、iPhone で Apple Watch App を開き、「一般」をタップし、「Handoff を有効にする」をオンにします。
      Apple Watch は、Apple Watch から iPhone への連係にのみ対応しています。

Handoff を使う

  1. いずれか 1 台のデバイスで、Handoff に対応した App を開きます。
    Handoff に対応した App には、メール、マップ、Safari、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、Keynote、数々の他社製 App があります。
  2. その App を使って、メールや書類を書くなど、作業に着手します。
  3. Mac に切り替える場合は、Dock に表示されるその App のアイコンをクリックします。

iPhone、iPad、iPod touch に切り替える場合は、以下のいずれかの手順で行います。

ロック画面にいる場合は、画面の左下隅に App のアイコン が表示されるので、そこから上にスワイプします。

 

ロック画面以外にいる場合は、ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を表示し、下部に表示される App のバナーをタップします。

 

ユニバーサルクリップボードを使えば、手元の Apple デバイスでテキスト、画像、写真、ビデオをコピーして、別の Apple デバイスにペーストできます。

ユニバーサルクリップボードを設定する

ユニバーサルクリップボードは、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch で使えます。正常に働くのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  • 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスで Handoff がオンになっている。
    • Mac では、Apple メニュー () >「システム環境設定」を選択し、「一般」をクリックします。「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択します。
    • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「一般」>「Handoff」の順に選択し、「Handoff」をオンにします。

ユニバーサルクリップボードを使う

  1. 1 台のデバイスで、テキスト、画像、ビデオを通常通りにコピーします。コピーしたコンテンツが自動的に、近くにあるもう 1 台のデバイスのクリップボードに追加されます。しばらくの間だけ、または、いずれかのデバイスでほかのデータがコピーされるまでの間は、そこに残っています。
  2. 2 台目のデバイスで、通常通りにコンテンツをペーストします。

 

iPhone セルラー通話機能を使えば、Mac、iPad、iPod touch でも、iPhone と同じネットワーク上にあれば、電話をかけたり電話に出たりすることができます。

iPhone セルラー通話を設定する

iPhone セルラー通話は、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch で使えます。正常に働くのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って FaceTime にサインインしている。
  • 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスがそれぞれ Wi-Fi または Ethernet で同じネットワークに接続されている。
  • iPhone では、「設定」>「電話」>「ほかのデバイスでの通話」の順に選択し、「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにします。
  • iPad または iPod touch では、「設定」>「FaceTime」の順に選択し、「iPhone から通話」をオンにします。
  • Mac では、FaceTime App を開いて、「FaceTime」>「環境設定」の順に選択します。「設定」をクリックし、「iPhone から通話」を選択します。

ご契約先の通信事業者がほかのデバイスでの Wi-Fi 通話に対応している場合は、iPhone の電源が入っていなくても近くになくても電話をかけたり受けたりできるように、ほかのデバイスを設定しておけます。Wi-Fi 通話について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iPhone セルラー通話を使う

iPad または iPod touch で電話をかける

  • 連絡先、カレンダー、Safari、電話番号などを自動検知するその他の App で、電話番号をタップします。
  • または、FaceTime App を開いて、検索フィールドに電話番号を入力します。検索結果に表示された電話番号をタップし、通話ボタンをタップします。

Mac で電話をかける

  • 連絡先、カレンダー、Safari、電話番号などを自動検知するその他の App で、電話番号の上にポインタを移動します。電話番号を囲むボックスの中の矢印をクリックして、「iPhone で [電話番号] に発信」を選択します。
  • または、FaceTime App を開いて、検索フィールドに電話番号を入力します。検索結果に表示された電話番号を「control」キーを押しながらクリックして、ポップアップメニューから電話番号を選択します。

電話に出る

  • iPad または iPod touch では、スライドして電話に出ます。
  • Mac では、iPhone に電話がかかってくると、通知が表示されます。この通知から電話に出たり、留守番電話に送ったり、発信者にメッセージを送ったりすることができます。

いずれかのデバイスに着信しないようにするには、そのデバイスで「iPhone から電話」設定をオフに切り替えてください。詳しくは、設定に関する前出のセクションを参照してください。

 

iPhone をお持ちの場合は、iPhone で送受信するテキストメッセージを Mac、iPad、iPod touch でも見ることができます。いちばん近くにあるどのデバイスからでも、話の続きから引き継ぐことができます。

SMS/MMS メッセージを設定する

この機能は、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch で使えます。デバイスが以下の通りに設定されていることを確認してください。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • iPhone で、「設定」>「メッセージ」>「送受信」の順に選択します。画面の上部に表示される Apple ID が、ほかのデバイスで iMessage に使っている Apple ID と同じことを確認します。ご自分の電話番号とメールアドレスにチェックマークを付けます。両方で iMessage を受信できるようになります。iPad または iPod touch でも同様に設定してください。
  • iPhone で、「設定」>「メッセージ」>「SMS/MMS 転送」の順に選択し、その iPhone からのテキストメッセージを送受信できるようにするデバイスを選択します。Apple ID で 2 ファクタ認証を使っていない場合は、ほかの各デバイスに確認コードが表示されます。そのコードを iPhone に入力してください。
  • Mac で、メッセージ App を開き、「メッセージ」>「環境設定」の順に選択します。「アカウント」をクリックし、iMessage アカウントを選択します。ここに表示される Apple ID が、ほかのデバイスで iMessage に使っている Apple ID と同じことを確認します。ご自分の電話番号とメールアドレスにチェックマークを付けます。

SMS/MMS メッセージを使う

この機能を使うには、いずれかのデバイスのメッセージ App で、通常通りにチャットを始めてください。Safari、連絡先、カレンダー、電話番号を検知するその他の App で電話番号をクリックして、チャットを始めることもできます。着信および発信したすべてのメッセージが、お使いのすべてのデバイスに表示されます。

 

Instant Hotspot を使えば、iPhone や iPad (Wi-Fi + Cellular) のインターネット共有を利用して、Mac、iPhone、iPad、iPod touch からインターネットに接続でき、接続する側のデバイスでパスワードの入力を省くことができます。

Instant Hotspot を設定する

Instant Hotspot は、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch で使えます。正常に働くのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • iPhone または iPad (Wi-Fi + Cellular) の「設定」>「モバイルデータ通信」>「インターネット共有」で、「インターネット共有」がオンになっている。
    インターネット共有サービスに対応した通信事業者のプランにデバイスで契約しておく必要があります。
  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  • 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。

Instant Hotspot を使う

インターネット共有で接続するには、以下の手順を実行してください。

  • Mac では、メニューバーの Wi-Fi ステータスメニュー  を使って、インターネット共有 を提供している iPhone または iPad の名前を選択します。
  • iPad、iPod touch、別の iPhone では、「設定」>「Wi-Fi」の順に選択し、インターネット共有 を提供している方の iPhone または iPad の名前を選択します。

接続時にパスワードの入力画面が表示される場合は、デバイスが上記の通りに設定されているか確認してください。デバイスがインターネット共有で接続している間は、メニューバーの Wi-Fi ステータスアイコン  にインターネット共有のアイコン が表示されます。

自動ロック解除を設定する

自動ロック解除のおかげで、Apple Watch さえ着けていれば、Mac にすぐにアクセスできます。Mac のスリープを解除するだけで、パスワードの入力さえ省いて、すぐに使い始められます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: