macOS Sierra: ログインするときに項目を自動的に開く

ログインするときに項目を自動的に開く

Mac へのログイン時にアプリケーション、書類、フォルダ、またはサーバ接続を自動的に開くことができます。

自動的に開く項目を追加または削除する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. ユーザアカウントを選択して、ウインドウの上部にある「ログイン項目」をクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します:

    • ログイン項目を追加する:項目のリストの下にある「追加」ボタン(をクリックし、書類、フォルダ、アプリケーション、サーバなどの項目を選択してから、「追加」をクリックします。

    • ログイン項目を削除する:自動的に開かないようにする項目の名前を選択し、リストの下にある「削除」ボタン(をクリックします。

    • ログイン項目を隠す:ログイン後に項目のウインドウを表示したくない場合は、項目の横にある「隠す」チェックボックスを選択します。

      注記: 「隠す」はサーバには適用されません。サーバは常に、ログイン後に Finder に表示されます。

ログイン時に項目が自動的に開くのを一時的に取り消す

  • ログインウインドウが表示されたら、Shift キーを押しながら「ログイン」ボタンをクリックして、「Dock」が表示されたら、Shift キーを放します。

  • ログインウインドウが表示されない場合は、Mac を再起動して、起動ウインドウに進行状況バーが表示されたら Shift キーを押したままにし、デスクトップが表示されたら Shift キーを放します。

公開日: 2017/04/30
役に立ちましたか?
62% の人が役に立ったと言っています。