Keynote for iCloud beta: 共同制作の概要

共同制作の概要

Keynote for iCloud のプレゼンテーションへのリンクを共有することで、ほかのユーザとリアルタイムで共同制作できるようになります。共有されたプレゼンテーションや変更された内容は iCloud に保存され、作業中のすべてのユーザが確認できます。

プレゼンテーションの所有者は、アクセスの権限と操作の権限をコントロールできます:

  • プレゼンテーションのアクセス権:プレゼンテーションへのリンクを送信すれば、受信者はこれを開けるようになります。特定のユーザを「招待」することも可能です。招待されたユーザは、Apple ID で iCloud にサインインし、プレゼンテーションを開くことになります。

  • 編集の操作権:共有するユーザがプレゼンテーションに変更を加えることができるか閲覧のみかを選択できます。

iCloud のシステム要件

リンクを所有するユーザは誰でもプレゼンテーションを開けるようにアクセス権限を設定すると、共有プレゼンテーションの閲覧や編集に iCloud アカウントや Apple ID は必要ありません。

プレゼンテーションを共同制作できる特定のユーザのみを招待する場合は、プレゼンテーションの閲覧や編集に iCloud へサインインする必要があります。Apple ID に関連付けられてない電子メールアドレスや電話番号を使用してユーザを招待した場合、その電子メールアドレスや電話番号を自身の Apple ID 追加するまで招待に応じることはできません。詳しくは、共同制作への参加依頼を承認するを参照してください。

最小システム要件

共有プレゼンテーションの閲覧および編集には、次の条件を満たしている必要があります:

  • サポートされるブラウザを搭載する、Mac または Windows コンピュータ。

  • macOS 10.13(High Sierra)と Keynote 8.2 以降がインストールされている Mac。さらに、iCloud にサインインし、iCloud Drive をオンにする必要があります。

  • iOS 11 および Keynote 4.2 以降がインストールされている iOS デバイス。さらに、iCloud にサインインし、iCloud Drive をオンにする必要があります。

Android デバイスを使用している場合、または iOS 11 と Keynote 4.2 以降がインストールされていない iOS デバイスを使用している場合は、プレゼンテーションの閲覧は可能ですが、編集はできません。

注記:プレゼンテーションが iCloud ではなく Box に保存されている場合には、Box の共同制作コントロールを使用して共同制作を行うことができます。詳細については、iWork と Box の併用に関する Apple サポートの記事を参照してください。

公開日: 2018/11/20
役に立ちましたか?