macOS High Sierra

プライベートでブラウズする

「プライベートブラウズ」ウインドウを使用すると、閲覧の履歴が「Safari」に保存されず、表示した Web サイトにトラッキングの中止を求めます。

「Safari」を開く

「プライベートブラウズ」ウインドウを開く

  • 「ファイル」>「新規プライベートウインドウ」と選択するか、すでにプライベートブラウズを使用しているウインドウに切り替えます。プライベートブラウズを使用しているウインドウでは、暗色のスマート検索フィールドに白のテキストが表示されます。

    「プライベートブラウズ」ウインドウを使用すると:

    • ウインドウ内のタブがそれぞれ独立しているため、1 つのタブで表示している Web サイトが別のタブのブラウズをトラッキングできません。

    • 表示した Web ページや自動入力の情報が「Safari」に記憶されません。

    • 開いている Web ページは iCloud に保存されず、ほかのデバイスですべてのタブを表示したときにそこに表示されません。

    • スマート検索フィールドを使用した場合、検索履歴は結果リストに残りません。

    • ダウンロードした項目がダウンロードリストに表示されません。(項目そのものはコンピュータに残ります。)

    • Handoff を使用する場合、「プライベートブラウズ」ウインドウは iOS デバイスまたはほかの Mac コンピュータに送信されません。

    • Cookie やその他の Web サイトのデータに加えた変更が「Safari」に記憶されません。また、Web サイトおよびそのサイトにコンテンツを提供する第三者(広告プログラムを含む)に対して、トラッキングの停止を求めます。ただし、その要求に応じるかどうかは Web サイト側の判断によります。

    • プライベートブラウズをサポートするプラグインは、Cookie とその他のトラッキング情報の保存を停止します。

    Web サイトはお使いのデバイスに保存された情報を変更できないので、プライベートブラウズを切にするまでは、このようなサイトで通常利用できるサービスが異なる動作をする場合があります。

    注記:プライベートブラウズを使用していないほかの開いているウインドウには、上記の内容があてはまりません。

常にプライベートブラウズでウインドウを開く

  • 「Safari」>「環境設定」と選択し、「一般」をクリックして、「Safari の起動時」ポップアップメニューをクリックしてから、「新規プライベートウインドウ」を選択します。

プライベートブラウズを停止する

  • 「プライベートブラウズ」ウインドウを閉じるか、プライベートブラウズを使用していない別のウインドウに切り替えるか、「ファイル」>「新規ウインドウ」を選択してプライベートブラウズを使用しないウインドウを開きます。さらにプライバシーの保護を強化するには:

    • 「プライベートブラウズ」ウインドウの使用中にダウンロードした項目を削除します。

    • まだ開いている「プライベートブラウズ」ウインドウを閉じて、あなたが表示したページをほかの人が「戻る」ボタンおよび「進む」ボタンを使用して表示できないようにします。

「プライベートブラウズ」ウインドウの使用以外にも、すべての Web サイトが保存している Cookie とデータを管理したり、すべての Web サイトにトラッキングの停止を求めたりできます。

「プライベートブラウズ」ウインドウを使用することを忘れていた場合は、閲覧の履歴を消去できます。