Time Machine で Mac をバックアップする

Mac 上のファイルのバックアップを作成しておく方法をご案内します。

Time Machine は、Mac に組み込まれているバックアップ機能です。この機能を使って、App、音楽、写真、メール、書類、システムファイルなど、すべてのファイルを自動的にバックアップしておけます。バックアップしてあれば、Mac から削除したファイルでもバックアップから復元できます。Mac のハードディスク (または SSD) を消去または交換した場合でも大丈夫です。

Time Machine バックアップを作成する

外付けのストレージデバイスさえあれば、Time Machine でバックアップを作成できます。デバイスを接続し、バックアップディスクとして選択すると、Time Machine は過去 24 時間分の毎時間のバックアップ、過去 1 か月分の毎日のバックアップ、過去のすべての月の 1 週間ごとのバックアップを自動的に作成します。バックアップディスクの容量がいっぱいになると、一番古いバックアップが削除されます。

外付けのストレージデバイスを接続する

以下のいずれかの外付けストレージデバイス (別売) を接続してください。Time Machine で使えるバックアップディスクについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  • Mac に接続した外付けのドライブ (USB、Thunderbolt、FireWire ドライブなど)
  • AirMac Extreme ベースステーション (802.11ac モデル) または AirMac Time Capsule に接続された外付けドライブ
  • AirMac Time Capsule
  • Time Machine のバックアップ先として共有されている Mac
  • Time Machine over SMB に対応した NAS (ネットワークアタッチストレージ) デバイス

ストレージデバイスをバックアップディスクとして選択する

外付けドライブを Mac に直接接続すると、状況にもよりますが、そのドライブを使って、Time Machine でバックアップを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されます。「バックアップディスクを暗号化」(推奨) を選択し、「バックアップディスクとして使用」をクリックしてください。

暗号化したバックアップには、パスワードを知らなければアクセスできません。バックアップディスクを安全に保管する方法については、こちらを参照してください。

警告:Time Machine でバックアップを作成するためにこのディスクを使用しますか?

Time Machine でドライブを使うかどうかを確認するメッセージが表示されない場合は、以下の手順にそって、手動でドライブを追加してください。

  1. メニューバーの Time Machine Time Machine アイコン メニューから「Time Machine」環境設定を開きます。または、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Time Machine」をクリックします。
  2. 「バックアップディスクを選択」(または「ディスクを選択」「バックアップディスクを追加/削除」) をクリックします。
    システム環境設定の「Time Machine」ウインドウ
  3. 利用できるディスクのリストから外付けのドライブを選択します。「バックアップを暗号化」(推奨) を選択して、「ディスクを使用」をクリックします。

選択したディスクが Time Machine で必要なフォーマットになっていない場合は、まずディスクを消去するように案内されます。「消去」をクリックして、先に進んでください。この場合、バックアップディスク上の情報がすべて消去されます。 

便利な自動バックアップを活用する

バックアップディスクを選択したら、Time Machine ですぐに定期的なバックアップの作成が始まります。この作業は自動的に進むので、何もする必要はありません。ファイルの数によっては、初回のバックアップに時間がかかる場合がありますが、バックアップの進行中も Mac を普段通りに使っていられます。その後のバックアップ時には、前回のバックアップ後に変更されたファイルだけがバックアップされるため、初回ほど時間はかかりません。

通知:バックアップ完了。

バックアップを手動で開始するには、メニューバーの Time Machine Time Machine アイコン メニューから「今すぐバックアップを作成」を選択します。バックアップの進行状況を調べたり、進行中のバックアップを中止したりする際にも、同じメニューを使います。


関連情報

  • バックアップから Mac を復元する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • ファイルをバックアップおよび復元するほかの手段については、こちらの記事を参照してください。
  • 複数のディスクにバックアップを作成している場合は、Time Machine に入る前にディスクを切り替えることができます。「option」キーを押しながら、Time Machine メニューから「ほかのバックアップディスクをブラウズ」を選択してください。
  • バックアップの対象から外す項目がある場合は、Time Machine の環境設定を開いて「オプション」をクリックし、「+」(追加) ボタンをクリックして、対象外にしたい項目を追加してください。外付けのハードドライブなど、除外した項目をバックアップ対象に戻すには、その項目を選択して「-」(削除) ボタンをクリックします。
  • Time Machine でネットワークディスクにバックアップしている場合は、それらのバックアップが健全な状態かどうかを検証できます。「option」キーを押しながら、Time Machine メニューから「バックアップを検証」を選択してください。 
  • OS X Lion v10.7.3 以降では、必要に応じて、Time Machine ディスクから起動することもできます。Mac の起動時に「option」キーを押し続けます。Startup Manager の画面が表示されたら、起動ディスクとして「EFI Boot」を選択してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: