Apple ID のメールアドレスについて

Apple ID アカウントで使用できる各種メールアドレスを追加、変更、または削除する方法を説明します。

Apple ID で使うメールアドレス

Apple ID で Apple のアカウントにサインインする際は、各種のメールアドレスが使われます。Apple ID を使って、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などのサービスにアクセスいただけます。登録いただいているメールアドレスは、アカウントに関する情報を Apple からお届けする際や、お友達やご家族との通信や情報共有に役立てさせていただきます。

Apple ID のメールアドレス
ほとんどの場合、Apple ID は Apple ID アカウントの主要メールアドレスと同じです。

 

追加のメールアドレス
アカウントにさらにメールアドレスを追加しておくと、FaceTime、iMessage、「探す」などの Apple のサービスで、ほかの人に自分を見つけてもらいやすくなります。
 

修復用メールアドレス
大半の人は、修復用メールアドレスの代わりに通知用メールアドレスを使っています。Apple では、このアドレスを使ってアカウントやセキュリティに関する重要な情報をお知らせしています。2 ファクタ認証2 ステップ確認をお使いでない場合は (ご利用のセキュリティ方法を確認する方法については、こちらの記事を参照してください)、セキュリティ強化のため、アカウントに修復用メールアドレスを追加するという選択肢があります。このアドレスは、Apple ID のアカウントページにサインインして確認いただけます。

新しい Apple ID や変更後の Apple ID をお使いいただく前に、メールアドレスがご本人のものか確認するために、通知メールをお送りします。

Apple ID のメールアドレス

Apple ID を作成する際に、メールアドレスを入力します。このメールアドレスが Apple ID になり、Apple Music や iCloud といった Apple のサービスへのサインインにお使いいただくユーザ名になります。アカウントに関する連絡用のメールアドレスにもなります。メールアドレスは定期的にチェックしてください。アカウントの管理や Apple ID の有効活用に役立つ通知メールをお届けします。

Apple ID のメールアドレスを変更する

Apple ID として使うメールアドレスを変更するには、Apple ID を使っているすべての Apple のサービスとデバイスからサインアウトします。その上で、こちらの記事の手順にそって変更してください。 

Apple ID のパスワードをリセットする

使用中の Apple ID のパスワードがわかっていて、そのパスワードを変更したい場合は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac でこちらの記事の手順にそって変更してください。Apple ID のパスワードを忘れてしまい、リセットする必要ができた場合は、こちらの記事の手順にそってリセットしてください*。

確認コードを入手する

2 ファクタ認証を使っている場合、新しいデバイスやブラウザで Apple ID を使ってサインインする際は、確認コードの入力が必要になります。信頼できるデバイスでコードを入手する方法やその使い方、テキストや電話で入手する方法については、こちらの記事を参照してください。

* 2 ファクタ認証をお使いの場合、状況によっては、主要メールアドレスに送信された 6 桁のコードの確認作業を行うことで、アカウントの復旧手続きの時間を短縮したり、パスワードを即座にリセットしたりできることがあります。

追加のメールアドレス

友人や家族に知らせているメールアドレスが複数ある方も少なくありません。普段使うメールアドレスを Apple ID アカウントに追加しておくと、FaceTime、iMessage、共有アルバム、iWork の共同制作機能、「探す」などの Apple のサービスで、ほかの人から簡単に探してもらい、やりとりすることができます。

追加のメールアドレスを追加する

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「アカウント」セクションで「編集」をクリックします。
  3. 「連絡先」で、「さらに追加」を選択します。
  4. 追加のメールアドレスを入力します。そのアドレスをすでに Apple ID として使っていないか確かめてください。 
  5. そのメッセージに確認メールが届きます。メールが届かない場合はこちらの記事をご覧ください。
  6. 確認コードを入力して「確認」をクリックします。

追加のメールアドレスを削除する

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「アカウント」セクションで「編集」をクリックします。
  3. 追加のメールアドレスを削除するには、そのアドレスの横にある  をクリックします。

修復用メールアドレス

修復用メールアドレスの使用は任意ですが、2 ファクタ認証や 2 ステップ確認を利用していない場合は、設定しておくことを推奨します。セキュリティ質問を忘れてしまった場合に、修復用メールアドレスを使ってリセットできます。また、アカウントのセキュリティ関連の通知メールもすべて修復用メールアドレスにお届けします。2 ファクタ認証または 2 ステップ確認をお使いの場合は、修復用メールアドレスの代わりに通知用メールアドレスを使うため、セキュリティ質問を覚えておく必要はありません。 

修復用メールアドレスを追加または編集する

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「セキュリティ」セクションで「編集」をクリックします。場合によっては、1 つ以上のセキュリティ質問に答えてからでないと、先に進めません。
  3. 修復用アドレスを追加する場合は、次の手順で追加します。
    • 「修復用メールアドレス」で、「メールアドレスを追加」をクリックして、修復用メールアドレスを入力します。そのメッセージに確認メールが届きます。メールが届かない場合はこちらの記事をご覧ください。
    • 確認コードを入力して「確認」をクリックします。
  4. 修復用アドレスを編集する場合は、次の手順で編集します。
    • 編集するアドレスの下の「メールアドレスを編集」を選択し、新しいアドレスを入力します。そのメッセージに確認メールが届きます。メールが届かない場合はこちらの記事をご覧ください。
    • 確認コードを入力して「確認」をクリックします。

2 ファクタ認証または 2 ステップ確認にアップデートした際に修復用メールアドレスが登録されていた場合も、上記の手順で通知用メールアドレスを編集できます。通知用メールアドレスを削除した場合、新しく追加することはできなくなります。

修復用メールアドレスを削除する

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「セキュリティ」セクションで「編集」をクリックします。場合によっては、1 つ以上のセキュリティ質問に答えてからでないと、先に進めません。
  3. 修復用メールアドレスを削除するには、そのアドレスの横にある  をクリックします。

セキュリティ質問をリセットする

セキュリティ質問の答えを忘れてしまった場合は、こちらの記事の手順にそって本人確認をし、セキュリティ質問をリセットしてください。2 ファクタ認証2 ステップ確認を設定している場合は、セキュリティ質問を覚えておく必要はありません。 

関連情報

Apple ID アカウントに関連する Apple のメールは常に appleid@id.apple.com から送信されます。疑わしいメールが届いた場合は、不正なメールの見分け方をこちらの記事でご確認ください。

ほかの Apple ID アカウント情報の変更方法についてはこちらの記事、Apple ID のパスワードの変更方法についてはこちらの記事を参照してください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: