Apple ID のセキュリティ質問について

Apple ID のセキュリティ質問の設定方法や変更方法についてご説明します。 

Apple では、オンラインで本人確認をしたり Apple サポートに連絡したりする際に使う第 2 の方法としてセキュリティ質問を採用しています。セキュリティ質問は、本人にとっては覚えやすく、他人にとっては推測しにくい類いの質問です。これをその他の本人確認方法と組み合わせることにより、アカウントにアクセスしようとしているのが本人であるという確認に役立ちます。

パスワードやその他のアカウント情報を変更する際、デバイスの詳細を表示する際、または新しいデバイスから iTunes で買い物をする際に、1 つまたは複数のセキュリティ質問に答えるよう求められる場合があります。

セキュリティ質問を設定したくない場合や、答えを忘れてしまうのが心配な場合は、2 ステップ確認または 2 ファクタ認証を設定いただけます。2 ステップ確認や 2 ファクタ認証を有効にすると、アカウントの保護や本人確認のためのセキュリティ質問は必要なくなります。

セキュリティ質問を設定/変更する

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「セキュリティ」セクションで「編集」をクリックします。
  3. すでにセキュリティ質問を設定している場合は、まず質問に答えるよう求められます。答えを忘れてしまった場合は、こちらの記事を参照してください。
  4. 「質問を変更」をクリックします。質問を設定する必要がある場合は、「セキュリティ質問を追加」をクリックします。
  5. 新しいセキュリティ質問を選択し、答えを入力します。
  6. 修復用メールアドレスを追加して確認します。

アカウントからロックアウトされないように、セキュリティ質問の答えは覚えておくことが重要です。また、必ず修復用メールアドレスを追加し、確認を済ませておいてください。セキュリティ質問の答えを忘れてしまった場合は、修復用メールアドレスを使って質問をリセットする必要があります。

公開日: