Mac でオーディオファイルやビデオファイルが再生されない場合

メディア形式が古かったり特殊だったりすると、ほかのソフトウェアを用意しないと処理できない場合があります。 

QuickTime Player、写真、Keynote などの Apple 製 App は、多種のオーディオ形式とビデオ形式に対応しています。App によっては特殊な形式を好むものもありますが、QuickTime ムービーファイル (.mov)、大半の MPEG ファイル (.mp4、.m4v、.m4a、.mp3、.mpg)、一部の AVI ファイルや WAV ファイル、その他の多くの形式は、たいていの App なら、別のソフトウェアを追加しなくても扱うことができます。

古いメディア形式や特殊なメディア形式には、専用のソフトウェアが必要になるため、普段お使いの App では処理できない場合があり、App でファイルを開けなかったり、その中のオーディオやビデオを再生できなかったりします。

ファイルに対応した App を検索する方法

すでに手元にある App が、そうした形式のファイルに対応している可能性があります。インストールしてある App のうちどれを試せばよいかわからない場合、Mac が提案してくれることがあります。

  1. Finder でファイルを「control」キーを押しながらクリック (右クリック) します。
  2. 開いたショートカットメニューから「このアプリケーションで開く」を選択します。サブメニューに、そのファイルを開けると Mac が認識したインストール済みの App がすべて表示されます。

インストールされているどの App でもファイルを開けない場合は、インターネットまたは Mac App Store で、そのファイルを再生または変換できる App を検索してください。以下の情報を検索対象として盛り込んでください。

  • メディア形式の名前。形式がわからない場合は、ファイルを選択して「command + I」キーを押し、「情報」ウインドウを開きます。「種類」というラベルの後に、「種類:Matroska ビデオファイル」のように形式が表示されます。
  • ファイル名拡張子。ファイル名の末尾に表示される、.avi、.wmv、.mkv などの文字のことです。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: