MacのためのiMovie: 以前のバージョンのiMovieのプロジェクトとイベントをアップデートする

以前のバージョンのiMovieのプロジェクトとイベントをアップデートする

以前のバージョンのiMovieで作成されたプロジェクトとイベントをiMovie 10で使用するには、アップデートする必要があります。iMovie 10をはじめて開いたときにアップデートすることも、後でアップデートすることもできます。

アップデートすると、プロジェクトとイベントがiMovie 10の新しいライブラリにコピーされます。

アップデートが中断されたり長い時間がかかったりする場合は、「MacでiMovieのプロジェクトやイベントをアップデートする」を参照してください。

iMovieをはじめて開いたときにアップデートする

iMovieを最近アップデートしていない場合は、ダイアログが表示され、既存のプロジェクトとイベントをアップデートするかどうかを尋ねられます。

  • 「アップデート」をクリックします。

    Macに接続されているストレージデバイスを含むすべてのハードディスク上のすべてのプロジェクトとイベントがアップデートされます。アップデート後も、元のプロジェクトとイベントを以前のバージョンのiMovieで使用できます。

重要: このアップデートダイアログは、以前のバージョンのiMovieで作成されたプロジェクトとイベントが保存されているストレージデバイスを接続したときにも自動的に表示されます。iMovie 10には、ストレージデバイスごとに新しいライブラリが作成されます。

プロジェクトとイベントを後でアップデートしたい場合は、「後でアップデート」をクリックします。iMovieで、1つのイベントを含む空のライブラリが開きます。このイベントを使って、ストレージデバイスや接続されているカメラからメディアを読み込み、新しいプロジェクトを作成して、編集を開始できます。後でアップデートする準備ができたら、下記の「プロジェクトとイベントを手動でアップデートする」の手順に従ってください。

プロジェクトとイベントを手動でアップデートする

iMovieを最近アップデートしていない場合は、既存のプロジェクトとイベントを手動でアップデートできます。

  1. iMovieを開きます。

  2. 「ファイル」>「プロジェクトとイベントをアップデート」と選択します。

    お使いのMacおよび接続されているストレージデバイス内で、以前のバージョンのiMovieで作成されたプロジェクトとイベントが検索されます。

  3. 表示されるダイアログで、「アップデート」をクリックします。

    Mac上または接続されているストレージデバイス上のすべてのプロジェクトとイベントがアップデートされます。アップデート後も、元のプロジェクトとイベントを以前のバージョンのiMovieで使用できます。

重要: iMovieライブラリには、macOS Mojaveより後のバージョンのmacOSと互換性のないメディアが含まれている可能性があります。メディアの互換性に関するこの問題は、プロジェクトとイベントをiMovie 10用にアップデートしても解決しません。将来のバージョンのmacOSでメディアを確実に使用できるようにするには、iMovieを使って互換性のないメディアを変換してください。

公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?