Mac の起動を完了できない場合にセーフモードを試す

セーフモードを使うと、Mac の完全な起動ができなくなる問題を解決するために役立ちます。

セーフモードとは?

セーフモード (セーフブートと呼ばれることもあります) は、Mac を起動する方法の 1 つであり、起動時に所定のチェックを行い、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりしないよう阻止します。Mac をセーフモードで起動すると、次の処理が行われます。

  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる
  • 必要なカーネル機能拡張のみを読み込む
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないようにする
  • ユーザがインストールしたフォントを無効にする
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、およびその他のシステムキャッシュファイルを削除する

こうした変更が総合的に作用し、起動ディスクに関連した問題の解決や切り分けに役立つ場合があります。 

セーフモードで起動する

セーフモードで起動するには、以下の手順を実行してください。

  1. Mac を起動または再起動します。 
  2. 起動音が聞こえたらすぐに「shift」キーを押してそのままにします。
  3. 画面に Apple ロゴが表示されたら「shift」キーを放します。

Apple ロゴが表示された後、デスクトップにログイン画面が表示されるまで通常より長くかかる場合があります。これは、セーフモードの処理中に Mac が起動ディスクのディレクトリチェックを実行するからです。

セーフモードを解除するには、起動中にどのキーも押さずに、コンピュータを再起動します。

電源キーを押した後、起動音が鳴らない場合は、「Mac の電源が入らない場合」を参照してください。

FileVault を使っている場合

起動ディスクが FileVault で暗号化されている場合でも、Mac の電源を入れた直後に「shift」キーを押したままにすれば、セーフモードで起動できます。このプロセスの実行中に、2 回ログインするように促される場合があります。1 回目は起動ディスクのロックを解除するため、2 回目は Finder にログインするためです。最初のログイン画面が表示された後は、「shift」キーを放すことができます。

セーフモードで問題が発生しなかった場合

Mac をセーフモードで起動すると問題が発生しない場合は、起動時にキーを押さずにもう一度再起動してみてください。通常通り起動しても問題が解決しているようならば、問題の原因は起動ディスクのキャッシュまたはディレクトリの問題で、セーフモードによってその問題が修正されたことが考えられます。

Mac を通常通り再起動すると、デスクトップまで起動が進んだところで問題が再発する場合は、ログイン時に自動的に開くログイン項目を無効にしてみてください。

セーフモードで Mac の再起動またはシステム終了が起きる場合

Mac がセーフモードで自動的に再起動する場合は、OS X が問題を検出し、その修正を試みている可能性があります。 

セーフモードでは起動ディスクのディレクトリチェックが実行されます。これは、ディスクユーティリティを使ってディスクの検査または修復を選択した場合に行われる処理と同様です。OS X が問題を検出した場合は、起動ディスク上のディレクトリが修復され、Mac が再起動します。

セーフモードでの起動時に Mac の電源がひとりでに切れる場合は、Mac の電源接続を調べて、Mac と電源コンセントの両方にプラグがしっかり接続されていることを確認してください。MagSafe 電源アダプタをお使いの場合は、電源アダプタの LED が黄色または緑色になっていることを確認します。その後、もう一度セーフモードで起動してみてください。

セーフモード時に Mac が再起動またはシステム終了を繰り返す場合は、Apple サポートにお問い合わせいただくか、詳しいサポート情報について Apple 正規サービスプロバイダまたは Apple Genius にご相談ください。

Mac がセーフモードで起動していることを確認する

Mac がセーフモードで起動しているかどうかわからない場合は、システム情報を使って確認できます。セーフモードで起動している場合は、システム情報の「ソフトウェア」セクションにブートモードが「通常」ではなく「セーフ」と表示されます。

また、Mac がセーフモードで起動している場合は、ログインウインドウの画面右上に「セーフブート」と表示されます。

セーフモードで利用できない機能

セーフモードでの起動時には、Mac の一部の機能が利用できないので、セーフモードを使い終わったらコンピュータを通常通り再起動してください。

たとえば、セーフモードでは次のような機能が動作しません。

  • DVD プレーヤーで映画を再生できません。
  • iMovie やその他のビデオ App でビデオをキャプチャできません。
  • 一部のオーディオ入出力デバイスが動作しない場合があります。
  • 一部の USB デバイス、FireWire デバイス、および Thunderbolt デバイスが利用できない場合があります。
  • Wi-Fi ネットワークは、お使いの Mac および OS X バージョンによって、機能が制限されるか、または利用できない場合があります。

OS X v10.5 以降のセーフモードでは、高速グラフィックスも無効になります。このため、システム環境設定で「半透明メニューバー」を選択しても、OS X メニューバーは不透明に表示されます。Mac がセーフモードで起動しているとき、ログイン時に画面が「点滅」または「分割」して表示されることもあります。

OS X v10.6 以降のセーフモードでは、ファイル共有も無効になります。

キーボードを使わずにセーフモードで起動する

セーフモードで起動するためにキーボードを使えなくても、Mac にリモートアクセスできる場合は、Mac をセーフモードで起動するようにコマンドラインを使って設定できます。

  1. ターミナルをリモート起動するか、SSH 経由で対象のコンピュータにログインします。
  2. 次のターミナルコマンドを使います。
    sudo nvram boot-args="-x"

    Verbose モードも指定して起動する場合は、次のコマンドを代わりに使います。
    sudo nvram boot-args="-x -v"

  3. セーフモードを使った後、次のターミナルコマンドを使って、通常起動するように設定し直します。
    sudo nvram boot-args=""
最終更新日:
役に立ちましたか?
80% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始

Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る
日本 (日本語)