AirMac ベースステーションで USB ドライブを使う

USB ドライブを互換性のある AirMac ベースステーションに接続すれば、ネットワーク上で共有できます。

以下のベースステーションはどのモデルも USB 2.0 ポートを備えているため、適切にフォーマットされた互換性のある USB ドライブを接続できます。

  • AirMac Time Capsule 802.11n
  • AirMac Time Capsule 802.11ac
  • AirMac Extreme 802.11n
  • AirMac Extreme 802.11ac

ディスクは Mac OS 拡張、FAT16、または FAT32 でフォーマットしておく必要があります。Apple では、万一ドライブの使用中に接続が解除されたり電源が切れたりした際でも耐障害性を見込めるため、「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を推奨しています。AirMac ベースステーションは、暗号化したフォーマットや、APFS、ExFAT、または NTFS でフォーマットされたディスクには対応していません。

フォーマット済みの USB ドライブをベースステーションに接続した後、Finder >「環境設定」の順に選択し、「外部ディスク」を選択すれば、Finder のサイドバーに共有ドライブが表示されるようになります。ベースステーションによっては、そのディスクを Time Machine で使える場合もあります。

Mac OS 拡張でフォーマットしたディスクは、SMB/CIFS および AFP プロトコルを使って共有され、Mac コンピュータは Bonjour プロトコルを使ってそのディスクを認識します。FAT16 または FAT32 でフォーマットされたディスクは、SMB/CIFS プロトコルを使って共有されます。

電力供給の要件

ベースステーションの USB ポートは、USB 2.0 給電仕様に準拠したバスパワー型の USB ドライブに給電できます。USB ドライブまたはハブに専用の電源が付属している場合は、そちらを使ってください。

Time Machine との互換性

Time Machine は、以下のベースステーションの全モデルに接続された、互換性のある USB ドライブに対応します。

  • AirMac Time Capsule 802.11n
  • AirMac Time Capsule 802.11ac
  • AirMac Extreme 802.11ac

ディスクは暗号化されていないことが必要ですが、そのディスクにバックアップするデータを暗号化するように Time Machine を設定できます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Mon Mar 12 09:15:16 GMT 2018