MacのためのiMovie: iMovieで直接ビデオを録画する

iMovieで直接ビデオを録画する

Macの内蔵FaceTime HDカメラを使って、ビデオをiMovieで直接録画できます。

ライブビデオを録画する

  1. 「読み込む」ウインドウを開くには、ツールバーの「読み込む」ボタンをクリックします。

    ツールバーの「読み込む」ボタン

    「読み込む」ボタンが表示されていない場合は、ツールバーの「メディア」ボタンをクリックしてから、「読み込む」ボタンをクリックします。

    ツールバーの「メディア」ボタン

    イメージキャプチャ、「写真」またはその他のアプリケーションが開いた場合は、そのウインドウを閉じます。

  2. 「読み込む」ウインドウのサイドバーの「カメラ」セクションで、内蔵のカメラを選択します。

    カメラからのライブ・ビデオ・イメージが「読み込む」ウインドウに表示されます。

  3. 録画先のイベントを指定するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 既存イベントを選択する: 「読み込む」ウインドウの上部にある「読み込み先」ポップアップメニューをクリックして、イベントを選択します。

      「読み込み先」ポップアップメニュー
    • 新しいイベントを作成する: 「読み込み先」ポップアップメニューをクリックし、「新規イベント」を選択し、新しいイベントの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    • 開いているプロジェクトを選択する: 「読み込み先」ポップアップメニューをクリックし、「プロジェクトメディア」を選択します。

    イベントについて詳しくは、メディアとイベントを整理するを参照してください。

  4. 選択したカメラからの録画を開始するには、ライブ・ビデオ・イメージの下にある「録画」ボタンをクリックします。

    録音ボタン

    録画するたびに新しいクリップが作成されます。この処理は必要な回数だけ繰り返すことができます。

  5. 録画を停止するには、再度「録画」ボタンをクリックします。

  6. 録画セッションを終了してiMovieのメインウインドウに戻るには、「閉じる」ボタンをクリックします。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?