iPhone、iPad、iPod touch で Safari から閲覧履歴と Cookie を消去する

設定 App を使って、閲覧履歴、Cookie、キャッシュを削除する方法を説明します。

履歴、キャッシュ、Cookie を削除する

  • 履歴や Cookie を消去するには、「設定」>「Safari」の順に選択し、「履歴と Web サイトデータを消去」をタップします。履歴、Cookie、閲覧データを Safari から消去しても、自動入力の情報は変更されません。
    iPhone の Safari の設定画面に「履歴と Web サイトデータを消去」が表示されているところ。
  • Cookie を削除し、閲覧履歴を残したい場合は、「設定」>「Safari」>「詳細」>「Web サイトデータ」の順に選択し、「全 Web サイトデータを削除」をタップします。
  • 履歴を残さずにサイトを訪れるには、プライベートブラウズをオンにします

消去する履歴や Web サイトデータがない場合、該当する設定項目はグレイ表示になります。スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの制限」で、Web コンテンツに対して制限が課されている場合も、グレイ表示になることがあります。


Cookie をブロックする

Cookie は、サイト側が同じ人が再訪してきたときにわかるように、訪問者のデバイスに残していくデータです。Safari で Cookie をブロックするかどうかを設定するには、「設定」>「Safari」の順に選択し、「すべての Cookie をブロック」をオンにします。

iPhone の Safari の設定画面で「すべての Cookie をブロック」が有効になっているところ

Cookie をブロックすると、一部の Web ページが機能しなくなることがあります。以下は一例です。

  • 正しいユーザ名とパスワードを使ってもサイトにサインインできなくなる場合がある。
  • Cookie が必要だというメッセージや、ブラウザの Cookie がオフになっているというメッセージが表示されることがある。
  • サイトの一部の機能が働かなくなる場合がある。


コンテンツブロッカーを使う

コンテンツブロッカーは、Safari で Cookie、画像、リソース、ポップアップなどのコンテンツを阻止できるようにする他社製の App や機能拡張です。

コンテンツブロッカーは、以下の方法で入手してください。

  1. App Store からコンテンツブロッカー App をダウンロードします。
  2. 「設定」>「Safari」>「機能拡張」の順にタップします。
  3. リストに表示されているコンテンツブロッカーをタップして有効にします。

複数のコンテンツブロッカーを使用できます。サポートが必要な場合は、App の開発元にお問い合わせください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: