iCloud キーチェーンに問題がある場合

iCloud キーチェーンに問題がある場合の対処法をご案内します。

システム状況のページで、サービスが停止していないか調べた上で、お住まいの国または地域で iCloud キーチェーンを利用できるかどうかを確認してください。それでも問題が解消しない場合は、以下の一覧から該当する問題を選択し、適宜対処してください。

 

確認コードが SMS で届かない場合

  1. 良好なモバイルネットワーク接続が確立されていることを確認します。
  2. お使いの電話番号で SMS メッセージを受信できることを確認します。確認のために、どなたかにテキストメッセージを送ってもらってください。
  3. 正しい電話番号がアカウントに関連付けられていることを確認します。以下の要領で行ってください。
    • iPhone、iPad、iPod touch:
      • iOS 10.3 以降をお使いの場合は、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップし、「確認番号」に表示されている電話番号が正しいか確認します。
      • iOS 10.2 以前の場合は、「設定」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップし、「確認番号」に表示されている電話番号が正しいか確認します。
    • Mac:Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択します。「iCloud」をクリックし、キーチェーンの横にある「オプション」をクリックします (OS X Mavericks 以前では、「iCloud」をクリックしてから、「アカウントの詳細」をクリックします)。「確認用の電話番号」に表示されている電話番号が正しいことを確認してください。

iCloud キーチェーンが有効になっているデバイスにアクセスできない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。ご本人様確認を行った上で、iCloud キーチェーンの設定をお手伝いいたします。

iCloud キーチェーンの設定時に SMS の確認手順でお住まいの国のコードが表示されない場合

iCloud キーチェーン設定用の SMS に対応している国や地域のリストを確認してください。その上で、SMS 対応の電話番号を使わない手順で iCloud キーチェーンを設定してください。

新しいデバイスで iCloud キーチェーンを設定できない場合

新しいデバイスで最新の iOS および最新の macOS を使っているか確認してください。さらに、良好なモバイルネットワーク接続が確立されていることを確認します。

iCloud キーチェーンをほかのデバイスと同期できない場合

デバイスが Wi-Fi ネットワークまたはモバイルデータ通信ネットワークに接続されていることを確認します。接続が良好な場合は、次の手順を試してください。

  1. すべてのデバイスで iCloud キーチェーンを無効にします。
  2. 最新のキーチェーン項目を持つデバイスで、iCloud キーチェーンを有効にします。
  3. ほかのデバイスで iCloud キーチェーンを有効にします。新しい iCloud キーチェーンが反映されます。

iCloud キーチェーンに保存されているパスワードを表示できない場合

iOS 11 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「アカウントとパスワード」>「App と Web サイトのパスワード」の順に選択します。
  2. 画面の案内に従って Touch ID を使います。
  3. いずれかの Web サイトをタップして、パスワードを表示します。

iOS 10.3 以前を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「Safari」>「パスワード」の順にタップします。
  2. Touch ID を使うか、デバイスのパスコードを入力します。
  3. いずれかの Web サイトをタップして、パスワードを表示します。

OS X Mavericks 10.9 以降を搭載した Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. 「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「パスワード」をクリックします。
  2. いずれかの Web サイトを選択して、パスワードを表示します。
  3. ウインドウの下部の「選択した Web サイトのパスワードを表示」を選択します。
  4. Mac のパスワードを入力します。

iCloud キーチェーンを有効にしても、Safari でアカウントやクレジットカードの情報が保存または自動入力されない場合

Safari でアカウント名、パスワード、クレジットカード情報が自動的に入力されない場合や、そもそもそうした情報を保存するように案内されない場合は、デバイスで自動入力とプライベートブラウズの設定を確認してください。

iOS 9 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「Safari」>「自動入力」の順にタップします。
  2. アカウント名やパスワードについては、「ユーザ名とパスワード」がオンになっているか確認します。クレジットカード情報*については、「クレジットカード」がオンになっているか確認します。
  3. Safari を開きます。Safari のナビゲーションバーが白や薄いグレイではなく、黒や暗めの色で表示される場合は、プライベートブラウズをオフにします。プライベートブラウズがオンになっていると、Safari ではアカウント名とパスワードが保存されません。

OS X Mavericks 10.9 以降を搭載した Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. 「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「自動入力」をクリックします。
  2. アカウント名やパスワードについては、「ユーザ名とパスワード」が選択されているか確認します。クレジットカード情報*については、「クレジットカード」が選択されているか確認します。
  3. Yosemite または Mavericks でプライベートブラウズがオンになっていないか確認します。プライベートブラウズがオンになっていると、Safari ではアカウント名とパスワードが保存されません。

それでもクレジットカード情報の自動入力に問題がある場合は、以下の方法をお試しください。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、Safari でクレジットカードのフィールドをタップして、キーボードの上部に表示される「カード情報を自動入力」をタップします。
  • Mac では、Safari でクレジットカードのフィールドをクリックすると、iCloud キーチェーンに保存されているクレジットカードの中からどれを使うか確認するメッセージが表示されます。

* クレジットカードのセキュリティコードは必ず手入力する必要があります。クレジットカードのセキュリティコードは iCloud キーチェーンに保存されません。

使用している Web サイトのパスワードが Safari で保存されない場合

パスワードを保存しないよう求める一部の Web サイトについては、Safari では、アカウント名とパスワードが保存も自動入力もされません。

iCloud セキュリティコードを忘れてしまった場合

2 ファクタ認証を有効にしている場合、iCloud セキュリティコードは必要ありません。2 ファクタ認証が有効になっているか確認するには、iOS デバイスで「設定」>「[ユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」の順にタップします。Mac では、Apple メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」>「アカウントの詳細」の順に選択します。

2 ファクタ認証を有効にしていない場合は、iCloud キーチェーンのセキュリティコードをリセットするか、新しいセキュリティコードを作成してください。

iCloud キーチェーンが有効になっているデバイスにアクセスできる場合

iCloud キーチェーンが有効になっているデバイスで、iCloud キーチェーンのセキュリティコードをリセットできます。

iOS 8 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. iOS 10.3 以降では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップします。
  2. 「セキュリティコードを変更」をタップします。
  3. Apple ID のパスワードの入力画面が表示されたら、入力します。
  4. 新しい iCloud セキュリティコードを入力します。

 

Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」を選択します。「iCloud」をクリックしてから、「オプション」をクリックします。OS X Mavericks 以前では、「iCloud」をクリックしてから、「アカウントの詳細」をクリックします。
  2. 「セキュリティコードを変更」をクリックして新しい iCloud セキュリティコードを設定します。

 

iCloud キーチェーンが有効になっているデバイスにアクセスできない場合

iCloud キーチェーンが有効になっているデバイスにアクセスできない場合、セキュリティコードをリセットすることはできません。代わりに、iCloud キーチェーンそのものをリセットして、新しい iCloud セキュリティコードを作成できます。

iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. iOS 10.3 以降では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップします。
  2. 「セキュリティコードで承認」をタップします。
  3. iCloud セキュリティコードの入力を求められたら、「コードをお忘れですか?」をタップします。
  4. 「iCloud キーチェーンをリセット」をタップすると、クラウドの iCloud キーチェーンが、デバイス上の iCloud キーチェーンで置換されます。
  5. 「リセット」をタップして確認します。新しい iCloud セキュリティコードの作成を求められます。

 

Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」を選択します。「iCloud」をクリックして「キーチェーン」を選択します。
  2. iCloud セキュリティコードの入力を求められたら、「コードをお忘れですか?」をクリックします。
  3. 「キーチェーンをリセット」をクリックすると、クラウドの iCloud キーチェーンが、Mac 上の iCloud キーチェーンで置換されます。
  4. 「リセット」をクリックして確認します。
  5. 「キーチェーン」をオンに戻します。新しい iCloud セキュリティコードの作成を求められます。

 

iCloud セキュリティコードが何度も間違えて入力されたという警告が表示される場合

iCloud セキュリティコードの作成方法や iCloud キーチェーンのリセット方法については、こちらの記事を参照してください。

iCloud キーチェーン項目が表示されない場合

iCloud キーチェーンの情報が表示されない理由はいくつか考えられます。

  • iCloud バックアップから復元した後で iCloud キーチェーン項目が表示されなくなった場合。iCloud キーチェーン項目はすでにクラウドで管理されているので、iCloud バックアップの対象にはなりません。iOS 10.3 以降で iCloud キーチェーン項目を探すには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「キーチェーン」の順にタップし、「iCloud キーチェーン」をオンにします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」>「キーチェーン」の順にタップし、「iCloud キーチェーン」をオンにします。
  • すべてのデバイスで iCloud キーチェーンをオフにした場合。この場合は、iCloud キーチェーンがクラウドから削除されます。iCloud キーチェーンをオフにするときにデバイスからキーチェーン項目を削除することを選択した場合、それらのデバイスから iCloud キーチェーンが削除されます。iCloud キーチェーンをあらためて設定し、項目を追加し直す必要があります (すべてのデバイスで iCloud キーチェーンをオフにし、その際に、本体に保存されている iCloud キーチェーンを削除するようにすべてのデバイスで選択した場合、Apple で iCloud キーチェーンを復元することはできません)。
  • Mac でキーチェーンアクセスを使ってキーチェーンをリセットした場合。この場合は、macOS で iCloud キーチェーン項目が削除されます。iCloud キーチェーンの設定をやり直してください。もう一度 Mac キーチェーンをリセットする必要がある場合は、macOS キーチェーンをリセットする前に、iCloud 環境設定で iCloud キーチェーンを一時的に無効にしてください。

iCloud キーチェーンを電話端末で設定していないのに iCloud キーチェーンの確認を求められる場合

デバイスで iCloud キーチェーンを設定していないのに、iCloud キーチェーンの確認コードを記載したメッセージを受け取った場合は、Apple サポートにお問い合わせの上、サポートを受けてください。

公開日: