Mac でメッセージを使う

メッセージは、Mac に付属しているテキストメッセージ送受信用のソフトウェアです。iMessage やその他のメッセージングサービスでメッセージを送信できます。

 

 

Mac 用のメッセージ App では、iMessage を使っている Mac、iPhone、iPad、iPod touch にメッセージを何通でも送信できます。iMessage は、Apple の安全なメッセージングサービスです。Apple 製および他社製のデバイスに対応したほかのメッセージングサービスもいくつかサポートしています。iPhone を所有されている方は、SMS や MMS メッセージの送受信にも使えます。

iMessage を設定する

iMessage は、Apple のメッセージングサービスです。Apple ID を取得すれば使えるようになります。設定がまだ済んでいない場合は、メッセージ App をはじめて開くときにサインインするように案内されます。iPhone やその他のデバイスのメッセージ App で使っているのと同じ Apple ID でサインインしてください。通常は、iCloud、iTunes Store、App Store、および Mac の初期設定の際に作成したアカウントで使っているのと同じ Apple ID になります。

他社製のメッセージングサービスを追加するには、「メッセージ」メニューから「アカウントを追加」を選択します。続いて、アカウントプロバイダを選択し、画面に表示されるプロバイダからの指示に従って設定してください。

メッセージングサービスを無効にしたり、その設定を変更したりするには、「メッセージ」メニューから「環境設定」を選択し、「アカウント」をクリックします。

メッセージをやり取りする

  1. メッセージ App のウインドウの上部にある をクリックします。

  2. 受信者の名前、メールアドレス、または電話番号を入力し、メッセージの宛先を指定します。または、プラス記号 をクリックして、受信者を選択します。連絡先 App に登録してある相手なら、入力するうちに候補として表示されます。グループチャットを始めるには、ほかの受信者もさらに追加してください。

  3. ウインドウの下部のフィールドにメッセージを入力し、「return」キーを押して送信します。
    • 絵文字を使うには、 をクリックします。
    • 画像やその他のファイルを添付するには、ファイルをメッセージフィールドにドラッグするか、ペーストします。
    • 音声録音を送るには、 をクリックして、メッセージを録音します。
  4. チャットを始めた後で、ウインドウの隅にある「詳細」をクリックして、以下のようなアクションを実行できます。
    • このチャットについての通知を表示しないように選択します。
    • FaceTime を使って音声通話  またはビデオ通話  を始めます。
    • 画面を共有します。
    • 受信者の位置情報を確認します (相手が位置情報を共有している場合)。
    • チャットの中で交換した写真やファイルをすべて確認します。
    • グループ名を付けたり、グループにメンバーを追加したり、グループを離れたりします。グループのメンバー数が 4 人以上の場合は、メンバーを削除できます。メンバーの名前を「control」キーを押しながらクリックして、「チャットから外す」を選択してください。

macOS Sierra では、Siri を使って、メッセージを送信し、読み、返信することもできます。たとえば、Siri に次のように頼めます。

  • 「鈴木さんと福島さんに『遅れる』というメッセージを送って」または「恵子に『ショーが始まるよ』と伝えて」または「090 555 1212 にテキストメッセージを送信」
  • 「田中博さんから最後に届いたメッセージを読む」または「新着メッセージを読む」
  • 「『それはよかった』と返信して」または「10 分で着くと伝えて」

Tapback をメッセージに追加する

macOS Sierra では、Mac に Tapback が登場します。Tapback は、メッセージに対する気持ち (「いいね」「おもしろい」など) をすばやく伝える表現方法です。たとえば上記の画像では、相手のメッセージの角に表示されているハートマークが Tapback です。使い方は以下の通りです。

  1. メッセージの吹き出しを「control」キーを押しながらクリックして、ショートカットメニューを開きます。
  2. メニューから「Tapback」を選択します。
  3. Tapback をクリックして、メッセージの吹き出しに追加します。 

追加した Tapback は、macOS Sierra または iOS 10 で iMessage を使っているチャットメンバー全員が見ることができます。ほかの iMessage ユーザには、メッセージのテキストに続けて、「いいね」「笑」「!!」などと表示されます。 

iPhone、iPad、iPod touch でも Tapback を使えるほか、それらのデバイスでしか使えないほかのメッセージエフェクトもあります。こうしたエフェクトの大半は、Mac で受信したときも同じように見えますが、見えないものは、エフェクトの説明が「("ラウド" で送信)」のように表示されます。

Mac からだれかにテキストメッセージを送信する

iPhone でモバイルデータ通信プランを契約している場合は、Mac から SMS および MMS メッセージを送受信できるようにメッセージ App を設定できます。これらのメッセージは、受信者が iMessage を使っていなくても、Apple 製デバイスを使っていなくても大丈夫です。

  1. iPhone で、「設定」>「メッセージ」>「送受信」の順にタップします。ご自分の電話番号とメールアドレスにチェックマークを付けます。
  2. iPhone で、「設定」>「メッセージ」>「SMS/MMS 転送」の順に選択し、Mac がその iPhone からテキストメッセージを送受信できるように選択します。
  3. Mac に確認コードが表示されるのを確認し、そのコードを iPhone に入力します。

すべての Apple デバイスで iMessage および SMS/MMS メッセージをすべて受信するには、連係の SMS/MMS 機能を設定できます。

関連情報

  • メッセージについて調べるには、メッセージ App の「ヘルプ」メニューから「メッセージヘルプ」を選択してください。
  • iMessage をアクティベートまたはサインインしようとしたときにエラーが発生する場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: