macOS の起動可能なインストーラを作成する

macOS Sierra、El Capitan、Yosemite、または Mavericks では、USB フラッシュドライブなどのリムーバブルメディアを起動ディスクとして使い、そこから Mac オペレーティングシステムをインストールすることができます。 

以下に紹介する手順は、システム管理者や、コマンドラインの扱いに習熟した方を主に対象とした高度な内容となっています。

ターミナルで 'createinstallmedia' コマンドを使う

  1. Mac App Store から macOS インストーラをダウンロードします。インストーラがダウンロード後に自動的に開いた場合は、終了します。インストーラは「アプリケーション」フォルダにダウンロードされます。
  2. USB フラッシュドライブまたはほかのボリュームをマウントします。セカンダリの内蔵パーティションを使うこともできます。
  3. ターミナル App を開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  4. ターミナルで createinstallmedia コマンドを使い、起動可能なインストーラを作成します。具体的な使用手順については、「アプリケーション」フォルダに適切な macOS インストーラがあることを確認の上、ターミナルに次のパスのいずれかを入力してください。

Sierra のパス:

/Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia

El Capitan のパス:

/Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia

Yosemite のパス:

/Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia

Mavericks のパス:

/Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia

コマンドの基本構文は以下の通りです。volumepath は USB フラッシュドライブまたはほかのボリュームのパスに、installerpath は「OS X インストール」App のパスに置き換えてください。

createinstallmedia --volume volumepath --applicationpath installerpath

次の例では、OS X インストーラが「アプリケーション」フォルダにあり、USB フラッシュドライブまたはほかのボリュームの名前が「MyVolume」であると想定しています。

Sierra の例:

sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app

El Capitan の例:

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app

Yosemite の例:

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app

Mavericks の例:

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app
公開日: