iPhone、iPad、iPod touch での Safari の Web 設定

デフォルトでは、Safari はムービー、アニメーション、Web アプリケーションなど、所定の Web 機能を表示する仕様になっています。プライバシーを保護し、インターネットで危惧されるセキュリティ上のリスクからデバイスを守るために、コンテンツブロッカーを有効にすることができます。

Safari の設定を変更するには、「設定」>「Safari」の順にタップします。iOS の Safari について詳しくは、ユーザガイドを参照してください。

フィッシング対策機能とコンテンツブロッカーを有効にする

フィッシング対策機能を有効にするには、「設定」>「Safari」の順にタップし、「詐欺 Web サイトの警告」をオンにします。この設定をオンにすると、訪問している Web サイトにフィッシングサイトの疑いがある場合に、Safari のフィッシング対策機能が警告を発します。オフにするには、「詐欺 Web サイトの警告」をもう一度タップします。

フィッシングは、パスワード、アカウント情報、ユーザ名などの個人情報を盗む詐欺行為です。詐欺 Web サイトは、銀行、金融機関、メールサービスプロバイダなど、実際に存在する Web サイトをよそおっています。

iOS 9 では、Safari にコンテンツブロッカーが導入されました。コンテンツブロッカーは Safari の機能拡張として使い、Cookie、画像、リソース、ポップアップなどのコンテンツを効率的に阻止できます。

コンテンツブロッカーを有効にするには、App Store からコンテンツブロッカー App をダウンロードする必要があります。「設定」>「Safari」>「コンテンツブロッカー」の順にタップして、使いたい機能拡張を有効にします。複数のコンテンツブロッカーを使用できます。

コンテンツブロッカーを使うには、iPhone 5s 以降が必要です。

Cookie をブロックする

iOS 8 以降の Safari で Cookie をブロックするかどうかを設定するには、「設定」>「Safari」>「Cookie をブロック」の順にタップし、「常にブロック」「アクセス中の Web サイトのみ許可」「訪問した Web サイトを許可」または「常に許可」を選択します。iOS 7 以前では、「しない」「知らないサイトや広告のみ」または「常に」を選択します。

Cookie とは、Web サイトがデバイス上に保存するデータのことです。Web サイトは Cookie を使って、再訪者を認識して迎え入れたり、訪問者が提供した情報に基づいて Web ページを訪問者ごとにカスタマイズしたりすることができます。ページによっては、Cookie を受け入れないと、機能しないことがあります。たとえば、次のような状況になります。

  • 正しいユーザ名およびパスワードを使って Web サイトや Web ページにログインできない。
  • Cookie が必要であるというメッセージや、ブラウザの Cookie 機能がオフになっているというメッセージが Web ページに表示される。
  • Web サイトの機能を使おうとしても、正しく動作しない。

JavaScript を許可する

JavaScript はデフォルトで有効になっています。設定を変更するには、「設定」>「Safari」>「詳細」の順にタップし、「JavaScript」をオンまたはオフにします。Web ページの作成者は、JavaScript を使ってページの要素を操作できます。たとえば、JavaScript を使って、ページに現在の日付と時刻を表示したり、リンク先のページを新しいポップアップページに表示したりすることができます。

JavaScript を無効にすれば、一部の不要なポップアップを阻止できる場合がありますが、Web サイトの中には、JavaScript が有効になっていないと正しく機能しないものもあります。

デバイスから情報を消去する

iOS 8 以降で Safari から履歴と Cookie を消去するには、「設定」>「Safari」>「履歴と Web サイトデータを消去」の順にタップします。iOS 7 以前では、「履歴を消去」をタップし、「Cookie とデータを消去」をタップします。

保存されているその他の情報を Safari から消去するには、「設定」>「Safari」>「詳細」>「Web サイトデータ」>「全 Web サイトデータを削除」の順にタップします。

履歴、Cookie、閲覧データを Safari から消去しても、自動入力の情報は変更されません。 

履歴を残さずにサイトを訪れるには、プライベートブラウズをオンまたはオフにする方法についてこちらの記事でご確認ください。

 

最終更新日: