Keynote for iCloud beta: オブジェクトの外観を変更する

オブジェクトの外観を変更する

オブジェクトの見た目は、別のプリセットスタイルを適用することによって変更できます(プリセットスタイルは、使用されているテーマと組み合わさると美しい外観になるようにデザインされています)。

図形やイメージなどの一部のオブジェクトでは、オブジェクトの枠線、色、透明度などの特定のスタイル属性も変更できます。

飾り枠の枠線と影が追加されたイメージ。

イメージ、図形、またはテキストボックスの見た目を変更する

使用可能なスタイルオプションは、選択されたオブジェクトのタイプによって異なります。

  1. イメージ、図形、またはテキストボックスを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「スタイル」パネルで、次のいずれかを実行します。

    • 別のプリセットスタイルを適用する:サイドバーの上部にあるプリセットオブジェクトスタイルのいずれかをクリックします。

    • 枠線を追加する:「枠線」の横にあるチェックボックスをオンにしてから、枠線のタイプや太さなどを選択します。

    • 影または反射を追加する:「影」または「反射」の横にあるチェックボックスをオンにしてから、表示されたツールを使用し、希望する見た目を指定します。

    • 透明度を変更する:「不透明度」スライダをドラッグします。

    • 線またはその終点のスタイルを変更する:「線」の横にあるチェックボックスをオンにしてから、線のスタイル、色、および終点を選択します。

別のプリセットスタイルを適用したりグラフに枠線を追加したりする

  1. グラフを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「グラフ」パネルで、次のいずれかを実行します。

    • 別のプリセットスタイルを適用する:サイドバーの上部にあるプリセットオブジェクトスタイルのいずれかをクリックします。

    • 枠線を追加する:「枠線」の横にあるチェックボックスを選択します。

表に別のプリセットスタイルを適用する

  1. 表を選択する.

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの「表」パネルで、サイドバーの上部にあるプリセットオブジェクトスタイルのいずれかをクリックします。

ヒント:線、影、枠線、テキストなどの色を変更することもできます。サイドバーにカラーウェルが表示されている場合はいつでも、それをクリックして選択したテキストやオブジェクトに色を追加できます。詳しくは、色またはイメージでオブジェクトを塗りつぶすを参照してください。

公開日: 2018/11/20
役に立ちましたか?