iCloud Drive を設定する

iCloud Drive に保存した書類は、すべてのデバイスで最新の情報が同期され、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコン、iCloud.com からアクセスすることができます。

必要条件

iCloud Drive を設定する前に、お使いのすべてのデバイスで Apple ID を使って iCloud にサインインしておいてください。さらに、デバイスが以下の条件を満たしているかご確認ください。

  • iOS 9 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch
  • OS X Yosemite 以降を搭載した Mac
  • Windows 7 以降を搭載し、Windows 用 iCloud がインストールされている Windows パソコン
  • Safari 6 以降、Firefox 22 以降、または Google Chrome 28 以降
  • インターネット接続

iCloud Drive で iWork を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

はじめに

ファイルにアクセスし、編集したいすべてのデバイスで iCloud Drive を設定してください。

     

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップします。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 「iCloud Drive」をタップします。 
  3. スワイプして「iCloud Drive」をオンにします。

iCloud Drive のファイルは iCloud Drive App で見つかります。デバイスに iCloud Drive App がない場合は、App Store からダウンロードしてください。

Mac の場合

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」を選択します。
  2. 必要に応じて、Apple ID でサインインします。
  3. 「iCloud Drive」を選択します。

Mac の「デスクトップ」フォルダと「書類」フォルダのファイルを iCloud Drive に追加しておく場合は、Mac を macOS Sierra にアップデートしてから、「デスクトップ」と「書類」を有効にしてください。Mac では、ファイルはデスクトップ上と、Finder の「iCloud」の下の「書類」フォルダの中にあります。2 台目の Mac の「デスクトップ」を追加した場合、2 台目の Mac のファイルは 1 台目の Mac のファイルと自動的には結合されません。iCloud Drive の「デスクトップ」フォルダと「書類」フォルダを開いて、2 台目の Mac と同じ名前の付いたフォルダを探してください。

iCloud.com の場合

  1. iCloud.com にサインインします。
  2. Pages、Numbers、または Keynote を選択します。iCloud Drive にアップグレードするか確認するメッセージが表示されます。
  3. 「iCloud Drive にアップグレード」をクリックします。

Windows パソコンの場合

  1. スタート画面を表示して、Windows 用 iCloud を開きます。
  2. Apple ID を入力して iCloud にサインインします。
  3. 「iCloud Drive」を選択し、「適用」をクリックします。

設定したら

iCloud Drive を設定したら、iCloud にすでに保存してある書類が自動的に iCloud Drive に移動します。iPhone、iPad、iPod touch、iCloud.com では、ファイルが iCloud Drive App の中と、これまでそれらのファイルの表示に使っていた iWork App (Pages、Numbers、Keynote) の中に表示されます。これらの App にファイルが表示されない場合は、iCloud Drive が有効になっていないデバイスにファイルが保存されている可能性が考えられます。

iCloud Drive の使い方については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: