Keynote for iCloud beta: Web サイト、メール、またはスライドへのリンク

Web サイト、メール、またはスライドへのリンク

デフォルトでは、有効な Web アドレス(URL)またはメールアドレス(とその直後にスペース、タブ、または改行文字)を入力すると、それはアクティブなリンクになります。プレゼンテーションの再生時に、URLをクリックしてWebページをブラウザで開くか、またはメールリンクをクリックして宛先が事前設定されたメールメッセージを開くことができます。

プレゼンテーション内の他のテキストをリンクにすることもできます。または、オブジェクト(テキストボックス、画像、図形、イメージギャラリー)にリンクを追加して、クリックすると Web サイトまたはメールメッセージが開くか、他のスライドにジャンプするようにすることもできます。

右下隅にリンクアイコン(曲がった矢印)が表示された、スライドキャンバス上の画像。

Web サイト、メール、またはスライドへのリンク

  1. テキストを選択するか、テキストボックス、図形、画像、またはイメージギャリーを選択します。

    ロックされているか、他のオブジェクトとグループ化されているオブジェクトを選択する場合は、その前に、オブジェクトのロックまたはグループを解除する必要があります。

  2. 選択したテキストまたはオブジェクトを、Controlキーを押しながらクリック(Macの場合)または右クリック(Windowsの場合)してから、「リンクを追加」を選択し、オプションを選択します。

    • Webページ:「リンク」フィールドにWebページのURLを入力します。入力内容を確認するには、「リンクを開く」をクリックして Web ページを開きます。

    • メール:「宛先」フィールドにメールアドレスを入力し、必要に応じてメールの件名を入力します。「メール新規作成」をクリックして、メールメッセージを開きます。

    • スライド:リンク先のスライドを選択します。リンク先を確認するには、「スライドに移動」をクリックしてそのスライドにジャンプします。

  3. 閉じるには、リンクポップオーバーの外側をクリックします。

    テキストを選択した場合、そのテキストに下線が付きます。オブジェクトを選択した場合、そのオブジェクトの右下隅にリンクアイコン(曲がった矢印)が表示されます。スライドキャンバスでリンクをクリックすると、リンク先のスライドに移動するか、Webページまたは事前に受信者が含まれているメールメッセージを開くか、リンクを編集するかを選択できます。

    プレゼンテーションを再生すると、リンク済みテキストは下線が付いたままになりますが、オブジェクトのリンクアイコンは表示されません。

リンクを編集/削除する

いつでもリンクのテキストを編集したり、リンク先を変更したりできます。リンクを削除することもできます。

  • リンクが設定されているテキストまたはリンクアイコンをクリックし、変更を加えるかまたは「リンクの削除」をクリックします。

公開日: 2019/07/01
役に立ちましたか?