MacのためのiMovie: インスタントリプレイエフェクトまたは巻き戻しエフェクトを追加する

インスタントリプレイエフェクトまたは巻き戻しエフェクトを追加する

インスタントリプレイエフェクトを追加する

  1. タイムラインで、インスタントリプレイエフェクトを追加したいクリップを選択します。

  2. 「変更」>「インスタントリプレイ」と選択して、サブメニューから速度を選択します。

    タイムラインでクリップが長くなり、上部に2つの速度スライダが表示されます。スライダをドラッグして、各セクションの速度を調整できます。

    クリップのインスタント・リプレイ・セクションには「インスタントリプレイ」というタイトルも表示されます。このタイトルテキストを変更する方法については、タイトルを変更するを参照してください。

    インスタント・リプレイ・セグメントとカメのアイコン、上に速度スライダ、上部に「インスタントリプレイ」タイトルが表示された、タイムライン内のクリップ

    クリップを再生すると、順方向で通常通りに再生された後、同じクリップが選択した速度で再び再生されます。

巻き戻しエフェクトを追加する

  1. タイムラインで、巻き戻したいクリップを選択します。

  2. 「変更」>「巻き戻し」と選択して、サブメニューから巻き戻し速度を選択します。

    タイムラインでクリップが長くなり、上部に3つの速度スライダが表示されます。速度スライダをドラッグして、各セクションの再生速度を調整できます。

    タイムラインのクリップ上に表示された逆再生ウサギアイコンと3つの速度スライダ

    クリップを再生すると、順方向に再生された後、選択した速度で巻き戻り、再び順方向に再生されます。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?