MacのためのiMovie: クリップを遅くする/速くする

クリップを遅くする/速くする

ムービー内のクリップの速度を変更できます。また、ムービーのフレームレート(ムービーに追加する最初のクリップによって決まります)に合わせてクリップのフレームレートを自動的に調整することもできます。

タイムラインのクリップ上に表示されたウサギのアイコンと速度スライダ

クリップの速度を変更する

  1. タイムラインで、速度を変更したいクリップを選択します。

  2. 速度コントロールを表示するには、「速度」ボタンをクリックします。

    調整バーの「速度」ボタン
  3. 「速度」ポップアップメニューから「遅く」または「速く」を選択し、速度ボタンをクリックして速度を設定します。

    ビューアでクリップの上に表示された速度コントロール

    注記: 0.1秒未満のクリップで「速く」を選択すると、「カスタム」速度オプションが適用され、カスタムの速度を入力できます。

    アイコン(カメまたはウサギ)がクリップの上に表示され、上部に速度スライダが表示されます。

    タイムラインのクリップ上に表示されたカメのアイコンと速度スライダ

    速度が下がったクリップはタイムラインで長くなり、速度が上がったクリップは短くなります。

注記: クリップにオーディオが含まれる場合は、クリップの速度を下げるとオーディオのピッチが下がり、クリップの速度を上げるとピッチが上がります。オーディオの元のピッチを保つには、ビューアの上の「ピッチを保持」チェックボックスを選択します。

クリップの再生速度を調整する

  • タイムラインで、速度の変更があるクリップの上部にある速度スライダをドラッグします。

    タイムラインのクリップ上に表示されたウサギのアイコンと速度スライダ

    右にドラッグすると速度が下がり、左にドラッグすると速度が上がります。速度スライダをドラッグすると、タイムラインでクリップの継続時間が変わるのを確認できます。これは、速度を独自に調整するときに便利です。

クリップの一部の再生速度を変更する

クリップの一部を遅くしたり速くしたりできます。また、クリップの速度変更した部分とほかの部分の間のフレームレートをスムーズにトランジションするかどうかを選択できます。

  1. タイムラインで、Rキーを押したままクリップ上をドラッグして、クリップの範囲を選択します。

    タイムラインでクリップ内の範囲を選択したところ
  2. 速度コントロールを表示するには、「速度」ボタンをクリックします。

    調整バーの「速度」ボタン
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • クリップの選択した部分を遅くする: 「速度」ポップアップメニューをクリックして、「遅く」を選択します。

      デフォルトでは、速度は「50%」に設定されていますが、どの速度ボタンもクリックできます。

    • クリップの選択した部分を速くする: 「速度」ポップアップメニューをクリックして、「速く」を選択します。

      デフォルトでは、速度は通常の2倍(「2×」)に設定されていますが、どの速度ボタンもクリックできます。

    • クリップの選択した部分にカスタムの速度を設定する: 「速度」ポップアップメニューをクリックし、「カスタム」を選択し、フィールドに数値を入力します。

      速度変更は選択した範囲に適用され、選択した範囲の上とクリップで選択した範囲以外の領域の上に速度スライダが表示されます。

    選択した範囲に速度変更が適用されたクリップ

    クリップを再生すると、通常の速度で再生が始まり、その後設定した速度に変わってから、最後に通常の速度に戻ります。

  4. 速度変化を滑らかにするには、「スムーズ」チェックボックスを選択します。

  5. 選択した範囲またはそれ以外の領域の速度を調整するには、クリップの上部にある3つの速度スライダのいずれかをドラッグします。

    タイムラインのクリップ上に表示されたカメのアイコンと速度スライダ

クリップを逆再生する

  1. タイムラインでクリップを選択します。

  2. 速度コントロールを表示するには、「速度」ボタンをクリックします。

    調整バーの「速度」ボタン
  3. 「逆再生」チェックボックスを選択します。

    クリップ上に逆再生アイコンが表示され、設定した速度でクリップが逆再生されるようになります。

    タイムラインのクリップ上の逆再生アイコン

ムービーの速度に一致するように高フレームレートのクリップを遅くする

デフォルトでは、高フレームレートのクリップをタイムラインに追加すると、再生速度が自動的に下げられ、ムービー内のほかのクリップと同じ速度で再生するように調整されます。iMovie環境設定でこの設定を切にできます。高フレームレートの素材を通常の再生速度に下げると、スローモーションのように再生されます。

スローモーション自動適用の環境設定を切にした状態で、高フレームレートのクリップをムービーに追加した場合は、選択したクリップにその設定を適用できます。

  1. タイムラインで、フレームレートを下げたいクリップを選択します。

  2. 速度コントロールを表示するには、「速度」ボタンをクリックします。

    調整バーの「速度」ボタン
  3. 「速度」ポップアップメニューをクリックして、「遅く」を選択します。

  4. 「自動」ボタンをクリックします。

    選択したクリップのフレームレートが、ほかのムービーのフレームレートと一致するように調整されます。

    注記: クリップの継続時間が3秒を超える場合は、スローモーションを強調するようにクリップの先頭と末尾の速度が調整されます。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?