MacのためのiMovie: フリーズフレームを追加する

フリーズフレームを追加する

ムービーの1フレームをフリーズして、時間が止まったかのように見せることができます。フリーズフレームの継続時間を編集したり、フリーズフレームを削除してクリップを元の長さに戻したりすることもできます。

クリップ内にフリーズフレームを作成する

  1. タイムラインで、フリーズしたいクリップ内のフレームの上に再生ヘッドを移動します。

    タイムラインでクリップに置かれた再生ヘッド
  2. 「変更」>「フリーズフレームを追加」と選択します。

    再生ヘッド位置にあるフレームが3秒間フリーズして、いずれかの端にあるソースクリップに接続されたままになります。クリップのフリーズフレーム位置が選択されます。フリーズフレームの端にはハンドルが表示され、中央には手のアイコンが表示されます。

    クリップのフリーズフレーム部分にはオーディオは含まれません。

    タイムラインで再生ヘッドの位置に挿入されたフリーズフレームクリップ

フリーズフレームを編集する/削除する

  1. タイムラインで、編集または削除したいクリップの中央にある手のアイコンをクリックします。

    ビューアの上に速度コントロールが表示されます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • フリーズフレームの継続時間を調整する: 「継続時間」フィールドに秒数を入力するか、タイムラインでフリーズフレームのどちらかの端をドラッグします。

    • フリーズフレームクリップを削除する: 「変更」>「フリーズフレームを削除」と選択します。

      フリーズフレームクリップが削除され、クリップは元の長さに戻ります。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?