HIMS Braille EDGE 40 ディスプレイを VoiceOver で使う

VoiceOver と併せて HIMS Braille EDGE 40 点字ディスプレイを使う場合は、以下のデバイス固有のキーコマンドをご利用になれます。

お使いの点字ディスプレイで正しい表が使われるように、必ず最新バージョンの iOS をご利用ください。

ナビゲーション

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
前の項目に移動する Left Pad Left または Right Pad Left
次の項目に移動する Left Pad Right または Right Pad Right

スクロール

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
左に 1 ページスクロールする F5
右に 1 ページスクロールする F6
上に 1 ページスクロールする F7
下に 1 ページスクロールする F8

ローター

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
ローター設定を使って前の項目に移動する Left Pad Up または Right Pad Up
ローター設定を使って次の項目に移動する Left Pad Down または Right Pad Down
前のローター設定を選択する F1
次のローター設定を選択する F2

操作

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
選択した項目をダブルタップする Router

点字

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
点字ディスプレイを左へパンする Left Up または Right Up
点字ディスプレイを右へパンする Left Down または Right Down
拡張された状況説明のオン/オフを切り替える Status Router
2 級英語点字と 1 級英語点字を切り替える F3
8 点式点字と 6 点式点字を切り替える F4

関連情報

共通点字コマンドの一覧表については、こちらの記事を参照してください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: