Apple ID のメールアドレスについて

Apple ID アカウントで使用できる各種メールアドレスを追加、変更、または削除する方法を説明します。

Apple ID で使うメールアドレス

Apple ID で Apple のアカウントにサインインする際は、各種のメールアドレスが使われます。Apple ID を使って、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などのサービスにアクセスいただけます。登録いただいているメールアドレスは、アカウントに関する情報を Apple からお届けする際や、お友達やご家族との通信や情報共有に役立てさせていただきます。

Apple ID のメールアドレス
これが、Apple サービスにサインインする際に、パスワードと併せて使うメールアドレスです。アカウントの主要メールアドレスでもあります。
 

追加のメールアドレス
アカウントにさらにメールアドレスを追加しておくと、FaceTime、iMessage、「友達を探す」などの Apple のサービスで、ほかの人に自分を見つけてもらいやすくなります。
 

修復用メールアドレス
アカウントのセキュリティを強化するために、任意で修復用メールアドレスを追加できます。このアドレスは、Apple ID のアカウントページにサインインして確認いただけます。


新しい Apple ID や変更後の Apple ID をお使いいただく前に、メールアドレスがご本人のものか確認するために、通知メールをお送りします。

Apple ID のメールアドレス

Apple ID を作成する際は、メールアドレスを入力します。このメールアドレスが Apple ID となり、iTunes や iCloud といった Apple のサービスへのサインインにお使いいただくユーザ名になります。アカウントに関する連絡用のメールアドレスにもなります。メールアドレスは定期的にチェックしてください。アカウントの管理や Apple ID の有効活用に役立つ通知メールをお届けします。

Apple ID の変更手順については、こちらの記事を参照してください。

追加のメールアドレス

友人や家族に知らせているメールアドレスが複数ある方も少なくありません。普段使うメールアドレスを Apple ID アカウントに追加しておくと、FaceTime、iMessage、「友達を探す」などの Apple のサービスで、ほかの人から簡単に探してもらい、やりとりすることができます。

メールアドレスを追加するには、次の手順を実行してください。

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「アカウント」セクションで「編集」をクリックします。
  3. 「連絡先」で、「さらに追加」を選択します。
  4. 追加するメールアドレスを入力すると、そのアドレスに確認メールが届きます。メールが届かない場合は、こちらの記事を参照してください。
  5. 確認コードを入力して「確認」をクリックします。

必ず Apple ID として使っていないメールアドレスを入力するようにしてください。追加のメールアドレスを削除する場合は、そのアドレスの横の  をクリックしてください。

修復用メールアドレス

修復用メールアドレスの追加は任意ですが、追加しておくことをおすすめします。セキュリティ質問をお忘れの場合は、修復用メールアドレスを使って質問をリセットできます。修復用メールアドレスを設定していない場合は、Apple サポートにお問い合わせの上、ご相談いただく必要があります。アカウントのセキュリティ関連の通知メールもすべて修復用メールアドレスにお届けします。

修復用メールアドレスは、以下の手順で追加または編集してください。

  1. Apple ID のアカウントページにサインインします。
  2. 「セキュリティ」セクションで「編集」をクリックします。場合によっては、1 つ以上のセキュリティ質問に答えてからでないと、先に進めません。
  3. 修復用アドレスを追加する場合は、以下の手順で追加します。
    • 「修復用メールアドレス」で、「メールアドレスを追加」をクリックして、修復用メールアドレスを入力します。そのメッセージに確認メールが届きます。もしメールが届かない場合はこちらの記事をご覧ください。
    • 確認コードを入力して「確認」をクリックします。
  4. 修復用アドレスを編集する場合は、以下の手順で編集します。
    • 編集するアドレスの下の「メールアドレスを編集」を選択し、新しいアドレスを入力します。そのメッセージに確認メールが届きます。もしメールが届かない場合はこちらの記事をご覧ください。
    • 確認コードを入力して「確認」をクリックします。
  5. 修復用メールアドレスを削除する場合は、そのアドレスの横の  をクリックします。

2 ステップ確認または 2 ファクタ認証をお使いの場合は、修復用メールアドレスではなく、通知用メールアドレスを使います。2 ファクタ認証または 2 ステップ確認をご利用の場合、修復用アドレスは必要ありません。通知用メールアドレスも上記の手順で追加または編集できます。

関連情報

Apple ID アカウントに関連する Apple のメールは常に appleid@id.apple.com から送信されます。疑わしいメールが届いた場合は、不正なメールの見分け方をこちらの記事でご確認ください。

ほかの Apple ID アカウント情報をアップデートする方法については、こちらの記事を参照してください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: