MacのためのiMovie: ビデオエフェクトを追加する

ビデオエフェクトを追加する

iMovieには、クリップや写真の表示を変更するために使用できるさまざまなフィルタやエフェクトが用意されています。たとえば、クリップにセピアフィルタを適用して、古いフィルム映像のように見せることができます。

iMovieにはさらに、複数のエフェクトを組み合わせた以下のプリセットが用意されています。これらを使えば、複雑なトランジションを簡単にムービーに追加できます:

  • フェード: 「フェード」エフェクトを使うと、クリップを通常の表示から白黒、セピア、または幻想的な画面に変化させるトランジションを作成できます。

  • フラッシュしてフレームをフリーズ: 「フラッシュしてフレームをフリーズ」を使うと、白い画面にトランジションした後、Ken Burnsエフェクトで動きながらフリーズフレームにフェードインできます。

クリップにフィルタを追加する

  1. ブラウザまたはタイムラインで、クリップまたは範囲を選択します。

  2. エフェクトコントロールを表示するには、「クリップフィルタとオーディオエフェクト」ボタンをクリックします。

    調整バーの「クリップフィルタとオーディオエフェクト」ボタン
  3. 「クリップフィルタ」ボタンをクリックして、クリップに適用したいフィルタをクリックします。

    ビューアでクリップに適用されたSFビデオエフェクト

フィルタを取り除くには、フィルタが適用されているクリップまたは範囲を選択し、「クリップフィルタ」ボタンをクリックして、「なし」をクリックします。

「フェード」エフェクトを追加する

  1. タイムラインでプロジェクトを開いた状態で、以下のいずれかの操作を行います:

    • フェードエフェクトを追加したいクリップを選択してから、エフェクトを開始したい位置に再生ヘッドを移動します。

    • フェードエフェクトを追加したい範囲を選択します。

      注記: 範囲を選択する場合は、エフェクトの先頭と末尾に追加されるトランジションを考慮してフレームをエフェクトの前後に残してください。

  2. 「変更」>「フェード」と選択して、サブメニューからエフェクトを選択します。

    クリップ全体を選択した場合は、フェードトランジションが再生ヘッドの位置に表示され、クリップの残りの部分にエフェクトが適用されます。たとえば、白黒にフェードするエフェクトを適用したクリップを再生すると、トランジション時に色がフェードアウトして、クリップの残りの部分が白黒のエフェクトで再生されます。

    範囲を選択した場合、エフェクトは範囲の開始位置でフェードインし、範囲の終了位置でフェードアウトします。

「フラッシュしてフレームをフリーズ」エフェクトを追加する

  1. タイムラインで、「フラッシュしてフレームをフリーズ」エフェクトを追加したいクリップに再生ヘッドを移動します。

  2. 「変更」>「フラッシュしてフレームをフリーズ」と選択します。

    クリップを再生すると、通常通りに再生された後、白にフェードして、再生ヘッド位置にあるフレームがフリーズフレームになります。フリーズフレームには、ズームアウトのKen Burnsエフェクトが適用されます。フリーズフレームが終了すると、通常通りに再生が続けられます。エフェクトの適用後にKen Burnsエフェクトを変更することもできます。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?