Keynote for iCloud beta: 位置と行間を調整する

位置と行間を調整する

テキストボックスや図形に入力したテキストについて、左または右に揃える、中央に揃える、両端を揃える(均等割り付け)、垂直方向に揃えるなどの調節ができます。

行間隔、段落間のスペース、段落のインデントも調整できます。

注記:表内のテキストを調整するには、テキストと数字を入力するを参照してください。

テキストを揃える

  1. 以下のいずれかを実行します:

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションで、「配置」の下にあるボタンのいずれかをクリックします。

行インデントを調節する

テキスト行の左マージンを0.5インチ単位で左右に移動できます。

  • 行頭をクリックして挿入ポイントを置いてから、次のいずれかを実行します。

    • インデントを深くする:Tabキーを押してください。インデントが希望の深さになるまで、繰り返しTabキーを押します。

    • インデントを浅くする:Deleteキーを押してください。

      右の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションで、「インデント」ボタンをクリックすることもできます。

段落のインデントを調節する

1つまたは複数の段落の左マージンを0.5インチ単位で左右に移動できます。

  1. 調整したい段落をクリックして挿入ポイントを置くか、ドラッグして複数の段落を選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションで、「インデント」ボタンのいずれかをクリックします。

行間隔を調整する

段落内またはプレゼンテーション全体に含まれるテキストの行間スペースを調節できます。

  1. 調整したい段落をクリックして挿入ポイントを置くか、ドラッグして複数の段落を選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションの「間隔」で、ポップアップメニューからオプションを選択します。

    • 行:アセンダ(行から上に出ている文字の部分)とディセンダ(行から下に出ている文字の部分)の間隔は変わりません。行間隔は、フォントサイズに比例して決まります。

    • 最低限:行間隔が固定されます(ただし、テキストが増えても行が重なることはありません)。行間隔は、設定値より狭くなることはありませんが、大きいフォントの場合にテキスト行が重ならないように間隔が広くなることがあります。

    • ちょうど:この値はテキストベースラインの正確な間隔を設定します。そのため、文字が重なる場合があります。

    • 間:行間隔を、設定した値だけ大きくします。行の高さは大きくなりません。これに対し、たとえば「2行」は、各行の高さを2倍にします。

  3. 間隔フィールドの横の矢印をクリックすると、選択したオプションの間隔の量が設定されます。

  4. 選択した段落の前後の間隔を調整するには、「段落の前」および「段落の後」の矢印をクリックします。

段落間隔を調節する

1つまたは複数の段落について、段落の前後のスペースの量を調節できます。

  1. 調整したい段落をクリックして挿入ポイントを置くか、ドラッグして複数の段落を選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションの「間隔」で、上矢印または下矢印をクリックするか、隣接するフィールドにポイント値を入力します。

公開日: 2019/07/01
役に立ちましたか?