iCloud キーチェーンについてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)

iCloud キーチェーンについて説明します。

iCloud キーチェーンとは?

iCloud キーチェーンを使うと、承認済みのすべてのデバイス (iOS 7.0.3 以降または OS X Mavericks v10.9 以降を搭載) の間で、Safari で閲覧した Web サイトのユーザ名とパスワード、クレジットカード情報、Wi-Fi ネットワーク情報を最新の状態に同期することができます。

また、メール、連絡先、カレンダー、メッセージで使うアカウントも、すべての Mac で最新の状態に同期されます。Facebook、Twitter、LinkedIn、その他のインターネットアカウントにサインインすると、iCloud が自動的にユーザ名とパスワードをすべてのデバイスに追加してくれます。

iCloud キーチェーンの国別の対応状況については、こちらの記事を参照してください。

iCloud キーチェーンでは情報がどのように保護されますか?

iCloud キーチェーンは、お客様が承認したデバイスでのみ、パスワード情報とクレジットカード情報を最新の状態に保ちます。別のデバイスで iCloud キーチェーンを有効にしようとすると、iCloud キーチェーンを使用中のほかのデバイスに、デバイスの追加について承認を求める通知が届きます。デバイスの追加を承認すると、iCloud キーチェーンによって自動的にそのデバイスでアップデートが開始されます。

iCloud キーチェーンは、業界標準の暗号化技術を使って、通信中もクラウドにおいてもお客様のすべてのデバイスを保護します。

2 ファクタ認証をご利用の場合は、デバイスがサインインした時点で信頼されます。iCloud キーチェーンを有効にするためにデバイスを別途承認する必要はありません。

iCloud キーチェーンを設定するにはどうすればよいですか?

iPhone、iPad、iPod touch を最新の iOS にアップデートした後、設定アシスタントが iCloud キーチェーンを設定するかどうかを確認してくれます。この時点で設定せずに、後で iCloud キーチェーンを設定するには、以下の手順を実行してください。

iOS 7.0.3 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch:

  1. 「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 「キーチェーン」をオンにします。
  3. 画面の指示に従います。

OS X Mavericks 10.9 以降を搭載した Mac:

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. 「キーチェーン」を選択します。必要に応じて、スリープ状態になった後またはスクリーンセーバが開始した後に画面のロックを解除するためのパスコードを設定します。
  3. Apple ID およびパスワードを入力します。
  4. 画面の指示に従います。

追加したい各デバイスで iCloud キーチェーンを設定します。別のデバイスで iCloud キーチェーンを有効にしようとすると、iCloud キーチェーンを使用中のほかのデバイスに、デバイスの追加について承認を求める通知が届きます。デバイスの追加を承認すると、iCloud キーチェーンによって自動的にそのデバイスでアップデートが開始されます。2 ファクタ認証をご利用の場合は、別のデバイスから承認を得なくても iCloud キーチェーンを有効にすることができます。

iCloud セキュリティコードとは?

iCloud キーチェーンを設定するときに、iCloud セキュリティコードを作成できます。6 桁のコードや英数字を混ぜたコードにしたり、また、自動生成されるランダムなコードを使うことができます。iCloud セキュリティコードは、iCloud キーチェーンを使うデバイスを追加する際に、承認のために使います。また、デバイスをすべて紛失した場合に iCloud キーチェーンを復元するなど、その他の iCloud キーチェーン操作を実行する際の本人確認にも使用されます。

新しいデバイスで iCloud キーチェーンを設定したいのですが、承認するためのほかのデバイスがない場合はどうすればよいですか?

iCloud キーチェーンを使っているほかのデバイスにアクセスできなくても、次のものがあれば、別のデバイスで iCloud キーチェーンを設定できます。

  • iCloud セキュリティコード
  • 最初に iCloud キーチェーンを設定したときに入力した SMS 対応電話番号を使っているデバイス。この電話番号に、SMS で確認コードが送信されます。この番号にアクセスできない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。ご本人様確認を行い、新しいデバイスの設定を続けていただけるよう手配いたします。

設定が終わったら、iCloud キーチェーンがクラウドから新しいデバイスにプッシュされるようになります。

Apple ID で 2 ファクタ認証を有効にしている場合は、パスワードと、信頼済みのデバイスに自動的に表示される 6 桁の確認コードを入力して、新しいデバイスを認証します。その上で、iCloud キーチェーンを有効にしてください。

Apple で iCloud セキュリティコードを復元できますか?

いいえ。iCloud セキュリティコードの入力を何度も間違えると、iCloud キーチェーンを使えなくなります。その場合は、Apple サポートにお問い合わせください。ご本人様確認を行い、iCloud セキュリティコードをもう一度入力していただけるよう手配いたします。何度も間違えると、iCloud キーチェーンが Apple のサーバから削除されます。その場合は、もう一度 iCloud キーチェーンを設定する必要があります。

データがクラウドにバックアップされないように iCloud キーチェーンを設定できますか?

はい。iCloud キーチェーンを設定するときに、iCloud セキュリティコードを作成する手順を省略できます。その場合、キーチェーンデータはデバイスにローカルに保存され、承認済みのデバイス間でだけ最新情報が同期されます。

iCloud セキュリティコードを作成しなかった場合、Apple で iCloud キーチェーンの復元をお手伝いすることはできません。

デバイスで iCloud キーチェーンをオフにするとどうなりますか?

デバイスで iCloud キーチェーンをオフにすると、保存したパスワード情報およびクレジットカード情報を保持するか削除するか尋ねられます。データの保持を選択した場合、データは削除されず、別のデバイスで変更を行ってもアップデートされません。

クレジットカードのどの情報が iCloud キーチェーンに保存されるのですか?

iCloud キーチェーンには、クレジットカード番号と有効期限が保存されます。クレジットカードのセキュリティコードは、保存も自動補完もされません。

これまでに保存したパスワード、Wi-Fi ネットワーク、およびインターネットアカウントは iCloud キーチェーンに含まれますか?

はい。iCloud キーチェーンをオンにしたときに、以前に保存した Web サイトのユーザ名とパスワード、Wi-Fi ネットワーク、およびインターネットアカウントがあれば、自動的に iCloud キーチェーンに含まれます。

iCloud キーチェーンは他社製 App でも機能しますか?

はい。デベロッパは、iCloud キーチェーンに対応するように App をアップデートできます。このような App で保存されたパスワードは、その App を使用し、iOS 7.0.3 以降または OS X Mavericks 10.9 以降を搭載するすべてのデバイスの間で最新の状態に保たれます。

Apple のサーバから iCloud キーチェーンを削除できますか?

はい。iCloud キーチェーンを使用している iPhone、iPad、iPod touch、Mac で、以下の手順を実行してください。

iOS 7.0.3 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch:

  1. 「設定」>「iCloud」>「キーチェーン」>「詳細」の順にタップします。iOS 7 では、「設定」>「iCloud」>「アカウント」>「キーチェーン」をタップします。
  2. 「セキュリティコードで承認」をオフにします。
  3. iCloud キーチェーンを使っているほかのデバイスそれぞれで、iCloud キーチェーンをオフにします。

OS X Mavericks 10.9 以降を搭載した Mac:

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択します。「iCloud」をクリックし、「アカウントの詳細」をクリックします。
  2. 「セキュリティコードによる承認を許可」の選択を解除します。
  3. iCloud キーチェーンを使っているほかのデバイスそれぞれで、iCloud キーチェーンをオフにします。

上記の手順を実行すると、キーチェーンデータはデバイスにローカルデータとして残りますが、iCloud キーチェーンをもう一度オンにしない限り、キーチェーン情報を変更しても、ほかのデバイスやクラウドに最新情報がプッシュされなくなります。キーチェーンデータをすべてのデバイスにプッシュしたいが、クラウドにはプッシュしたくないという場合は、各デバイスで iCloud キーチェーンを有効にしますが、iCloud セキュリティコードの作成手順は省略してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: