Time Machine で Mac をバックアップまたは復元する方法

Time Machine はすべてのファイルを外付けのストレージデバイスにバックアップするので、後でファイルを復元したり、過去のファイルの状態を確認したりできます。

Time Machine を設定する

Time Machine は Mac に内蔵されているバックアップ機能です。この機能を使うには、外付けのストレージソリューション (別売) が必要です。

  • Mac の USB、FireWire、または Thunderbolt ポートに接続した外付けのハードドライブ
  • ネットワーク上の Time Capsule または macOS Server
  • ネットワーク上の AirMac Extreme ベースステーションの USB ポートに接続した外付けのハードドライブ

外付けドライブを Mac に直接接続すると、そのドライブを使って、Time Machine でバックアップを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。その場合、「バックアップディスクとして使用」をクリックします。暗号化するように選択した場合は、パスワードを知っている人しかバックアップにアクセスできなくなります。


ドライブを Mac に接続した時点で、Time Machine のバックアップディスクの選択画面が表示されない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. メニューバーの Time Machine メニュー Time Machine アイコン から「Time Machine」環境設定を開きます。または、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Time Machine」をクリックします。
  2. 「バックアップディスクを選択」「ディスクを選択」または「バックアップディスクを追加/削除」をクリックします。
  3. リストからバックアップディスクを選択し、「ディスクを使用」をクリックします。
  4. バックアップのセキュリティと利便性を高めるため、上記の手順を繰り返して別のバックアップディスクを追加しておけます。たとえば、2 台のバックアップディスクを自宅と職場で使い分けるといった運用が可能です。

Time Machine を使ってバックアップを作成する

設定が終わると、Time Machine は過去 24 時間分の毎時間のバックアップ、過去 1 か月分の毎日のバックアップ、過去のすべての月の 1 週間ごとのバックアップを自動的に作成します。バックアップディスクの容量がいっぱいになると、一番古いバックアップが削除されます。

  • 次回の自動バックアップを待たずに、すぐにバックアップを作成するには、Time Machine メニュー Time Machine アイコン で「今すぐバックアップを作成」を選択します。
  • 自動バックアップを停止するには、「Time Machine」環境設定で「バックアップを自動作成」の選択を解除するか (macOS Sierra 以降)、Time Machine を「切」にします (OS X El Capitan 以前)。その場合も、Time Machine メニューで「今すぐバックアップを作成」を選択すると、手動でバックアップを作成できます。
  • 進行中のバックアップを取り消すには、Time Machine メニューから「このバックアップ作成をスキップ」(または「バックアップ作成を中止」) を選択します。 
  • バックアップの状態は、Time Machine メニューで確認できます。アイコンはそれぞれ、Time Machine でバックアップを作成中 作成中、次の自動バックアップまで待機中 待機中、バックアップを実行できない バックアップできないバックアップできない という状態を示しています。
  • バックアップから項目を除外するには、Time Machine メニューから「Time Machine」環境設定を開き、「オプション」をクリックします。次に プラス記号 をクリックして、除外する項目を選択します。

 

     
 

初回のバックアップは、保存されているファイルの数によっては時間がかかる場合があります。バックアップの実行中も、Mac はそのまま使えます。一部の Mac コンピュータでは、スリープ状態でもバックアップを実行できます。Time Machine では、前回のバックアップ後に変更されたファイルのみをバックアップするため、これ以降のバックアップは速く終わります。

Time Machine バックアップから特定のファイルを復元する

  1. 復元したいファイルに適したウインドウを開きます。以下は一例です。
    • 「書類」フォルダから間違えて削除してしまったファイルを復元するには、「書類」フォルダを開きます。
    • メールメッセージを復元するには、メールの受信ボックスを開きます。
    • 書類の編集中に自動的にバージョンを保存してくれる App を使っている場合は、書類を開いて、その書類の過去のバージョンを Time Machine で復元できます。
  2. Time Machine メニュー Time Machine アイコン で「Time Machine に入る」を選択するか、Dock で Time Machine をクリックします。この例では、Time Machine で「書類」フォルダを表示しています。
  3. 復元するファイルを探します。
    • 画面の端にあるタイムラインを使って、特定の日時の Time Machine バックアップに入っているファイルを確認できます。タイムラインにはローカルスナップショットが含まれる場合があります。
    • 画面上の上下の矢印を使って、ウインドウのコンテンツが前回変更された時点までジャンプできます。また、ウインドウの検索フィールドを使ってファイルを探し、そのファイルに対する変更に着目しながら、時間を遡ることもできます。
    • ファイルを選択してスペースバーを押すと、プレビューが表示されるので、目的のファイルかどうかを確認します。 
  4. 「復元」をクリックして、選択したファイルを復元するか、「control」キーを押しながらファイルをクリックして、その他のオプションを表示します。

Time Machine バックアップの中身を丸ごと復元する

Mac を丸ごと全部復元するには、macOS 復元の「Time Machine バックアップから復元」ユーティリティを使います。復元対象のディスクはまず消去され、その後、Time Machine バックアップから macOS やその他のコンテンツが転送されます。

ファイル、設定情報、ユーザアカウントをコピーするだけなら、移行アシスタントを使ってください。

関連情報

  • Time Machine でバックアップまたは復元できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • 複数のディスクにバックアップを作成している場合は、Time Machine に入る前にディスクを切り替えることができます。「option」キーを押しながら、Time Machine メニューで「ほかのバックアップディスクをブラウズ」を選択します。
  • Time Machine を使ってネットワーク上のストレージデバイスにバックアップしている場合は、それらのバックアップが健全な状態かどうかを検証できます。「option」キーを押しながら、Time Machine メニューから「バックアップを検証」を選択してください。 
  • バックアップディスクを選択した後、Finder に表示されるそのディスクのアイコンが、「Time Machine」環境設定に表示されるアイコン   と同じ場合も違う場合もあります。必要に応じてアイコンは変更できます。
  • OS X Lion v10.7.3 以降では、必要に応じて、Time Machine ディスクから起動することもできます。Mac の起動時に「option」キーを押し続けます。Startup Manager の画面が表示されたら、起動ディスクとして「EFI Boot」を選択してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: