iPhone、iPad、iPod touch で Safari の閲覧履歴を消去してコンテンツブロッカーを設定する

Safari の閲覧履歴、Cookie、キャッシュを削除する方法について説明します。Cookie は、サイト側が同じ人が再訪してきたときにわかるように、訪問者のデバイスに残していくデータです。

     

履歴、キャッシュ、Cookie を削除する

  • 履歴や Cookie を消去するには、「設定」>「Safari」>「履歴と Web サイトデータを消去」の順にタップします。
  • 保存されているその他の情報を削除するには、「設定」>「Safari」>「詳細」>「Web サイトデータ」>「全 Web サイトデータを削除」の順にタップします。
  • 履歴を残さずにサイトを訪れるには、プライベートブラウズをオンまたはオフに切り替えます。

履歴、Cookie、閲覧データを Safari から消去しても、自動入力の情報は変更されません。 

     

Cookie をブロックする

Safari で Cookie をブロックするかどうかは、以下の手順で選択してください。

  1. 「設定」>「Safari」>「Cookie をブロック」の順にタップします。
  2. 「常にブロック」「アクセス中の Web サイトのみ許可」「訪問した Web サイトを許可」「常に許可」のいずれかを選択します。 

Cookie をブロックすると、一部の Web ページが機能しなくなることがあります。たとえば、次のような状況になります。

  • 正しいユーザ名とパスワードを使ってもサイトにサインインできなくなる場合がある。
  • Cookie が必要だというメッセージや、ブラウザの Cookie がオフになっているというメッセージが表示されることがある。
  • サイトの一部の機能が働かなくなる場合がある。

コンテンツブロッカーを使う

iOS 9 を搭載した iPhone 5s 以降なら、Safari でコンテンツブロッカーを使えます。コンテンツブロッカーは、Safari で Cookie、画像、リソース、ポップアップなどのコンテンツを阻止できるようにする機能拡張です。

コンテンツブロッカーは、以下の手順で設定してください。

  1. App Store からコンテンツブロッカー App をダウンロードします。
  2. 「設定」>「Safari」>「コンテンツブロッカー」の順にタップし、使う機能拡張を設定します。複数のコンテンツブロッカーを使用できます。
公開日: