MacのためのiMovie: ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトを作成する

ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトを作成する

ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップは、メインクリップで起きていることについて語る人を表示する場合などに、ウインドウ内の別のクリップの上で再生できます。

ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトを追加する

  1. ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップとして使いたいクリップまたは範囲を選択して、タイムライン内のクリップの上にドラッグします。

    タイムラインで別のクリップの上にクリップをドラッグして接続しているところ

    緑色の追加アイコン(+)が表示されたら、マウスボタンを放します。

  2. ビデオ・オーバーレイ・コントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
  3. 左側にあるポップアップメニューをクリックして、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択します。

    ビューアで、追加先のクリップ上に挿入されたウインドウにピクチャ・イン・ピクチャ・クリップが表示されます。

    ビューアの上に表示されたピクチャ・イン・ピクチャ・コントロール

    ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置を変更するには、クリップ内の異なる場所まで、または別のクリップまでドラッグします。終点をドラッグして長さを調整することもできます。

  4. 変更を適用するには、ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールの「適用」ボタン をクリックします。

ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトを調整する

ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップは、タイムライン内の好きな場所に配置できます。配置後は、サイズを変更したり、周囲に枠線を追加したり、ディゾルブ、ズーム、またはスワップエフェクトを使って表示されるように設定したりできます。背景で新しいビデオを再生するのと同時に、オリジナルのビデオがピクチャ・イン・ピクチャ・ウインドウ内に縮小されるようにすることもできます。

  1. タイムラインで、ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトが適用されたクリップを選択します。

  2. ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置を変更する: ビューアでピクチャ・イン・ピクチャ・ウインドウをドラッグします。

      フレームの縦横の中心やエッジを示す黄色いガイドラインが表示されるので、クリップの位置を合わせるのに便利です。

    • ピクチャ・イン・ピクチャ・ウインドウのサイズを変更する: ビューアでクリップのいずれかの隅をドラッグします。

    • ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップにエフェクトを適用する: 「トランジションスタイル」ポップアップメニューをクリックして、「ディゾルブ」、「拡大/縮小」、または「入れ替える」を選択します。

      「入れ替える」を選択すると、背景では新しいクリップが完全なサイズで再生されるのと同時に、メインクリップはピクチャ・イン・ピクチャ・ウインドウ内に縮小されます。

    • エフェクト・トランジションの継続時間を設定する: 「トランジションスタイル」ポップアップメニューの右側にある「トランジションの継続時間」フィールドに値を入力します。

    • ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップに枠線を追加する: 枠線タイプのボタンをクリックします。

    • ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップにドロップシャドウを追加する: 「シャドウ」チェックボックスを選択します。

    • 枠線の色を設定する: カラーウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。

  4. 変更を適用するには、ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールの「適用」ボタン をクリックします。

ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置をアニメートする

ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置をアニメートして、ムービーの再生中にクリップの位置を動かすことができます。ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップが移動するパスは、特定時点にキーフレームを設定することで定義します。

  1. タイムラインで、アニメートしたいピクチャ・イン・ピクチャ・クリップを選択します。

  2. ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
  3. ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップ内で位置を設定したいポイントに再生ヘッドを置きます。

  4. ビューアで、「キーフレームを追加」ボタン をクリックしてキーフレームを追加します。

    「キーフレームを追加」ボタンが「キーフレームを削除」ボタンに変わり、現在のフレームにキーフレームが設定されていることを示します。現在のキーフレームを解除するには、「キーフレームを削除」ボタンをクリックします。

    ビューアの「前のキーフレーム」、「次のキーフレーム」、「キーフレームを削除」ボタン

    「次のキーフレーム」ボタン または「前のキーフレーム」ボタン が淡色表示になっている場合は、タイムライン内でその方向にキーフレームがないことを示します。

  5. ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップ内で位置を設定したい別のポイントに再生ヘッドを動かします。

  6. ビューアでピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置を調整します。

  7. スキミングしながら、必要なキーフレームをすべて追加します。

  8. 変更を適用するには、ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールの「適用」ボタン をクリックします。

    ムービーを再生すると、設定したキーフレームで定義されるパスに沿ってピクチャ・イン・ピクチャ・クリップが移動します。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?