MacのためのiMovie: スプリットスクリーンエフェクトを作成する

スプリットスクリーンエフェクトを作成する

スプリットスクリーンエフェクトを使用すると、クリップを別のクリップに接続して、両方のクリップを同時に再生できます。接続クリップフレームの上下左右のどこに表示するかを選択したり、接続クリップをフレームにスライドインさせるかどうかを設定したりすることもできます。スライドイントランジションを追加する場合はその継続時間を設定できます。

スプリットスクリーンクリップを作成する

  1. 別のクリップと同時に表示したいクリップまたは範囲を選択して、タイムライン内のクリップの上にドラッグします。

    緑色の追加アイコン(+)が表示されたら、マウスボタンを放します。

    タイムラインで別のクリップの上にクリップをドラッグして接続しているところ
  2. ビデオ・オーバーレイ・コントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
  3. 左側にあるポップアップメニューをクリックして、「スプリットスクリーン」を選択します。

    ビューアの上にスプリットスクリーンコントロールが表示され、両方のクリップがクロップされた状態でビューアに表示されます。

    クロップされたクリップが左右に並び、その上にコントロールが表示されたビューア

    スプリットスクリーンエフェクトが表示されるタイミングを変更するには、タイムライン内でスプリットスクリーンクリップをドラッグして下のクリップ内の別の場所に接続するか、別のクリップまでドラッグします。終点をドラッグして長さを調整することもできます。

  4. 変更を適用するには、スプリットスクリーンコントロールの「適用」ボタン をクリックします。

スプリットスクリーンクリップを調整する

  1. タイムラインで、調整したいスプリットスクリーンクリップを選択します。

  2. スプリットスクリーンコントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • フレーム内での接続クリップの表示位置を設定する: 「位置」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。

    • スライドイントランジションを追加してその継続時間を設定する: 「スライド」スライダをドラッグします。

      トランジションの継続時間を0に設定すると、トランジションなしになります。

  4. 変更を適用するには、スプリットスクリーンコントロールの「適用」ボタン をクリックします。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?