iMovie for iOS (iPhone, iPod touch): ほかのデバイスまたはアプリケーションに送信する

ほかのデバイスまたはアプリケーションに送信する

AirDropを使って近くのデバイスに送信する

AirDropを使って、プロジェクトをほかのiOSデバイスまたはMacに直接送信できます。

AirDropはLightningコネクタを備えたiOSデバイスまたはOS X Yosemite 10.10以降を搭載したMacで使用できます。また、iCloudが設定されている必要があります。AirDropでは、情報はWi-FiまたはBluetoothテクノロジーを使用して転送されます。デバイスが同じWi-Fiネットワークに接続しているか、他方のデバイスから10メートル(30フィート)以内にある必要があります。セキュリティを確保するため、転送は暗号化されます。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 送信したいムービーまたは予告編をタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン をタップし、転送先にしたいデバイスをタップします。

    他方のデバイスが自動的に表示されない場合は、両方のデバイスでAirDropがオンになっていることを確認してください。コントロールセンター(iOS)またはFinder(Mac)で確認します。

共有アルバムを使って共有する

iCloudを使用している場合は、ムービーや予告編を共有アルバムに追加して、ほかの人が視聴できるようにすることができます。

この機能を使用するには、デバイスの「設定」>「写真」で「共有アルバム」がオンになっている必要があります。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 送信したいムービーまたは予告編をタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン をタップして、「共有アルバム」をタップします。

  3. 必要に応じて以下の操作を行います:

    • ムービーに説明を追加する: ムービーまたは予告編の説明を入力します。

    • 既存の共有アルバムに送信する: 「共有アルバム」をタップし、ムービーまたは予告編を送信したいアルバムの名前をタップしてから、「iCloud」をタップします。

    • 新しい共有アルバムを作成する: 「共有アルバム」をタップし、「新規共有アルバム」をタップしてから、新しいアルバムの名前を入力します。「次へ」をタップして、アルバムを共有したい連絡先を選択し、「作成」をタップします。

  4. 「投稿」をタップします。

別のアプリケーションに送信する

ビデオクリップや完成したムービーを、サポートされている別のアプリケーションに送信できます。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 送信したいムービーまたは予告編をタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン をタップして、「その他のアプリケーション」をタップします。

  3. 使用したいアプリケーションをタップします。

iMovieのビデオ編集機能拡張を使って「写真」でビデオクリップを編集する方法については「写真」でクリップをクイック編集するを参照してください。

ビデオをフォトライブラリに保存する

完成したムービーや予告編をMacに送信して、Macで視聴できるようにしたい場合は、フォトライブラリに保存し、Macの「写真」などのアプリケーションに読み込みます。iCloudを使用している場合は、ムービーや予告編をiCloud Driveに保存し、コンピュータにダウンロードすることもできます。

注記:いずれかのプロジェクトをバックアップ用にMacに送信したりMac用のiMovieで編集したりしたい場合や、互換性のある別のiOSデバイス(iPadやiPhoneなど)でプロジェクトをさらに編集できるようにしたい場合は、iTunesまたはiCloud Driveに送信する必要があります。または、デバイス間ですばやくファイルを転送するにはAirDropを使用します。それぞれの方法の手順(このトピックのほかの個所に記載されています)を参照してください。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 送信したいムービーまたは予告編をタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン をタップして、「ビデオを保存」をタップします。

  3. サイズを求められたら、書き出したいサイズをタップします。

    「中」では、Webにすばやくアップロードできる小さめのファイルが生成されます。「HD」では、Mac上で表示したり、Apple TVを使用してHDTV(高解像度テレビ)で表示したりするには最適な、大きめのファイルが生成されます。

    注記:「HD 1080p」オプションを使ってプロジェクトを送信するときに、60フレーム/秒(fps)の1080pビデオがプロジェクトメディアの50パーセントより多い場合は、ムービーは60 fpsの1080pフォーマットで保存されます。そうでない場合は30 fpsの1080pで保存されます。

書き出しが完了すると、完成したムービーがフォトライブラリに表示されます。デバイスでは「写真」Appからフォトライブラリにアクセスできます。次回コンピュータにデバイスを接続したときに、ムービーファイルをコンピュータ上の「写真」などの写真用アプリケーションに読み込むことができます。

iTunesに送信する

ムービーまたは予告編をMacまたは互換性のある別のiOSデバイス(iPadやiPhoneなど)に転送するときは、最初にプロジェクトをiTunesに送信します。

ヒント:両方のデバイスでAirDropを使用できる場合は、AirDropを使ってプロジェクトをほかのiOSデバイスまたはMacに直接転送できます。

ムービーや予告編をiTunesに送信すると、ビデオクリップ、写真、およびオーディオクリップのすべてがまとめられたプロジェクトが作成され、これをさらに編集することができます。元のムービーや予告編は、作成元のデバイス上に残ります。

  1. デバイスのiMovieで以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 送信したいプロジェクトをタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン >「iTunes」とタップして、書き出しが完了したら「OK」をタップします。

  3. コンピュータにデバイスを接続して、コンピュータでiTunesを開きます。

    間もなく、iTunesの「ライブラリ」パネルにデバイスが表示されます。

  4. iTunesウインドウの上部にあるデバイスのボタンをクリックします。

  5. 左のサイドバーで「App」を選択します。

  6. 「ファイル共有」の下の「App」リストにある「iMovie」を選択します(メインウインドウをスクロールしないと表示されない場合があります)。

  7. 「iMovie書類」領域で、送信したばかりのファイルを選択し、「保存先」ボタンをクリックして、コンピュータ上の簡単に見つけられる場所にファイルを保存します。

    ファイルをコンピュータ上の任意の場所にドラッグして保存することもできます。

  8. コンピュータからデバイスを取り外します。

コンピュータにMac 10.1以降用のiMovieがインストールされている場合は、転送されたファイルをダブルクリックしてMac用のiMovieでプロジェクトを開くことができます。

ムービーや予告編をiTunesから別のiOSデバイスに転送する場合は、iTunesまたはiCloudから読み込むを参照してください。

iCloud Driveに保存する

iCloudを使用している場合は、ムービーまたはプロジェクトファイルをiCloud Driveに保存すると、iCloudに保存され、別のデバイスからアクセスできるようになります。

iCloud Driveを使用するには、iOS 8以降、OS X Yosemite 10.10以降を搭載したMac、またはWindows 7以降を搭載したPCが必要です。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: ムービーまたは予告編をタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」(画面の左上隅)をタップしてプロジェクトの詳細画面に戻ります。

  2. 「送信」ボタン をタップして、「iCloud Drive」をタップします。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • ビデオファイルを保存してすべてのデバイスで再生する: 「ビデオファイル」をタップします。

    • プロジェクトファイルを保存して別のiOSデバイスのiMovieで開き編集する: 「iMovieプロジェクト」をタップします。

  4. iCloud Driveでファイルを保存したいフォルダを選択し、「完了」をタップします。

公開日: 2019/08/23
役に立ちましたか?