iMovie for iOS (iPhone, iPod touch): ビデオクリップや写真を追加する

ビデオクリップや写真を追加する

ビデオクリップを追加する

  1. プロジェクトが開いている状態で、タイムラインをスクロールして、ビデオクリップを追加したい位置に再生ヘッド(白い縦線)を表示します。

    新しいクリップが既存のクリップの前または後(再生ヘッドに近い方)に追加されます。

  2. 「メディアを追加」ボタン をタップして、「ビデオ」をタップします。

  3. タップしてリストからビデオのカテゴリを選択します。

  4. プロジェクトに追加する前にクリップをプレビューするには、クリップをタップして選択し、「再生」ボタン をタップします。

    クリップを左右にスワイプして手動でプレビューすることもできます。こうすると、クリップの使用したい部分を正確に見つけられます。

    iCloud写真を使用している場合、一部のメディアはiCloudに保存されますが、デバイス上には保存されません。クリップをタップしたときに「ダウンロード」ボタン が表示される場合は、そのボタンをタップしてデバイスにメディアをダウンロードできます。

  5. 以下のいずれかの操作を行います:

    • クリップ全体をムービープロジェクトに追加する: クリップをタップし、「プロジェクトに追加」ボタン をタップします。

    • クリップを追加する前にトリミングする: クリップをタップし、黄色のトリミングハンドルをドラッグしてクリップの追加したい部分のみを選択してから、「プロジェクトに追加」ボタン をタップします。

      メディアブラウザでトリミングされているクリップ。

      プロジェクトに追加した後でビデオクリップをトリミングすることもできます。

    • クリップのオーディオのみを追加する: クリップをタップし、「詳細設定」ボタン をタップしてから、「オーディオのみ」をタップします。

    • クリップをオーバーレイとして追加する: クリップをタップし、「詳細設定」ボタン をタップしてから、以下のいずれかのオプションをタップします:

      • カットアウェイ: 再生中にムービーがタイムラインのメインクリップから「カットアウェイ」され、代わりにカットアウェイクリップが表示されるように、クリップが追加されます。

      • ピクチャ・イン・ピクチャ: 再生中にクリップが、タイムラインのメインクリップに重ねられた小さいウインドウに表示されるように、クリップが追加されます。

      • スプリットスクリーン: 再生中にクリップがタイムラインのメインクリップの横に表示されるように、クリップが追加されます。2つのクリップが並んで同じサイズで表示されます。

      • グリーン/ブルースクリーン: 再生中に、グリーンスクリーンまたはブルースクリーンの部分が削除された状態でクリップが表示され、クリップの残りの部分はタイムラインのメインクリップに重なるように、クリップが追加されます。

      ビデオ・オーバーレイについて詳しくは、ビューアでエフェクトを調整するを参照してください。

追加したクリップの部分は、オレンジ色の線が下部に付いた状態でメディアブラウザに表示されます。これは、すでにプロジェクトで使用されたことがあることを示しています。ビデオのどの部分も、プロジェクト内で好きなだけ何回でも使用できます。

メディアブラウザのビデオクリップの下部にオレンジ色の線が表示されます。

写真を追加する

フォトライブラリにある写真や、コンピュータからデバイスに同期した写真を、iMovieプロジェクトに追加することができます。

写真をiMovieで直接撮影する方法については、iMovieでビデオを収録する/写真を撮影するを参照してください。

  1. プロジェクトが開いている状態で、タイムラインをスクロールして、写真を追加したい位置に再生ヘッド(白い縦線)を表示します。

    必要に応じて、後から写真を移動できます。

    再生ヘッドがビデオクリップの上にある場合は、写真がそのクリップの前または後(再生ヘッドに近い方)に追加されます。

  2. 「メディアを追加」ボタン をタップして、「写真」または「アルバム」をタップします。

  3. アルバムをタップしてから、追加したい写真をタップします。

    注記: iCloud写真を使用している場合、一部のメディアはiCloudに保存されますが、デバイス上には保存されません。写真をタップしたときに「ダウンロード」ボタン が表示される場合は、そのボタンをタップしてデバイスに写真をダウンロードできます。

    追加する前に写真をプレビューする場合は、写真をタッチして押さえたままにすると、ポップアップビューアに表示されます。

    追加した写真は、写真の前後に表示されるトランジションの長さに応じて、3〜6秒間表示されます。この継続時間はトリミングハンドルを使って延長または短縮できます。Ken Burnsエフェクトも写真に適用されます。つまり、カメラが写真の上を移動したりイメージを拡大したりするように見えます。このエフェクトを調整する方法については、ビューアでエフェクトを調整するを参照してください。

  4. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 写真をムービープロジェクトに追加する: クリップをタップし、「プロジェクトに追加」ボタン をタップします。

    • 写真をオーバーレイとして追加する: 写真をタップし、「詳細設定」ボタン をタップしてから、以下のいずれかのオプションをタップします:

      • カットアウェイ: 再生中にムービーがタイムラインのメインクリップから「カットアウェイ」され、代わりにカットアウェイ写真が表示されるように、写真が追加されます。

      • ピクチャ・イン・ピクチャ: 再生中に写真が、タイムラインのメインクリップに重ねられた小さいウインドウに表示されるように、写真が追加されます。アルファチャンネルがある写真を追加するときには、アルファ値を使用して、イメージのどの部分を透明にするかが判断されます。これはロゴやウォーターマークとしてイメージを追加する場合に便利です。

      • スプリットスクリーン: 再生中に写真がタイムラインのメインクリップの隣に表示されるように、写真が追加されます。2つのクリップを同じサイズで、左右または上下に並べて表示できます。

      • グリーン/ブルースクリーン: 再生中に、グリーンスクリーンまたはブルースクリーンの部分が削除された状態で写真が表示され、写真の残りの部分はタイムラインのメインクリップに重なるように、写真が追加されます。

        オーバーレイについて詳しくは、ビューアでエフェクトを調整するを参照してください。

ビデオをスクラブする

クリップをプレビューするには、「スクラブ」するという方法もあります。スクラブするときは、詳細に表示できるようにクリップを手動で前後に移動します。

  • メディアブラウザで、プレビューしたいクリップをタッチして押さえたままにし、再生ヘッドが表示されたら左右にスワイプします。

    スワイプに合わせて、ビューアまたはポップアップビューアでビデオが再生されます。

操作を取り消す/やり直す

最後にiMovieを開いたときまで、操作を取り消すことができます。

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「取り消す」ボタン をタップします。

    操作をやり直すには、「取り消す-プロジェクトの編集」ボタンをタッチして押さえたままにしてから、「やり直す-プロジェクトの編集」をタップします。

  • デバイスをシェイクして、「取り消す-プロジェクトの編集」または「やり直す-プロジェクトの編集」をタップします。

公開日: 2019/10/17
役に立ちましたか?