Keynote for iCloud beta: 発表者ノートを追加する

発表者ノートを追加する

Keynote for iCloudでは、スライドの情報を発表するのに役立つノートを追加できます。これにより、Mac版またはiOS版のKeynoteを使ってプレゼンテーションを行うときにこれらのノートを確認できます。

重要:プレゼンテーションを再生中に発表者ノートを見るには、プレゼンテーションをMac版またはiOS版のKeynoteを使って開く必要があり、また、接続されているディスプレイにプレゼンテーションを表示するようにコンピュータやデバイスを設定する必要があります。ノートが表示されるのはMacまたはiOSのデバイス上のみである(接続されているディスプレイ上では表示されない)ため、それを見るのは自分だけです。

スライドに発表者ノートを追加する

  1. ツールバーの「表示」ボタンをクリックしてから、「発表者ノートを表示」を選択します。

  2. スライドの下の白い部分にノートを入力します。

    発表者ノードが含まれるスライドでは、サムネールの右上隅に小さい四角が表示されます。

  3. ノートのフォーマットを設定するには、発表者ノートのテキストを選択し、右側の「フォーマット」サイドバーのコントロールを使用します。

発表者ノートを隠す

プレゼンテーションの操作中に、発表者ノートを隠すことができます。

  • ツールバーの「表示」ボタンをクリックしてから、「発表者ノートを隠す」を選択します。

プレゼンテーションの再生中に発表者ノートを確認できます。

  1. 次のいずれかの方法で、Mac版またはiOS版のKeynoteを使ってプレゼンテーションを開きます。

    • MacまたはiOSデバイスで:Mac版またはiOS版のKeynoteを開き、iCloud Driveに保存済みのプレゼンテーションを開きます。

    • MacまたはWindowsコンピュータで:プレゼンテーションのコピー(Keynote形式)をiCloudからデスクトップにダウンロードします。必要であれば、KeynoteがインストールされたMacまたはiOSデバイスにそれを電子メールで送信します。

  2. プレゼンテーションの再生中にノートを見るには、「スライドショーをリハーサル」機能を使用するか、接続済みディスプレイにプレゼンテーションを表示するようにコンピュータやデバイスを設定します。

    その方法については、コンピュータまたはデバイスの「Keynoteヘルプ」を参照してください。

公開日: 2019/07/01
役に立ちましたか?