Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う

iOS 11 以降または macOS High Sierra 以降にアップグレードすると、iOS デバイスで撮影した HEIF メディアや HEVC メディアを表示、編集、複製できます。

iOS 11 と macOS High Sierra では、以下の新しい業界標準のメディアフォーマットに対応しました。

  • HEIF (High Efficiency Image File Format):写真用。
  • HEVC (High Efficiency Video Coding):H.265 と呼ばれることもあります。ビデオ用。

HEIF と HEVC は JPEG や H.264 よりも圧縮率が高いため、デバイスのストレージ容量や iCloud フォトライブラリはさほど占有しないのに、同等の画質に仕上がります。

デバイスで HEIF メディアや HEVC メディアを表示、編集、複製するには、iOS 11 以降または macOS High Sierra 以降にアップグレードしてください。

HEIF/HEVC メディアを撮影する

iOS 11 以降を使う場合、以下のデバイスはメディアを HEIF または HEVC フォーマットで撮影できます。

iOS 11 以降または macOS High Sierra 以降を搭載したほかのデバイスも、HEIF メディアや HEVC メディアを表示、編集、複製できますが、一部制約があります。

HEIF および HEVC フォーマットでの撮影を推奨しますが、古いフォーマットでメディアを撮影するようにデバイスを設定しておくことはできます。その方がほかのオペレーティングシステムやデバイスとの互換性の幅は広がります。

  1. iOS 11 では、「設定」>「カメラ」の順に選択します。
  2. 「フォーマット」をタップします。
  3. 「互換性優先」をタップします。この設定は、HEIF または HEVC フォーマットでメディアを撮影可能なデバイスにのみ表示されます。
  4. 新しく撮影する写真やビデオはすべて JPEG または H.264 フォーマットになります。省スペースの HEIF/HEVC フォーマットを使う形に戻すには、「高効率」を選択します。

HEIF/HEVC メディアを扱う

iOS 11 以降と macOS High Sierra 以降には HEIF や HEVC のサポートが組み込まれているため、写真 App、iMovie、QuickTime Player などの多彩な App でこれらのメディアを表示、編集、複製できます。

一部の古いデバイスでは、HEVC のサポート状況は、ビデオの解像度とフレームレート (fps) によっても左右されます。解像度が 1080p 以下で、フレームレートが 60 fps 以下の場合は、古いデバイスにも幅広く対応できます。撮影するデバイスの「設定」>「カメラ」で、ビデオ撮影に使う解像度やフレームレートを変更できます。

iOS 10 または macOS Sierra で iCloud フォトライブラリを使う場合、写真やビデオの右上隅に 警告アイコン が表示されたり、警告メッセージが表示されたりする場合があります。デバイスで HEIF メディアや HEVC メディアを表示、編集、複製するには、iOS 11 以降または macOS High Sierra 以降にアップグレードしてください。

HEIF/HEVC メディアを共有する

iCloud フォトライブラリは、メディアのフォーマット、解像度、フレームレートを元のまま維持します。デバイスで iCloud フォトライブラリの HEIF メディアや HEVC メディアを完全には表示、編集、複製できない場合や、表示されても解像度が本来よりも低い場合は、iOS 11 以降または macOS High Sierra 以降にアップグレードしてください。

AirDrop、メッセージ、メールなどのほかの方法でメディアを共有するときは、JPEG や H.264 など、互換性を確保しやすいフォーマットで共有されます。

USB で HEIF/HEVC メディアを読み込む

接続した iOS デバイスから写真 App、イメージキャプチャ、Windows パソコンに HEIF メディアや HEVC メディアを読み込む際、JPEG または H.264 に変換される場合があります。

iOS 11 以降では、この読み込み動作を変更できます。「設定」>「写真」の順に選択します。「MAC または PC に転送」セクションで、「元のフォーマットのまま」をタップし、メディアが読み込み時に変換されないようにしておきます。

公開日: