iCloud キーチェーンを設定する

iCloud キーチェーンを使えば、パスワードやその他の機密情報をお使いのすべてのデバイスで最新の状態に同期できます。

iCloud キーチェーンが記憶してくれるので、自分で覚えておく必要がありません。Safari のユーザ名やパスワード、クレジットカード、Wi-Fi ネットワーク、ソーシャルネットワークのログイン情報などの情報は、承認済みのすべてのデバイスで自動入力されます。

まずはじめに

iCloud キーチェーンを使うには、iOS 7.0.3 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch、OS X Mavericks 10.9 以降を搭載した Mac が必要です。各国または各地域の提供状況については、こちらの記事を参照してください。

iPhone、iPad、iPod touch を最新の iOS にアップデートする際、設定アシスタントが iCloud キーチェーンの設定を案内してくれます。設定手順は、2 ファクタ認証を使っているのか、別のセキュリティ対策 (メール、パスワード、セキュリティ質問など) を使っているのかによって異なります。

2 ファクタ認証をお使いの場合

2 ファクタ認証を使っていれば、Apple ID でサインインした時点でデバイスが信頼されるので、ほとんどの場合、再承認の必要はありません。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 「キーチェーン」をタップします。 
  3. 「iCloud キーチェーン」をスライドしてオンにします。

 

Mac の場合:

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「キーチェーン」を選択します。

 

2 ステップ確認、またはメール、パスワード、セキュリティ質問をお使いの場合

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択します。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 「キーチェーン」をタップし、スライドしてオンにします。
  3. Apple ID を入力し、画面の案内に従ってください。

Mac の場合:

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. Apple ID とパスワードを入力し、画面の案内に従ってください。

iCloud セキュリティコード (6 桁のコード、英数字を混ぜたコード、自動生成されるランダムなコード) を作成しておいて、追加したデバイスの承認や、本人確認に使えます。SMS 対応のデバイスをキーチェーンの設定に使った場合は、そのデバイスを使えます。または、コードを忘れた場合や SMS を受信できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。また、信頼できる電話番号を「設定」画面またはシステム環境設定で変更することもできます。

よくお問い合わせいただく質問

iCloud キーチェーンについてよくお問い合わせいただく質問を一部、回答と併せてご紹介します。

iCloud キーチェーンにはどのような情報が保存されますか?

iCloud キーチェーンには、クレジットカード番号と有効期限日 (セキュリティコードの保存や自動入力はされません)、パスワードとユーザ名、Wi-Fi ネットワーク、インターネットアカウントなどが保存されます。デベロッパは、開発した App をキーチェーンに対応するようにアップデートできます (App を iOS 7.0.3 以降または OS X Mavericks 10.9 以降を搭載したデバイス上で使う場合)。

iCloud キーチェーンに保存されているパスワードを表示および編集できますか?

はい。Web サイト、Wi-Fi ネットワーク、インターネットアカウントのパスワードは、それぞれ特定のアプリケーションで確認できます。たとえば、Safari を使って、Safari のパスワードを確認し、編集できます。

iCloud キーチェーンでは情報がどのように保護されますか?

iCloud は、エンドツーエンドの暗号化で情報を保護するため、最高水準のデータセキュリティが叶います。デバイスに固有の情報から生成した (本人しか知り得ない) キーをデバイスのパスコードと組み合わせて、データが保護されます。このデータには、転送中も保管中も、本人以外がアクセスしたり読み取ったりすることはできません。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

デバイスで iCloud キーチェーンをオフにするとどうなりますか?

デバイスで iCloud キーチェーンをオフにする際に、保存してあるパスワードやクレジットカード情報を残しておくか削除するかを確認するメッセージが表示されます。情報を残しておく選択肢を選んだ場合、情報は削除されませんが、ほかのデバイスで変更されても、その変更内容が反映されなくなります。

情報が iCloud にバックアップされないようにすることはできますか?

はい。iCloud キーチェーンの設定時に、iCloud セキュリティコードを作成する手順を省略できます。その場合、キーチェーンデータはデバイスにローカルに保存され、承認済みのデバイス間でだけ最新情報が同期されます。iCloud セキュリティコードを作成しなかった場合、Apple で iCloud キーチェーンの復元をお手伝いすることはできません。

Apple で iCloud セキュリティコードを復元できますか?

いいえ。iCloud セキュリティコードの入力を何度も間違えると、iCloud キーチェーンを使えなくなります。Apple サポートに問い合わせて本人確認をした上で、やり直すことができます。何度も間違えると、キーチェーンが Apple のサーバから削除されます。その場合は、もう一度キーチェーンを設定する必要があります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: Thu Jun 28 15:17:25 GMT 2018