MacのためのiMovie: QuickTimeファイルを書き出す

QuickTimeファイルを書き出す

ムービーをファイルとして書き出して、ほかのアプリケーションで使用できます。

QuickTimeファイルを作成する

  1. ブラウザで、ムービー、予告編、またはクリップを選択します。

  2. ツールバーの「共有」ボタンをクリックして、「ファイル」をクリックします。

    ツールバーの「共有」ボタン
  3. 表示されるダイアログで、以下のいずれかの操作を行います:

    • 共有ムービーのタイトルを設定する: 一番上に表示されている名前をクリックして、新しい名前を入力します。

    • 共有ムービーの説明を設定する: 「説明」フィールド内をクリックして、新しいテキストを入力します。

    • 共有ムービーのタグを設定する: 「タグ」フィールド内をクリックして、タグ名を入力します(複数入力する場合はカンマで区切ります)。

    • 共有ムービーの出力フォーマットを設定する: 「フォーマット」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。

      ビデオとオーディオの両方を書き出すか、オーディオのみを書き出すかを選択できます。

    • 共有ムービーの解像度を設定する: 「解像度」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。

      注記: 4Kのクリップやムービーはそのネイティブの解像度で書き出すことができます。

    • 共有ムービーの出力品質を設定する: 「品質」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。

      共有ムービーの出力品質を手動で設定するには、「品質」ポップアップメニューをクリックして「カスタム」を選択し、スライダをドラッグしてビットレートを設定します。

      スライダをドラッグすると、それに合わせて、プレビューの下に表示される予想ファイルサイズも変わります。

    • 圧縮設定を選択する: 「圧縮」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。

    ファイル共有ダイアログ
  4. 「次へ」をクリックします。

  5. 表示されるダイアログで、「名前」フィールドに名前を入力するか、デフォルトの名前(ムービー、予告編、またはクリップ名)のままにします。

  6. ファイルの保存先を選択して、「保存」をクリックします。

    ツールバーの右側に進行状況インジケータが表示されます。進行状況インジケータをクリックすると詳細が表示されます。処理が完了するとインジケータが消えます。

    ツールバーの進行状況インジケータ

    共有処理が完了すると、QuickTime Playerでムービーが開きます。また、「共有は正常に完了しました」という通知が表示されます。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?