MacのためのiMovie: ビデオクリップからオーディオのみを追加する

ビデオクリップからオーディオのみを追加する

iMovieではデフォルトで、同じソースに含まれるオーディオとビデオが1つのクリップに読み込まれます。ムービー内のビデオクリップからオーディオを切り離して、同じムービーまたは別のムービーの別のクリップに接続することができます。抽出されたオーディオクリップは、iMovie内のほかのオーディオクリップと同様に扱うことができます。移動したり、トリミングしたり、オーディオエフェクトを適用したりできます。

ムービー内のクリップからオーディオを切り離す

  1. タイムラインで、オーディオが含まれているビデオクリップを選択します。

    オーディオが含まれたビデオクリップがタイムラインで選択されているところ
  2. 「変更」>「オーディオを切り離す」と選択します(またはOptionキーとCommandキーを押したままBキーを押します)。

    ビデオクリップからオーディオが削除され、オーディオのみのクリップ(緑色のバー付き)としてビデオクリップの下に表示されます。これで、オーディオクリップをムービー内のほかのクリップに接続したり、下のバックグラウンド・ミュージック・ウェルに移動したりできるようになります。バックグラウンドミュージックについて詳しくは、バックグラウンドミュージックやサウンドクリップを追加するを参照してください。

    タイムラインでクリップからオーディオが切り離されたところ
公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?