スイッチコントロールを使って Mac を操作する

スイッチコントロールはアクセシビリティ機能の 1 つです。テキストの入力、メニューの選択、ポインタの移動などをすべて、スイッチを 1 つ押すだけで済ませることができます。キーボードのキー、マウスやトラックパッドのボタン、ジョイスティック、または入力支援デバイスを 1 つまたは複数のスイッチとして使えます。

スイッチコントロールは、スイッチが押されるまで画面上の項目を 1 つずつスキャンしていきます。スイッチを 1 回押すと、項目が選択されるか、アクションが実行されます。

スイッチコントロールを有効にする

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択し、「アクセシビリティ」をクリックします。
  2. アクセシビリティオプションのリストから「スイッチコントロール」を選択します。
  3. 「一般」タブをクリックします。
  4. 「スイッチコントロールを有効にする」を選択します。

スイッチコントロールを有効にすると、「ホーム」パネルが表示されます。

横長の「ホーム」ウインドウ

「ホーム」パネルの項目を順次ハイライトさせていくには、マウスのボタンやスペースバーなどのスイッチを押します。2 回目のスイッチを押した時点で、そのときハイライトされている項目が選択されます。 

スイッチを設定する

システム環境設定の「アクセシビリティ」パネルの「スイッチコントロール」の環境設定を使い、押したときにアクションを実行するスイッチを設定します。マウス、キーボード、または USB または Bluetooth で接続した専用のスイッチハードウェアを使えます。 既存のスイッチアクションを変更することもできます。

デフォルトでは、スイッチコントロールを有効にすると、スペースバーがスイッチとして使われます。

  • スイッチを追加するには、「スイッチ」タブで追加ボタン (+) をクリックし、スイッチコントロールに対応したスイッチを押します。名前を入力し、「ハイライトを中止」などのアクションを選択します。スイッチでスクリプトを実行したり App を開いたりするには、「カスタム」をクリックして、スクリプトや App を選択します。
  • スイッチを削除するには、リストでスイッチを選択し、削除ボタン (–) をクリックします。
  • 既存のスイッチの動作を変更するには、リストでスイッチを選択し、アクションボタン をクリックして、名前またはアクションを変更します。アクションに別のスイッチを使うには、「割り当てを変更」をクリックします。

項目をスキャンおよび選択する

項目をスキャンする
「項目を選択」スイッチを押すと、スイッチコントロールでパネル、グループ、ユーザインターフェイスのスキャンが始まります。スキャンしながら各項目または各グループを 1 つずつハイライトしていきます。 選択した後もスキャンを継続するオプションを設定している場合以外は、項目を選択した時点でスキャンは一時停止します。自動スキャンを切にしてある場合、先に進むには「次の項目に移動」スイッチを押します。スイッチコントロールは、「ナビゲーション」パネルの設定に従って、スキャンを繰り返します。

項目を選択する
項目がハイライトされているときに、「項目を選択」スイッチを押します。選択された項目がグループの場合で、さらに、選択後にスキャンを再開するオプションを設定していない場合は、スイッチを押すとグループがスキャンされます。

グループの選択を解除するには、グループ全体がハイライトされているとき、または「ステップアウト」と聞こえたときにスイッチを押します。

App のインターフェイスの一部ではない項目をポインタを使ってクリックする必要がある場合は、ポインタモードを使って画面をスキャンし、項目をクリックできます。

  1. スイッチを押すと、横位置のスキャンが開始します。
  2. クリックしたい領域がハイライトされているときに、もう一度スイッチを押します。
  3. 横位置を正確に絞り込むため、もう一度スイッチを押します。 
  4. 次にボタンを押すと、縦位置の領域スキャンが開始します。
  5. 縦位置を絞り込むため、もう一度スイッチを押します。 
  6. 最後にスイッチを押すと、画面上に作成された青い十字ポイントの下にあるエレメントがクリックされます。

パネルを使う

パネルオプションを設定する
パネルの右上にあるパネルオプションのアイコン アクションボタン がハイライトされたときに「項目を選択」スイッチを押します。次に、設定したいオプションがハイライトされたら、もう一度スイッチを押します。パネルのサイズや透明度を増減することができます。

「ホーム」パネルに戻る
パネルの右上にある「ホーム」アイコンがハイライトされたときに「項目を選択」スイッチを押します。インターフェイスで、「ホーム」パネルがハイライトされたときにスイッチを押します。

「ホーム」パネルを使う

キーボード
書類やフィールドにテキストを入力するには、パネルのキーボードをスキャンし、キーのグループを開いて、キーを選択します。最初のグループには、最初に押したキーに基づいた単語の候補が含まれています。単語の候補を選択すれば、入力時間を短縮できます。ほかのキーボードを「カスタム」パネルで利用できる場合があります。

 

ポインタ
ポインタを画面上の領域に移動するには、「移動」を選択します。縦のブロックが画面上を滑るように動き始めます。「項目を選択」スイッチを押すと、ブロックが停止し、縦の青線がブロック上を滑るように動き始めます。もう一度スイッチを押すと、青線が停止するか、青線の速度が大幅に低下し、もう一度スイッチを押すと青線が停止します (「ナビゲーション」パネルの「グライドカーソルの精度」の設定に基づきます)。横方向についても同様の操作を行うと、ポインタが 2 本の青線の交点に移動します。

 

App
現在の App のアクティブなウインドウ内で項目およびグループをスキャンします。

 

Dock
Dock にある項目だけをすぐにスキャンし始めます。

 

メニューバー
メニューバーグループをスキャンしてから、menu extra グループをスキャンします。

 

システム
Mac の音量やディスプレイの輝度を制御したり、メディアの再生を制御したりします。

 

カスタム
システム環境設定の「アクセシビリティ」パネルでカスタムパネルを作成できます。「スイッチコントロール」を選択し、「"パネルエディタ" を開く」をクリックします。作成してあるカスタムのパネルがすべてここに表示されます。 

 

場所
スイッチコントロールの「ホーム」パネルの画面上の表示位置を変えるときに、このオプションを使います。

関連情報

スイッチコントロールをさらにカスタマイズするには、システム環境設定の「アクセシビリティ」パネルの「スイッチコントロール」で「ナビゲーション」タブを使います。スイッチコントロールとスイッチコントロールのパネルエディタについて詳しくは、Apple のアクセシビリティの Web サイトや Mac に組み込まれているヘルプを参照してください。システム環境設定の「アクセシビリティ」パネルでヘルプボタン  をクリックするか、Finder のメニューバーの「ヘルプ」メニューからスイッチコントロールについて検索してください。

公開日: