MacのためのiMovie: クリップをクロップする

クリップをクロップする

ムービー内の写真、フリーズフレーム、ビデオクリップをクロップして、特定の被写体をクローズアップしたり、不要な部分を削除したりできます。

写真やビデオクリップがムービーのアスペクト比に合わない場合、たとえば、古い標準精細度(SD)ビデオカメラで撮った素材を高精細度(HD)ビデオカメラで撮った素材と合わせて使いたい場合などにも、クロップ操作が役立ちます。写真やビデオクリップをクロップして適切なサイズに調整できます。

タイムラインのクリップまたは写真をクロップする

  1. タイムラインで、クロップしたいクリップまたは写真を選択します。

  2. クロップコントロールを表示するには、「クロップ」ボタンをクリックします。

    調整バーの「クロップ」ボタン
  3. 「サイズ調整してクロップ」ボタンをクリックします。

    ビューアでクリップ上に調整可能なフレームが表示されます。

    注記: 以下のフレームは、16:9アスペクト比に制限されています。

    クリップ上に調整可能なフレームが表示されたビューア
  4. フレームを動かしたりサイズ変更したりして、残したい部分を囲みます。

  5. クロップを適用するには、クロップコントロールの「適用」ボタン をクリックします。

    クロップフレーム内の領域がビューアに表示されます。

    すべてのクロップおよび回転の調整をリセットするには、「リセット」ボタンをクリックします。

    ブラウザのクリップにクロップを適用してからタイムラインにクリップを追加した場合は、そのクロップもリセットされます。

    ヒント: ブラウザの元のソースクリップにすばやく戻るには、Shift+Fキーを押します。

ブラウザのクリップまたは写真をクロップする

ブラウザでクリップまたは写真をクロップしてから、それをムービーに追加できます。

  1. ブラウザで、クロップしたいクリップまたは写真を選択します。

  2. クロップコントロールを表示するには、「クロップ」ボタンをクリックします。

    調整バーの「クロップ」ボタン
  3. 「クロップ」ボタンをクリックします。

    クロップコントロールと「クロップ」ボタン

    ビューアでクリップ上に調整可能なフレームが表示されます。

    クリップ上に調整可能なフレームが表示されたビューア
  4. フレームを動かしたりサイズ変更したりして、残したい部分を囲みます。

  5. 変更を適用するには、クロップコントロールの「適用」ボタン をクリックします。

    すべてのクロップおよび回転の調整をリセットするには、「リセット」ボタンをクリックします。

クリップの元のアスペクト比に戻す

4:3標準精細度ビデオを16:9高精細度プロジェクトに追加すると、ビデオは16:9フルフレームに合わせて自動的に切り取られます。クリップの元の4:3フレームに戻すことができます。

  1. ブラウザまたはタイムラインで、アスペクト比を元に戻したいクリップまたは写真を選択します。

  2. クロップコントロールを表示するには、「クロップ」ボタンをクリックします。

    調整バーの「クロップ」ボタン
  3. 「フィット」ボタンをクリックします。

    クリップの元のアスペクト比に戻ります。

    注記: アスペクト比が4:3のクリップを元に戻すと、クリップの左右に黒いバーが表示されます。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?