Mac でメールを送信できない場合

ステータスメッセージを調べてください。問題の詳しい説明や解決方法を教えてくれます。

Mac がインターネットに接続されているのに突然メールが送信されなくなった場合、一般的には、時間を置いてからもう一度送信してみます。必要に応じて、メールプロバイダに問い合わせて解決してください。Apple の iCloud メールをお使いの場合は、iCloud メールで問題が起きた場合の解決法をこちらの記事でご確認ください。

ステータスメッセージを調べる

メール App のサイドバーでアカウントの受信トレイの横に、またはメールウインドウの右上隅に、稲妻のアイコン警告アイコンなどのステータスアイコンが表示されることがあります。そのアイコンをクリックして、詳細情報を確認しましょう。

  • ステータスが「ネットワークオフライン」の場合は、Mac がインターネットに接続されていることを確かめてから、やり直してください。
  • ステータスが「ログインできませんでした」の場合は、メールプロバイダに問い合わせて、アカウントが Mac で正しく設定されているか確認してください。
  • メール App でパスワードの入力を求められ、パスワードを入力しても受け付けられない場合は、メールプロバイダがパスワードを拒否している理由を確認してください。
  • メールサービスが一時的に利用できなくなっている場合は、メールプロバイダが自社の Web サイトにステータスメッセージを掲載していることがあります。たとえば、Apple の「システム状況」ページでは、iCloud メールのステータスをお知らせしています。こうしたシステム状況のページは、ほかのメールサービス (GmailOutlook など) も用意しています。ほんの短い間のサービス停止についてはシステム状況のページには表示されない場合があります。その場合は、数時間待ってからもう一度試してください。

Web メールを使ってテストする

多くのメールプロバイダが Web メールを提供しています。メール App などのメール送受信用のアプリケーションの代わりに、Safari などの Web ブラウザでメールを扱えるようにするサービスです。たとえば、iCloud メールアカウントをお使いの場合は、iCloud.com を使ってメールを送受信できます。

Web メールは、アカウントが有効かどうか、Web からサインインできるかどうかを確認する手段として有効ですが、アカウントがメール App で正しく設定されているかどうかは Web メールではわかりません。メールの設定を確認し、メールの送受信に影響する問題がほかに起きていないか確認するには、メールプロバイダにご相談ください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: