言語

Apple Remote の電池を交換する方法

Apple Remote の電池を交換する方法を説明します。

Apple Remote は、iPod Universal Dock や Apple TV で使うことができます。MacBook Pro、MacBook、および新しい iMac や Mac mini でも利用できます。

Apple Remote は、小型の電子機器で一般的に使用される、CR2032 または BR2032 の 3.0 V のコイン型のリチウム電池を使用しています。これらの電池は、ほとんどの電器店、ドラッグストアなどで販売されています。

Apple Remote の電池残量が少なくなると、コンピュータのディスプレイに電池交換の必要があることを知らせるアイコンが表示されます。Apple TV にリモコンの画像と警告 () マークが表示される場合も、リモコンの電池を交換する必要があります。これらのアイコンやマークが表示されたら、次の手順に従い、リモコンの電池を交換します。

第 2 世代のリモコン

    第 2 世代の電池ホルダー
  1. Apple Remote の裏面の電池ホルダーを探します。
  2. コインを使って、電池ホルダーの蓋を反時計回りに回して開けます。
  3. 古い電池を取り外して、新しい電池のプラス (+) 面を上にして挿入します。このリモコンには、CR2032 または BR2032 の電池を使用してください。

 

第 1 世代のリモコン

  1. Apple Remote の裏面の電池ホルダーを探します。
  2. ペーパークリップなどの小さくて先の尖っていない道具を使って、電池ホルダーの取り外しボタンを押し、電池のトレイを引き出します。
  3. 古い電池を取り外して、新しい電池のプラス (+) 面を上にして挿入します。このリモコンには、CR2032 の電池のみを使用します。
    第 1 世代の電池ホルダー
  4. 電池のトレイをカチッと音がするまで Apple Remote に差し込みます。

 

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

最終更新日: 2012/05/25
役に立ちましたか?
はい
いいえ
  • 最終更新日: 2012/05/25
  • 記事: HT1306
  • 表示回数:

    null

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始
Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る