iPhoto ‘11: 露出、コントラスト、色、その他の画質を調整する

露出、コントラスト、色、その他の画質を調整する

写真の全体的な暗さや明るさ、色の彩度、その他の画質をすばやく補正することができます。

Important:   写真を編集すると、フォトライブラリ内と、その写真を使用しているすべてのアルバム、スライドショー、およびプロジェクト(ブック、カード、カレンダーなど)内で、変更が反映されます。フォトライブラリやアルバムに入っている写真を変えることなく変更するには、写真を複製してから、その複製を編集します。

写真を自動的に調整するには:

  1. 写真を 編集ビュー で開きます。

  2. 「クイック修正」タブ(「編集」パネルの上部)が選択されていない場合は、クリックします。

  3. 「補正」ボタンをクリックします。

「取り消す」または「直前の状態に戻す」をクリックしない限り、変更は自動的に保存されます。

写真を手動で調整するには:

  1. 写真を 編集ビュー で開きます。

  2. 「編集」パネルの上部にある「調整」タブをクリックします。

  3. コントロールをドラッグして写真を調整します:

    「調整」ウインドウのスクリーンショット
    A

    ヒストグラムとレベルスライダ:写真の明暗レベルを調整する

    B

    露出:写真の全体的な明るさや暗さ

    コントラスト:明るい部分と暗い部分の差の量

    彩度:色の鮮やかさ

    スキントーンの飽和を回避:色の強度を調整するときにスキントーンを保持する

    C

    解像度:明瞭度を上げてぼやけを減らす(写真の一部のコントラストに影響)

    ハイライト:ハイライトの明るさを減らす

    シャドウ:シャドウを明るくして、シャドウ領域の細部を補正する

    シャープネス:鮮明さまたは柔らかさ

    ノイズ除去:粒状感

    色温度:色調の冷たさや暖かさ

    色合い:写真の全体的な色かぶり

    D

    スポイト:グレイまたは白の領域に基づいて色温度と色合いを自動的に調整するために使用する

スポイトツールを使用して写真全体のカラーバランスを調整するには:

写真の中に、白またはグレイでなくてはならないのにそうなっていない部分がある場合は、写真全体のカラーバランスを自動的に調整できます。

  1. 写真を 編集ビュー で開いてから、「編集」パネルの上部にある「調整」タブをクリックします。

  2. スポイトボタンをクリックします(「調整」ウインドウの下部に表示されます。前述の操作を参照)。

  3. グレイまたは白の領域に十字線を合わせて、クリックします。

    この領域が色かぶりのないグレイになるように「色温度」と「色合い」のスライダが自動的に調整されることで、写真全体の見栄えが良くなります。

「取り消す」または「直前の状態に戻す」をクリックしない限り、変更は自動的に保存されます。

「エフェクト」パネルを使って色を強めたり弱めたりすることもできます。

公開日: 2013/04/25
役に立ちましたか?