MacのためのiMovie: クリップにオーディオエフェクトを適用する

クリップにオーディオエフェクトを適用する

iMovieには、クリップに適用してムービー内のサウンドを補正できるオーディオエフェクトが用意されています。

クリップにオーディオエフェクトを追加する

  1. ブラウザまたはタイムラインで、オーディオクリップまたはオーディオが含まれているビデオクリップを選択します。

  2. エフェクトコントロールを表示するには、「ビデオ/オーディオエフェクト」ボタンをクリックします。

    調整バーの「ビデオ/オーディオエフェクト」ボタン
  3. 「オーディオエフェクト」ボタンをクリックして、クリップに適用したいオーディオエフェクトをクリックします。

    「オーディオエフェクト」ポップアップメニュー

オーディオエフェクトを取り除くには、エフェクトが適用されているクリップまたは範囲を選択し、「オーディオエフェクト」ボタンをクリックして、「なし」をクリックします。

同時に再生されるほかのクリップの音量を下げる

バックグラウンドミュージックやオーディオ再生を含む複数のクリップを同時に再生する場合に、特定のクリップの音がよく聞こえるようにほかのクリップの音量を自動的に下げることができます。

たとえば、ナレーション用のオーディオを録音した場合、ナレーションのクリップが再生されている間はバックグラウンドミュージックやほかのクリップの音量を自動的に下げることができます。

  1. タイムラインで、よく聞こえるようにしたいオーディオを含むクリップを選択します。

    タイムラインで選択されているオーディオクリップ
  2. 音量コントロールを表示するには、「音量」ボタンをクリックします。

    調整バーの「音量」ボタン
  3. 「ほかのクリップの音量を下げる」チェックボックスを選択します。

    「ほかのクリップの音量を下げる」チェックボックスを選択したところ

    選択されていないクリップの音量が下がります。

    タイムラインで選択されていないクリップの音量が下がったところ
  4. スライダをドラッグして、選択したクリップに対するほかのクリップの音量の割合を設定します。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?