Mac の起動時のキーコンビネーション

Mac の一部の機能は、起動時に特定のキーを押したままにすることで呼び出すことができます。 

電源ボタンを押して Mac の電源を入れた直後にキーを押したままにします。以下に説明する成果が得られるまで、キーは押したままにしてください。

起動時に押すキー 説明
shift (⇧) セーフモードで起動します。
option (⌥) Startup Manager で起動します。
C 起動可能な CD、DVD、または USB メモリ (macOS インストールメディアなど) から起動します。
D お使いの Mac に応じて、Apple Hardware Test または Apple Diagnostics で起動します。
option + D インターネット経由で Apple Hardware Test または Apple Diagnostics で起動します。
N 互換性のある NetBoot サーバから起動します。
option + N デフォルトの起動イメージを使って NetBoot サーバから起動します。
command (⌘) + R macOS 復元から起動します。
option + command + R インターネット経由で macOS 復元から起動します。
option + command + P + R NVRAM をリセットします。 起動音がもう一度聞こえたら、キーを放してください。
command + S シングルユーザモードで起動します。
T ターゲットディスクモードで起動します。
X 通常であれば Mac が macOS 以外の起動ディスクから起動する状況下で、macOS 起動ディスクから強制的に起動します。
command + V verbose モードで起動します。
取り出し (⏏)、F12、マウスボタン、またはトラックパッドボタン リムーバブルメディア (光学式ディスクなど) を取り出します。

ここで紹介しているキーコンビネーションは、Intel 搭載 Mac コンピュータで動作します。

関連情報

公開日: